研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

マーケティング研究ブログするつもりが、最近は専ら戯言の類(主にアニメネタ)ばかりです。本当にスミマセン。
※本ブログの内容は個人的見解であり、当然ながら所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。

STAY at HOMEな状況下で本屋さんの売上が伸びているらしいですね。

活字離れなどと危惧されていましたが、家での時間が増えたら本が売れるという事実に、原因はスマホやゲーム、インターネットではなく、「時間的な余裕」だったのかもしれませんね。

さたさて、そんな日本全国引きこもりな状況下、巷では「◯◯チャレンジ」なるチェーンメールが流行っているようで。自分のところにもSNSを通じて、いくつか回ってきました。

無価値・無意味に感じるチェーンメールなら無視なのですが、ブックカバーチャレンジについては、読書文化を広げようという主旨に賛同して参戦しました。

「自分が大きな影響を受けた7冊」

というテーマで、これまで読んだ本から7冊を選ぶ作業は自分を振り返る良い機会であったので、ブログのネタにしておきます。

1冊目『コトラーのマーケティング・コンセプト」

コトラーのマーケティング・コンセプト
恩藏 直人
東洋経済新報社
2003-05-02


新卒入社した会社で、同期が「中谷、これ面白いよ」と教えてくれたのがきっかけ。たしか23歳のとき。マーケティングという言葉すら知らなかった自分です。この本で「マーケティング」の面白さを知りました。そして、今、大学でマーケティングを教える立場にいるのですから、同期に紹介されたのは、人生を変える出来事だったということですね。

A-Zでマーケティング用語の解説本なのですが、マーケティングの入門書として最高の1冊だと思います。

2冊目『コトラーのマーケティング思考法」
コトラーのマーケティング思考法
フェルナンド・トリアス・デ・ベス
東洋経済新報社
2019-02-08


マーケティング・コンセプトを読んですぐに、並んで売っていたこちらを読みました。人生を変えた1冊ということなら、こちらかもしれません。マーケティング思考という考え方に衝撃を受けました。

テレビなどで「人生を変えた1冊」といったテーマで著名人が本を紹介する番組がありますよね。昔は、自分にそんな本は、今後も無いだろうな、なんて思っていましたが、今こうして振り返ると、マーケティング・コンセプトと、マーケティング思考法を読み、コトラー、そして恩蔵先生を知り、約10年後に、恩蔵先生の下でマーケティングをまなび、今はマーケティングを教えることを仕事にしているわけなので、自分の人生を変えた本ですね。

3冊目「これから何が起きるのか」
これから何が起こるのか
田坂 広志
PHP研究所
2006-11-23


これも、読んだのは20代。時代や社会に対する大局観を持つこと、先を見通すこと・予想することの大切さを学んだ1冊。やはり大きな影響を受けました。

4冊目「ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代」

20代の成長しなきゃいけない強迫観念にとらわれていたころに読み、影響を受けた1冊ですね。「自分はどうなっていきたいのか」「自分の強み、伸ばすべき能力」の答えを見つけ出しました。

5冊目「7つの習慣」
7つの習慣 オーディオブック付き
スティーブン・R・コヴィー
キングベアー出版
2015-08-07





成長しなきゃいけない脅迫観念に病んでいた20代、追い立てられるように、いわゆる「成長本」を読み漁っていましたが、この本で終止符が打たれました。全ての「成長本」で書かれていることが、この1冊に集約されている。全ての「成長本」が言っていることは、結局、7つの習慣と同じとわかってしまったのです。

当時の会社が、7つの習慣研修を受けさせてくれたのも有り難かったですね。

ちなみに、7つの習慣は、大学生時代に、「素晴らしい」と言っていた友人がいて、一度は手にとったのです。でも、さっぱり面白いと思えず、すぐに脱落していたのです。読むべきタイミングというのが本にはあるのでしょうね。

6冊目「ネクスト・マーケット」



学生時代にカンボジアに行き、貧困の実態に衝撃を受けたことがあります。どうしたら、こういう人を助けられるのか?を真剣に考えた結果、「日本経済を豊かにすることが、そうした人たちの助けになる」という方針で仕事をしていました。とは言え、当時はそのことを真剣に考えてもなく、具体的な方策があったわけではありません。

しかし、この本で、「企業活動によって貧困を無くせることができる」と確信を持つことができたのです。

7冊目「チェンジメーカー」


社会起業家という言葉を知る切っ掛けになった1冊です。これも、誰であるかは忘れてしまったのですが、「中谷さんならきっとハマると思う」と紹介されたのです。

ハマりました。そして、こんなに社会を変えることに熱量をもって生きている人がいることが衝撃でした。自分の思いなんて、言っているだけで思い出もなんでも無いな、と自己嫌悪に陥りましたよ。

今、大学で「社会起業論」という科目を担当しているのも、20代当時この本に出会っていたことが遠因であることは間違いないと思います。




ということで、以上、「大きな影響を受けた7冊」、SNS投稿時には、それぞれに詳細を記載しなかったので、こちらにということで、これからも沢山本を読んでいこうと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年7月ごろに、深夜にうっかり見てしまった「織田信奈の野望」がきっかけに、アニオタライフも9年くらいになりましたでしょうか。

完走した作品も400作品以上となり(途中で切ってしまっているものを含めたら倍以上あるかも)、オススメ作品でも整理してみようかと。自宅で過ごす時間が長くなっていますので、普段、深夜アニメなんて見ない皆さんにオススメするイメージで。

その前に、ターゲットをある程度設定しておかないと、ですよね。

想定している対象は30〜40代男性。アニメは、ジブリ作品や「君の名は」などは見てるけど、アニメなんて自分はハマらないよと思っている人。テレビはあまり見ない。特にバラエティなどは見ない。 読書傾向は、フィクションよりノンフィクションが多い傾向にある人をイメージしています。

つまり、自分が個人的な主観で評価をつけているということで、自分に似ている属性の人ということですね。

評価基準は、まずは、ストーリーがしっかりしていること。その上で、各話の脚本、全体の構成、作画、演出、声優の5項目。それらが、全てにおいて高いレベル(自分比)にある作品ピックアップしてみました。

で、さらにざっくりとカテゴリー決めて、各5本前後を紹介してみます。

<とりあえず有名どころを見ておこうか>
社会現象にもなった作品、多くの人が「名前くらいは知ってる」作品。とりあえず見ておけば、不意にアニメ話しになっても、少しは話しが出来るようになるかな。

・魔法少女まどかマギカ
・ガールズアンドパンツァー
・けいおん!
次点:涼宮ハルヒの憂鬱(2009年版)

<普段アニメを見ない大人向けというコンセプト(ノイタミナ枠的な)>
原作がしっかりしている系です。

・PSYCHO-PASS
・ピンポン
・舟を編む
・昭和元禄落語心中
・空中ブランコ
次点 BLACK LAGOON

<「なんだこりゃ!」とぶっ飛んでるものを期待する人向け>
一回見ただけではなんだかわからない作品や、独特の世界観の作品やバカ作品です。頭を空っぽにして見る必要があります(笑)

・俺、ツインテールになります。
・俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔してる
・ポプテピピック
・輪るピングドラム


<忘れていた何かを思い出させる、癒やしや、ノスタルジーが感じたい人向け>
おっさん殺しな作品です。

・ハイスコアガール
・ばらかもん
・亜人ちゃんは語りたい
・からかい上手の高木さん(1期)
・甘々と稲妻

<あぁ、アニオタっぽいアニメってこういうのだよね!系>
美少女、ハーレム、擬人化、そんな辺りです。あぁ、アニメオタクのアニメっぽいなぁというステレオタイプ的作品です。

・青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
・冴えない彼女の育て方
・蒼き鋼のアルペジオ
・デート・ア・ライブ
・おにいちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ

<ロボット物なら見てみようかなという方向け>
ロボットは正義ですね。自分の中では、グレンラガンやコードギアスはロボットもの扱いとしていませんw

・シドニアの騎士
・アルドノア・ゼロ
・革命機ヴァルブレイブ
次点・翠星のガルガンティア

<考えさせられる系>
社会性のあるテーマを扱った作品です。

・NHKにようこそ!
・ココロコネクト
・考えるカド
次点 残響のテロル

<信長系>
戦国モノもアニメになるとこうなりますよという作品です。
・織田信奈の野望
・信長協奏曲
・織田シナモン信長

<美味しいもの系>
毎話美味しい食べ物が出てきます。夜中に見たら飯テロです。
・ラーメン大好き小泉さん
・ワカコ酒
・幸腹グラフィティ

<その他、非分類>
どこにも入れにくいけど、完成度高くて、面白い作品。

・SHIROBAKO
・ひそねとまそたん
・幼女戦記
・さよなら絶望先生
・氷菓
・映像研には手を出すな
・宇宙より遠い場所

全然絞れていないですね…。

そんこと言われても、仕方ないじゃないですか!!(逆ギレ)w

aho
























さ、現実逃避しないで仕事しよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ