研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

マーケティング研究ブログするつもりが、最近は専ら戯言の類(主にアニメネタ)ばかりです。本当にスミマセン。
※本ブログの内容は個人的見解であり、当然ながら所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。

新年度・新学期のこの時期は毎年アニメ時間を十分に確保出来ないのが常なのですが、今年度は研究室で講義の準備の傍らでガツガツ観ています。dアニメ、Amazonプライム、万歳!

既に2話に入っている作品もありますが、最後のアトムザ・ビギニングの1話も観終わったということで、 1話観ての感想を一言と今後の方針を書き残しておこうかと。

・冴えない彼女の育て方♭
  → 安心のスタート、作画安定感あり。1期の満足度があるので、これは継続確定。
・進撃の巨人Season2
  → 1期から時間が空きすぎて、熱が完全に冷めてしまってました。内容に追いつくのと、熱量をあげるのに時間がかかりそうですが、継続。
ですが、今回も話題になることでしょうね。
・新7つの大罪
  → エロアニメ枠ですね。話はサッパリ面白くなさそうです。ということでパスです。 
・有頂天家族2
  → 相変わらずの高い完成度。これは継続ですよ。 
・笑ゥせぇるすまんNEW
  → 期待はずれ。脚本があまりに酷い。物語のダークさや意外性が面白さなのに、何のひねりもない話が続く。喪黒福造完全に詐欺師じゃないですか。4話目でようやくらしい物語ではあったけど、今後にさっぱり期待が持てません。 
・サクラクエスト
  → P.A.worksらしい入り方。期待しかない。 
・ RE:CREATORS
  → 2話目までで、物語の骨子が見えてこない。狙いすぎな感じがプンプンする。大物が集まれば素晴らしい作品が出来るわけではない事例になりそう。 
・サクラダリセット
  → 1話目の入りは失敗してると思う。2話目でようやく話が見えてきたのに、終盤で急展開。物語は3話目以降ってことなんですね。 
・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝ソード・オラトリア
  → ちと観るの疲れそうなので、1話で脱落。 
・ロクでなし魔術講師と禁忌経典
  → 前半で脱落。今期はコレ系ラノベ原作は全てパスだね。 
・終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?
・ゼロから始める魔法の書
  → 上記に同じく。 
・エロマンガ先生
  → 俺妹好きとしては、見続けるのは義務ですね。面白くなりそう。 
・ひなこのーと
  → きんモザのパクリですかね?観るの疲れそうなのでパス。
・月がきれい
  → この手の淡い恋愛ものは、アニメでは心理描写不足になるのが常なのでよね。
・恋愛暴君
  → 久しぶりに期待できる馬鹿アニメ でしたよ。娯楽アニメはこうでなきゃね。
・アリスと蔵六
  → スタートは良かった。期待だけさせて壮大にコケそうな気がしますが、一応継続。 
・まけるな!あくのぐんだん
  → 5分枠なので、これもとりあえず継続。
・アトム・ザ・ビギニング
  → 安心のNHK枠。1話目で世界観も理解できた。1話目のお手本のような素晴らしい演出、構成だった。 
・ラブ米
  → 馬鹿アニメ枠として、5分アニメだし。とりあえず継続。
・正解するカド
  → 今期もっとも引き込まれた1話だった。今後が全く予想がつかないけど期待。 

ということで、こちらかはら以上です。 

既に2017春アニメが始まっていますが、今更ながらということで2017冬アニメの感想まとめ。

始めは期待し観始めたの、話にさっぱり深みがなかったり(要はツマラン)、無理やり後半に山場を作ろうとして完全にハズしてたりといった作品が散見された2017冬アニメ。

途中脱落作品が多かった一方で極めて完成度の高い作品も多くありました。

まずは完走作品から

亜人ちゃんは語りたい 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
 良い作品ってのは、作りて側が観る側に物語を押し付けるわけでもなく、無理やり引き込もうともしないけれど、ハマっていく、そんなアニメだと思っているのですが、このアニメはまさにそれでした。バランス感というか「作品の空気感」が素晴らしい!終わり方も秀逸。これは2期来そうですね。

総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆★★

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- Blu-ray BOX(期間限定版)
 完成度の極めて高い作品だったかと。特に各話脚本は身震いするほどの完成度でした。何度も何度も推敲を重ね、磨き上げたような脚本、そんな印象でした。完全に大人向けのアニメ。こういうアニメが今後も増え、アニメ業界のためにも成功させて欲しいなぁと。 

総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆☆
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆☆

幼女戦記 1 [Blu-ray]
 これは期初タイトルだけで0話切りしていた作品。「つづきみ」に参加していなかったら観てなかった。第一次世界大戦を下敷きに作られているということで、物語も入って来やすかった。原作連載中作品のアニメ化はまとめ方が難しいところだけど、本作はよくまとまっていたと思います。このあたりは監督、シリーズ構成さんの力によるところではないかと思うのです。悠木碧の声優としての力、さすがですね。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆★

 
この素晴らしい世界に祝福を! 2第5巻限定版 [Blu-ray]
 基本満足しているのですが、ラスト3話の構成は失敗だと思う。無理やり山場をもってきて、終わらせたわけですが、本作にそんなことは期待していないのです。日常のアレヤコレヤをもうちょっと深掘りしてほしかったし、それで終わらせてもらって良かったとおもう次第です。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)
 秋から第2期があり、物語もまだこれからというところですが、原作が良さにシャフトらしい演出もありでアニメはアニメでとても良い作品になっているかと。主人公の桐山零のダメ人間っぷりにイライラしてながらなも最後まで観ました。アニメで人間ドラマ的な内容を描写するのは難しいところですね。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 9 (特装限定版) [Blu-ray]
ガンダムシリーズとしては賛否両論あったようですが、自分は「賛」側です。最後のたたみ方に余裕がなく深みが足りなかったことは否めませんが、全体としてはよくまとめたのではないかと。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆★★

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス)
 亜種日常系に分類される作品でしたね。無理矢理感あふれる設定も主人公の小林さんのキャラ設定で全て上手くまわったのではないかと思われます。演出、シリーズ構成なども秀逸、このあたりは流石京アニといったところでしょうか。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

クズの本懐 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
 終盤までは面白かったのですが、やはりというか、仕方ないというか、結論のつけかたが安直かつイマイチな内容で消化不良。ま、仕方ないですかね。アニメ+実写化というフジテレビが採っている最近の作戦、アニメの市場拡大に寄与することを期待しています。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

政宗くんのリベンジ 第1巻(Blu-ray)
 これも中盤くらいまでは面白かったのですが、1クールで起承転結をちゃんとつけようとするシリーズ構成の意志が空回りしている感が否めない終盤でした。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★


と、以上が完走した作品。10本でした。

途中脱落ものを書き出すと、単にdisるだけになるので割愛ということで、2017冬アニメの感想まとめにいたします。
 

↑このページのトップヘ