研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

マーケティング研究ブログするつもりが、最近は専ら戯言の類(主にアニメネタ)ばかりです。本当にスミマセン。
※本ブログの内容は個人的見解であり、当然ながら所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。

ということで、2018冬アニメの検討です。細かな情報は何も収集していません。自身の持つ既存情報と、毎度お世話になっております「うずらインフォ」さんのまとめ画像にある情報で、初回観る作品を決めます。

18wv3

相変わらず多いですね…。
ざっと観ると2017秋以上に豊作のような。

それでは、観るものだけ。

<確実に観るでしょ!ランク>
1) だがしかし2
 2期、待っておりましたよ!キープコンセプトで展開されることを期待しております。
2) ポプテピピック
 キャスト2人のみ!小松未可子と上坂すみれ、これは観るしか無いでしょ。
3)銀魂
 まぁ、これは「サザエさん」と同種。観る観ないを考える対象外。観る。
4)ダーリン・イン・ザ・フランキス
 ん?これはキルラキルチーム再集結作品?
5)ヴァイオレット・エヴァーガーデン
 京アニですからね。そりゃ観ますよ。

<まずは観ておこうランク>
6)恋は雨上がりのように
 スピリッツ原作モノ、ノイタミナ枠、ということで一応期待。
7)刀使ノ巫女
 昨今の刀剣ブームにのっかった作品?爆死しそうな臭いが…
8)ゆるキャン△
 ヤマノススメのようなアウトドア系。期待しときます。
9)スロウスタート
 安心の芳文社枠。
10)三ツ星カラーズ
 なんとなく名作臭がするので。
11)からかい上手の高木さん
 「となりの関くん」系ですね。多分。
12)ラーメン大好き小泉さん
 ラーメンに対する愛が作品からどの程度出るかが成否を決めそう。
13)博多豚骨ラーメンズ
 これは試されそうな作品ですね。
14)デスマーチからはじまる異世界狂想曲
 大沼心監督ということで、一応。
15)BEATLESS
 水沼精二監督ということで、一応
16)citrus
 一迅社枠ってことで、一応
17)伊藤潤二「コレクション」
 原作は間違いないと思われるのですが、アニメでどこまで表現出来るか期待
18)宇宙よりも遠い場所
 CVの名前で一応
19)メルヘン・メドヘン
 一応
20)りゅうおうのおじごと!
 一応

初回は一応20作品からスタートすることにしました。

ということで、こちらからの報告は以上です。



あっという間に年末ですね。あっという間ということは充実していたということ、そんな風に思うようにしています。

ということで、2017秋アニメの感想まとめです。

はじめは意外と見る予定だったのですけどね。

豊作の期待をもってスタートしましたが、次々脱落でした。無理して見なくなったのですよね。そして閾値が下がってもいます。

【Amazon.co.jp限定】干物妹! うまるちゃんR Vol.1 (初回生産限定版)(イベントチケット優先販売申込み券付き)(先着購入特典:複製サイン入り原画ミニ色紙[サイン:田中あいみ/原画:外うまる]付)(全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
 1期が良すぎたのでしょうね。2期はターゲット絞り過ぎてつまらなくなりました。うまるちゃんと同級生の物語ということは変わらないのですが、そればかりになってしまいました。お兄ちゃんとうまるの物語が薄くなってしまった。原作もそうなので仕方ないでしょうか。そう言えば、原作の終わり方、なかなか潔かったですね。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

TVアニメ「ネト充のススメ」ディレクターズカット版Blu-ray BOX
能登さんを満喫するためだけの作品。原作販促アニメ、終わり方が極めて中途半端。アニメ完成度としてはいまいちですが、内容はラブコメでまぁまぁ良かったかな。


総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆☆

ブレンド・S 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
 安心の芳文社枠。日常系の亜種ということで。目指せWORKING!!といったところでしょうか。ただテンプレなキャラを詰め込めば良いってものではないのですよ。脚本がイマイチでした。男2人のキャラの魅力が低いのも一因かと。ま、日常系はなんにも考えずぼけぇーっと見るのがお作法ってことです。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

「鬼灯の冷徹」第弐期 Blu-ray BOX 上巻(期間限定版)
 面白くはありましたが、1期ほどは引き込まれず。1期で人気のあったキャラを中心に構成したんだろうなぁというのがよくわかります。お香さんやシロ、唐瓜、茄子の登場率高すぎで、他のキャラの印象なし。綺麗にまとめようとしすぎた感があり。もっと演出も含めて「ぶっ飛んだ」部分が散りばめられてよかったような。監督が変わったことの影響でしょうか。面白いことには違いないのですが、期待値高く持ちすぎたのでしょう。
総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

銀魂
これは継続でもあり、日曜日の18時半は「サザエさんを観る」というのと同じくらいに、放送したら見るのがお約束なので評価対象外。実写がそう言えばAmazonビデオでレンタル開始されていたような。


3月のライオン[前編]
これも継続なので、評価対象外。



ということで、今シーズン完走したのは上記6本でした。

さて、2012年冬から本格的にアニメを見始めているので、アニオタ7年目に突入となるのですね。2018年冬アニメ初回見る検討会議をしましょうかね。


↑このページのトップヘ