研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

マーケティング研究ブログするつもりが、最近は専ら戯言の類(主にアニメネタ)ばかりです。本当にスミマセン。
※本ブログの内容は個人的見解であり、当然ながら所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。

企業は皆さんが「将来活躍してくれる人材か」を見極めています。ゆえに、これからの可能性を語らなければなりませんですよ!

就活講座

-------------------------------------------------
■就活ヒント:「自己PR」の目的を再確認しよう。
-------------------------------------------------

就職活動とは、皆さん自身の「売り込み」です。

となれば、皆さんは「商品」、「自己PR」は商品を説明する「売り込み材料」となりますね。

ただし、皆さんという商品については、「現在の価値」ではなく「将来の価値」が重要です。

この「将来の価値」に重きをおいた「自己PR」が出来ていますか?

同じような内容の「自己PR」でありながら、就活をうまくいく人とうまくいかない人の違いは「将来価値の訴求」の違いです。

うまくいかない人は、自己PRにおいて、大学時代の経験を元にした事実を列挙して自分を説明するのみです。

うまくいく人は、同じ経験であっても、その経験を元に今後どのように成長するかどのような活躍を目指すかを説明します。

企業は「今のあなた自身」ではなく、「将来のあなた」に興味があるのです。

過去にどんな経験してきたかという事実は意味はなく、そうした過去の経験をどう将来に活かすかが大切なポイントです。

今一度、目的を再確認し、現在の自己PR内容を見なおしてみましょう。 

面接などで企業側は家庭環境や親の仕事などを質問することは基本NGですが、実は学生がどんな人間なのか知るためには、質問しておきたい内容なのです。

就活講座

-------------------------------------------------
■就活ヒント:「家族」の話もしっかりしよう。
-------------------------------------------------

前回に続き自己PRの内容についてです。

バイト、サークルの話ではなく「学業」について加えることが前回のお話でした。

今回は「家族」の話についてです。

企業側は採用において、「皆さん自身がどんな人なのか」を見極めています。

それは実は皆さんが

「どのような家庭環境で育ち、今があるのか」

を伝えるのが実は効果的です。

この内容は採用側からは積極的に聞けない内容ゆえに。
皆さんの方から自然な形で、話をしてしまうことをおすすめします。

実際、親子関係、兄弟姉妹関係などこれまでの家庭環境が現在の皆さんに与えている影響は大学生活の比ではありません。

そうした内容をベースとして、志望動機につなげると企業側の納得感は格段に違ってきます。

皆さん自身を知ってもらうために、「家族」の話を積極的に話をすることを準備しましょう。
 

↑このページのトップヘ