研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

マーケティング研究ブログするつもりが、最近は専ら戯言の類(主にアニメネタ)ばかりです。本当にスミマセン。
※本ブログの内容は個人的見解であり、当然ながら所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。

80年代にアメリカで生まれ、90年代に日本でもブームになった某アパレルブランド。

その後、撤退(?)して国内で見ることも無くなっていました。そのブランドが数年前に本国直轄で日本再参入していました。 

そんな、某ブランドのカバンを買ったのです。高級ブランドのような価格ではありませんが、決して安い値段ではありませんでした。

そのカバンの持ち手を過度の力をかけてしまい壊わしてしまったのですね。商品の不良ではなく、完全にこちらの落ち度。

修理に出そうと購入した店舗に電話をしてみて、がっかりしました。

電話のやり取りはこんな感じ。

「そちらで購入したカバンを壊してしまい、修理に出したいのですが」

「修理は店舗で受け付けていません」

と、あっさり言われました。引き下がらず続けました。

「店舗ではなく、会社としてどうなんですか?修理受付窓口とか無いのですか?」

「無いです」

「え!?じゃぁ、修理して使い続けたい人はどうしているの?」

「修理してくれるカバン屋などを探してそちらに出していただくくらいでしょうか...」

ここまでで、そのブランドに対してガッカリしたのはもちろんですが、経営側はブランド作っていく気が無いんだなぁと感じた次第です。

使い捨ての価格なら、そこまで思わないところですが、うかがい知るに、ハイブランドにしていこうという雰囲気を出しているブランドなのですよね。

どれだけおしゃれな商品を取り揃え、店舗を綺麗に作り、ブランド広告を展開したところで、既存顧客を大切にしないところに、ブランドなど確立するわけは無いです。再参入していますが、数年内に再撤退でしょうね。

と、愚痴ばかりでもアレなので、少しだけ「製品」についての考え方について。

「製品」には3つのレベルがあると、コトラー先生らは言っております。その3つのレベルとは以下の画像の通りです。(コトラー、アームストロング、恩蔵のマーケティング原理 P.171より)

product1

1つめの階層は「中核となる顧客価値」です。顧客ニーズと言い換えても良いですね。製品とはそれを満たしていることであり、提供側は「顧客に提供している価値は何か?」を突き詰め考え、定義しておくことが大切です。

2つめの階層が「実態製品」。一般的に製品(商品)というと、この目に見える形あるものを指しますよね。

「商品価値を高める」となると、とかく実態製品の改善ばかりに注力してしまいがちですが、製品には3つ目の階層があり、そこの改善も大切なのです。「拡張製品」と言われる階層で、製品サポートや保証、アフターサービスなど、一般的に「サービス」と言われる形ないものになります。

この3つ目の階層までを含め「製品」と捉えることが大切ですよ!ということですね。

product2

今回の某ブランドは、アフターサービス、製品サポートに対して全く経営資源を割り振っていない状況ということですね。いくら実態製品が悪くなくても、拡張製品がサッパリであれば、トータルとしての製品に対する価値は高まりませんよ、ということ。

「モノ」で差別化が難しくなっているなか、「サービス」が「差別化」ポイントとなるにも関わらず、です。残念な限りです。

貴重な経験をしました。もう某ブランドの製品は買うことは無いでしょう。壊れたカバンは、かばん修理を請け負ってくれるカバン屋さんに出すことにします。




 

CDが売れなくても、ライブイベント、コンサート市場は年々拡大しています。テレビでプロ野球中継が無くなっても、球場に足を運ぶ人は減りません。

昔のようにビジネスは出来なくても、コンテンツの魅力が無くなったわけではないですからね。ライブ・イベントが活況なのは、環境の変化に伴う新しいビジネスの形ということです。

となれば、チケットが高額転売され、本当に手に入れたい人たちにコンテンツを届けることが出来ないということは、看過できない問題であることは、理解できます。

そんなことで、本日業界が足並みそろえてメッセージを発信してきましたね。

no

チケット高額転売、業界団体がノー 嵐やサザンら賛同:朝日新聞デジタルhttp://www.asahi.com/articles/ASJ8Q7T32J8QUTFL00R.html

嵐、サザン、小田和正が「チケット高額転売はNO」 ネット上では「販売方法を見直して」の声も http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/22/tenbai-no_n_11657758.html 


色々な論点で語れる問題ではあるのですが、「高額転売が音楽の未来を奪う」のでしょうか?

甚だ疑問に感じます。放置しておくと、市場が縮小するリスクがあるってことで言えば、アーティストたちが困ることになる、それは未来を奪うということですよね。音楽の未来ではなく、音楽業界で働く人達の未来を奪うということが正しい気がします。

どうしてこの問題が起きるか、マーケティングの4Pの視点で考えてみると、「売り方」の問題に帰結するように思います。転売しやすい売り方であるからいかんのです。

高額転売を無くしたいならば、まずは買ったけど行けなくなった人のチケットを発売元が買い戻せば良いのではないですか?でも、しませんよね?そんなコストになること。利益が減ります。

個人とチケットを完全に紐付けて、転売で購入したチケットで入れなくするのが、現状の近道でしょうね。

反対するなら、ビジネスとして回る仕組みを考えればいいだけ。(いろいろな取り組みがなされていることは充分知っています。それが業界として本気を感じないという意味です)

困っているけど、実害は無いから、本気ではない、でも放置もできないから一応それらしい態度をとっておく。全面広告からは、そんな匂いがするのです。

価値が出るものを仕入れて高く買ってくれる人に売る、商売の基本っちゃ基本ですよね。

せどりリスト(絵本)
飛ぶニワトリ
2016-08-11


月に30万円稼ぐための メルカリ転売入門
株式会社オファーズ 阿部悠人
秀和システム
2016-06-18


Amazon転売 売上アップの絶対法則 70
天野 裕之
ソーテック社
2016-04-21

↑このページのトップヘ