研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

マーケティング研究ブログするつもりが、最近は専ら戯言の類(主にアニメネタ)ばかりです。本当にスミマセン。
※本ブログの内容は個人的見解であり、当然ながら所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。

気がつけば6月ももうすぐ終わりまして、それは2020年が半分終わるということであります。

新型コロナの影響で、予定されていたビッグタイトルが次々と放映延期となったり、放映が途中で止まったりとしましたが、それを差し引いても、良作の多いシーズンになったのではないかな、と。

いつもながらの、完走作品の感想を記録しておきたいと思います。


かくしごと コミック 1-11巻セット
 満足でした。久しぶりに☆オール5です。非常に完成度の高いアニメでした。本作品が好きなば、「ばらかもん」「甘々と稲妻」あたりはハマるかもしれませんね。

総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆☆
作画)☆☆☆☆☆
キャラデザ)☆☆☆☆☆
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆☆

イエスタデイをうたって 10 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
 時代設定が1990年代前半といったところでしょうか。インターネット/ケータイの無い時代設定は懐かしさもありますが、もう古典ですね。
 登場人物がクズ&クズ&クズで、ストレスを感じることが多々ありました。最後は、期待はしていた結末でしたが、なんか安直すぎていかがなものかとも。
総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★


邪神ちゃんドロップキック(1) (メテオCOMICS)
 Amazonプライムで一気観したのが遠い過去のような気がして、今季作品のように感じないのですが、今季でしたね。
 1期に比べ、メタ要素が増えましたね。ファンとのコミュニケーションが成功生ている作品なだけに、正しい方針だと思います。メタ要素を上手く作品に取り込むことでアニメは長寿化しやすくなりますので。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

【Amazon.co.jp限定】新サクラ大戦 オリジナルサウンドトラック(CD3枚組)(メガジャケ付き)
 あやねるの声を聞くためだけに観続けたといっても良いかも知れません。何を変えずに、何を新しくするか、相当検討を重ねた結果であろうと思います。そういう視点で注目していました。過去の成功作品の再活性化の試金石ですね。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆☆
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆☆


かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
 1期は良かったのに、2期でコケるケースもある中、本作は、2期が1期より良くなった数少ない作品といえるのではないかと。キャラクターの個性もはっきり出て、物語のテンポも良くなった感じがします。(原作どおりであれば、作品が進むにつれて、個性がはっきりだせるようになったのかもしれませんね)

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆☆
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★


波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンコミックス)
 アニメではあるけれど、いわゆる実写連ドラのような作品。最後はちょいと強引な感じの展開でしたが、非常に自分好みな作品でした。こういう作品がもっと増えて欲しいですね。主人公のCV杉山里穂、初めてしった声優さんなのですが、声質かなり好みでした。



総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆☆
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

グレイプニル(1) (ヤングマガジンコミックス)
 意外と面白いかも!と見続けてみましたが、回を重ねるごとに駄作具合が露呈してきた感じの作品でした。設定も最初は期待できましたが、詰めがなく雑なまま、話の展開もイマイチ。期待感をもたせることには成功したけれど、ただそれだけという感じの1クールでした。
 まぁ、それでも最後まで見たので「糞アニメ」ということですね。

総合)☆☆★★★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 絶体絶命!破滅寸前編: 1 (ZERO-SUMコミックス)
 面白いか面白くないかというと、主人公CV内田真礼の芝居を楽しむ以外は、たいして面白くなかったのですが、性別問わず評価される両性的な作品としての成功事例なったのではないかな、と。随所に企画の巧みさを感じました。
 ビッグタイトルが軒並み放映延期により漁夫の利を得たとも言えるかも知れません。
総合)☆☆☆★★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

BNA ビー・エヌ・エー Vol.1 (初回生産限定版) [Blu-ray]
 ネットフリックスで2回に分けて一気配信だったので、これも遠い昔のような気がして、今季な感じがしませんが。
 作画、構成は流石な感じがしましたが、内容そのものは平々凡々な感じでした。もっと種族の対立、人間と獣人の確執を上手くはなしに盛り込んで社会問題を風刺するような作品であればよかったのにな、と。
総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆★★

この他に、とある科学の超電磁砲Tや、ギャルと恐竜などもありますが、コロナの影響で完結していないので、2020春アニメはこれくらいで。

9作品ってことで、いつもどおりなアニメライフでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

STAY at HOMEな状況下で本屋さんの売上が伸びているらしいですね。

活字離れなどと危惧されていましたが、家での時間が増えたら本が売れるという事実に、原因はスマホやゲーム、インターネットではなく、「時間的な余裕」だったのかもしれませんね。

さたさて、そんな日本全国引きこもりな状況下、巷では「◯◯チャレンジ」なるチェーンメールが流行っているようで。自分のところにもSNSを通じて、いくつか回ってきました。

無価値・無意味に感じるチェーンメールなら無視なのですが、ブックカバーチャレンジについては、読書文化を広げようという主旨に賛同して参戦しました。

「自分が大きな影響を受けた7冊」

というテーマで、これまで読んだ本から7冊を選ぶ作業は自分を振り返る良い機会であったので、ブログのネタにしておきます。

1冊目『コトラーのマーケティング・コンセプト」

コトラーのマーケティング・コンセプト
恩藏 直人
東洋経済新報社
2003-05-02


新卒入社した会社で、同期が「中谷、これ面白いよ」と教えてくれたのがきっかけ。たしか23歳のとき。マーケティングという言葉すら知らなかった自分です。この本で「マーケティング」の面白さを知りました。そして、今、大学でマーケティングを教える立場にいるのですから、同期に紹介されたのは、人生を変える出来事だったということですね。

A-Zでマーケティング用語の解説本なのですが、マーケティングの入門書として最高の1冊だと思います。

2冊目『コトラーのマーケティング思考法」
コトラーのマーケティング思考法
フェルナンド・トリアス・デ・ベス
東洋経済新報社
2019-02-08


マーケティング・コンセプトを読んですぐに、並んで売っていたこちらを読みました。人生を変えた1冊ということなら、こちらかもしれません。マーケティング思考という考え方に衝撃を受けました。

テレビなどで「人生を変えた1冊」といったテーマで著名人が本を紹介する番組がありますよね。昔は、自分にそんな本は、今後も無いだろうな、なんて思っていましたが、今こうして振り返ると、マーケティング・コンセプトと、マーケティング思考法を読み、コトラー、そして恩蔵先生を知り、約10年後に、恩蔵先生の下でマーケティングをまなび、今はマーケティングを教えることを仕事にしているわけなので、自分の人生を変えた本ですね。

3冊目「これから何が起きるのか」
これから何が起こるのか
田坂 広志
PHP研究所
2006-11-23


これも、読んだのは20代。時代や社会に対する大局観を持つこと、先を見通すこと・予想することの大切さを学んだ1冊。やはり大きな影響を受けました。

4冊目「ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代」

20代の成長しなきゃいけない強迫観念にとらわれていたころに読み、影響を受けた1冊ですね。「自分はどうなっていきたいのか」「自分の強み、伸ばすべき能力」の答えを見つけ出しました。

5冊目「7つの習慣」
7つの習慣 オーディオブック付き
スティーブン・R・コヴィー
キングベアー出版
2015-08-07





成長しなきゃいけない脅迫観念に病んでいた20代、追い立てられるように、いわゆる「成長本」を読み漁っていましたが、この本で終止符が打たれました。全ての「成長本」で書かれていることが、この1冊に集約されている。全ての「成長本」が言っていることは、結局、7つの習慣と同じとわかってしまったのです。

当時の会社が、7つの習慣研修を受けさせてくれたのも有り難かったですね。

ちなみに、7つの習慣は、大学生時代に、「素晴らしい」と言っていた友人がいて、一度は手にとったのです。でも、さっぱり面白いと思えず、すぐに脱落していたのです。読むべきタイミングというのが本にはあるのでしょうね。

6冊目「ネクスト・マーケット」



学生時代にカンボジアに行き、貧困の実態に衝撃を受けたことがあります。どうしたら、こういう人を助けられるのか?を真剣に考えた結果、「日本経済を豊かにすることが、そうした人たちの助けになる」という方針で仕事をしていました。とは言え、当時はそのことを真剣に考えてもなく、具体的な方策があったわけではありません。

しかし、この本で、「企業活動によって貧困を無くせることができる」と確信を持つことができたのです。

7冊目「チェンジメーカー」


社会起業家という言葉を知る切っ掛けになった1冊です。これも、誰であるかは忘れてしまったのですが、「中谷さんならきっとハマると思う」と紹介されたのです。

ハマりました。そして、こんなに社会を変えることに熱量をもって生きている人がいることが衝撃でした。自分の思いなんて、言っているだけで思い出もなんでも無いな、と自己嫌悪に陥りましたよ。

今、大学で「社会起業論」という科目を担当しているのも、20代当時この本に出会っていたことが遠因であることは間違いないと思います。




ということで、以上、「大きな影響を受けた7冊」、SNS投稿時には、それぞれに詳細を記載しなかったので、こちらにということで、これからも沢山本を読んでいこうと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ