研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

マーケティング研究ブログするつもりが、最近は専ら戯言の類(主にアニメネタ)ばかりです。本当にスミマセン。
※本ブログの内容は個人的見解であり、当然ながら所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。

久しぶりに週末に一気観しました。オーバーロード、1期2期各13話計26話。

放映時は0話切りしていて、1期見ていないから2期も0話切りしていた作品。なのですが、周囲の何人かから「面白い」と言われたので。

20213_1_1


で、見終わっての感想は

「面白かった」でも「残念」

もっと面白い作品になっても良かったと思います。これが監督の力量なのか、脚本の力不足なのか、細かくは考察できていませんが、話がわかりにくかったり、テンポが悪かったりする部分が多くあったという印象です。

世界観や設定は面白くあったのですが、原作組には良いのかもしれませんが、世界観への誘導が弱いことと、1つ1つの物語が描写不足で浅い感じがして物語の面白さを削いでいました。

きっと原作は相当面白いのでしょうね。その面白さがアニメで表現しきれないようで残念、でも、面白かったということであります。

夏に始まる3期、楽しみにしたいと思います。

オーバーロード 2 [Blu-ray]
日野聡
KADOKAWA メディアファクトリー
2018-05-25

新しい名刺が出来ました。肩書とデザインが変わりました。

教員4年目、講師から准教授に昇任してもらいました。研究業績サッパリな状況で、3年で昇任するとは思っていませんでした。

「肩書なんてどうでもいい」と思っていたのですが、いざ名刺があがってきてみると、嬉しいものですね。

さして研究業績も無いのに教員3年で昇任させてもらえたのも、学生たち、講義に協力いただいている多くの皆さま、そして、同業の仲間をはじめお世話になっている皆々様のおかげでございます。精進いたします。

7825495239542

携帯電話番号にモザイク入れようかとおもいましたが、別に公になっても何も困ることもないので、そのままで。


研究者のステップは、一般的には「助教→講師→准教授→教授」です。
※実業で実績がある人や知名度が大学に招聘され教授になったりしますが、それはそれで違う判断基準があります。

ちなみに、役職は大学ごとに審査し付与するものなのですが、アカデミックの世界では、役職が他大学でもスライドするのが慣例となっています。

不思議な世界ですね。

ま、それはさておき、専業非常勤講師問題などがあるなか、こうして任期なしで大学専任教員ができることはありがたい限りです。

学生たちの成長のために何ができるか、地方私立大学の可能性を探求していきたいと思います。

引き続き、皆さま何卒よろしくお願いいたします。




↑このページのトップヘ