研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

マーケティング研究ブログするつもりが、最近は専ら戯言の類(主にアニメネタ)ばかりです。本当にスミマセン。
※本ブログの内容は個人的見解であり、当然ながら所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。

最近はもっぱら「輪るピングドラム」のOPEDをヘビロテしているのですが、先日、アニソン好きな学生とアニソン談義をしていた際に、トリプルHの楽曲のほとんどがカバー曲であることを知りました。

トリプルH、アニソン(キャラソン)ではあるのですが、歌詞がとても味わい深いんですよ。よくあるキャラソンとは雰囲気が違うなと思っていたのです。

Wikipedia先生によると、ARBというアーティストの楽曲のカバーであることが判明。

輪るピングドラム - Wikipedia


ARB?

こちらもWikipedia先生で確認してみました。

ARB (バンド) - Wikipedia

1977年春に結成。翌1978年にシングル「野良犬」でデビュー。1979年にアイドルとして売り出そうとした事務所と対立して独立。1980年代に入るとめんたいロックの第二世代[1]として注目を浴びる。戦争や労働者、社会の在り方などを主題においた曲を数多く発表したのが特徴であり、社会派バンドとも呼ばれた。なお、労働に関する曲は「Work Song」と呼ばれ、ARBの代名詞のひとつとなっている。
1977年結成。バンドとして今は活動はしてないようですが、ことしで40周年!!!!
歌詞の深みの理由がなんとなくわかりました。

そして、ARBの代表曲の1つである「灰色の水曜日」を聴いてみました。トリプルHとは、当然異なる雰囲気ではありますが、歌詞の良さが全面に出たとても良い曲でありましたよ。

アニソンで過去の隠れた名曲たちをカバーし、その原曲を歌うアーティストを知る。なんか良いですよね。

最近では、ローリングガールズでブルーハーツの名曲がカバーされていましたよね。名曲は誰が歌っても名曲。まったく違った良さがあります。ブルーハーツを知らない世代が知る切っ掛けになったはず。



ちょいと前には、えびてん 公立海老栖川高校天悶部のEDも毎回、過去の特撮やアニソンを含めカバーでした。「たま」のさよなら人類をカバーしてくれていたのには感動すら覚えました。

TVアニメーション「えびてん 海老栖川高校天悶部」 Character Song Album 「THE リスペクト EB10 Vol.1」
戸田山響子(CV:阿澄佳奈)/金森羽片(CV:西明日香)/戸田山泉子(CV:野水伊織)/廣松理圭(CV:村井理沙子)/野矢一樹(CV:伊瀬茉莉也)
AMG MUSIC
2012



アニメの音楽プロデューサーの腕次第のところかとは思いますが、これからもこういうカバー曲が多くなれば良いなと思う次第です。

ということで、輪るピングドラムのキャラソンアルバムと、ARBのベストアルバム買うことにしました。


 
A.R.B.THE BEST“Long,Long Way”(DVD付)
A.R.B.
ビクターエンタテインメント
2008-11-19

トータル・イクリプス、酷いアニメでした。3話目から糞臭はしはじめていたのですが、うっかり24話観てしまいました。

zabi

あえて言いいますよ、糞アニメであると。

これから観ようかと考えている人がいるならば、その時間を他のアニメに費やすことを強くおすすめします。

何が糞かって?

まずは、アニメ作品に物語が全くありません。全てが中途半端。いったい何を見せたかったのでしょうかこの作品は。

特に後半のグダグダ展開は何だったのでしょうか?監督がやる気が無いのか、脚本は素人が書いたのではないかと疑いたくなるレベル。

いつもの評価指標で星をつけてみますと以下の通りです。

総合)☆★★★★
内容)☆★★★★
作画)☆☆★★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆★★★★
中の人)☆☆☆★★

ロボットアニメ好きの素人がロボットアニメを作るとこうなります、というお手本のような作品。
関わったスタッフの皆さまご愁傷様でした。

久しぶりに糞アニメの洗礼、経験値を積ませていただきました。本経験を勝てに、心新たに次に強く行きていこうと思います。




↑このページのトップヘ