研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

マーケティング研究ブログするつもりが、最近は専ら戯言の類(主にアニメネタ)ばかりです。本当にスミマセン。
※本ブログの内容は個人的見解であり、当然ながら所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。

大学教員4年目がスタートしました。
4年目も、関東学園大学でマーケティング系科目を担当します。

担当科目と時間割は以下の通り。

月2:マーケティング機Ν
月3:広告論/ブランド論
火3:マーケティング基礎機Ν
水2:社会起業論/事業計画論

講義は以上で、4年ゼミが2つ。(1つは3年から持ち上がりで予定どおりなのですが、もう1つは転籍してしまった教員を引き継いでの登板となりまました)

加えて、夏季集中で、フィールドワーク研究機Ν供

マーケティング基礎機Ν兇錬桓目。内容のレベルアップ、マーケティング機Ν兇蓮▲院璽好好織妊を中心に大幅改定。

昨年スタートした、広告論、ブランド論については、より専門性を高めつつ、より一層身近な話題を取り入れ面白く将来いつか役立つ講義を目指したいなと。そして、社会起業論、事業計画論は、課題にガッツリ取り組んでもらおうと考えています。

なるべく履修者全員に目を配って、全体にという意識を強く持っていましたが、今年度は、意欲ある学生、頑張る学生に重点的に目を配って講義を運営しようかと思っています。

自身の科目は多い科目であると100人以上履修者がいます。

面白くなければ講義も積極的に参加しないし、眠くもなるはずです。ゆえに、学ぶ気のない学生、講義に来ても寝ている学生がいるのは教員の責任だと思っています。

せっかく履修してくれるわけですから、全員になにかのきっかけになる講義をと毎回思っているのですが、それを意識しすぎると、若干講義進捗が遅くなるし、内容を難しくはしにくくなるというデメリットがありました。それが学生からの感想(期末試験で自由記述で書いてもらっているのです)からわかりました。要は頑張っている学生からすると物足りなさがあったようです。

なので、気配りはしますが、頑張る学生に軸足を置いて講義運営をしようと(現段階では)思っています。

その一貫として、これまでは講義にほとんど出席しなくても試験一発勝負でもギリギリ単位がとれる可能性のある評価方法を取っていましたが、それを辞めました。きっちり課題をして試験も相応のレベルでないと単位がとれないように組み直しました。

日本で一番面白くて勉強になる大学講義をする教員を目指し、教員4年目、まだまだ試行錯誤です。

新年度となり大学教員4年目突入です。今年もまだ大学にいられることになりました。

大学教員生活の徒然や研究のことをブログに書き綴っていくつもりだったのですが、気づけば案の定アニオタブログになっております。全く気にしておりませんけど。

あ、そういえばアニメをテーマに研究したいという方と知り合いまして、今年はちゃんとアニメ研究するかもしれません。

ということはさておきで、初回何を観るか検討会議です。
情報は、まいどの「うずらインフォ」さんから。(いつもありがとー)

18spv3

いつもにまして、作品数が多いような気がするのですが。。。

Sランク:これは有無も言わさず観ますよね!

0)シュタインズ・ゲート ゼロ
 → とぅっとるー!ってことで観ます。

1)ルパン三世パート5
 → 新作待ってましたよ!パチンコマネー万歳!

2)グラゼミ
 → 原作読んでいるので。どこからどこまでやるんでしょ?構成が気になるところ。

3)鬼灯の冷徹第二期その2
 → 有無も言わず観るべき作品。

4)銀河英雄伝説
 → 名作中の名作のリメイク。そのまま作るのか、アレンジがされるのか。演出が気になるところ。

5)ソードアート・オンライン オルタナティブガンゲイル・オンライン
 → 観ないわけにはいかないシリーズですから。

6)信長の忍び 姉川・石山編
 → これも好きなシリーズなので、5分枠ですがしっかり観ます。

と、ここまでは間違いなく観るもの。

以下、一応初回みてから

7)ピアノの森
 → GAINAX制作なんですね。3月のライオンの後釜ってことで。

8)ヲタクに恋は難しい
 → ノイタミナ枠ですよね、これ?まぁ観ときます。

9)こみっくがーるず
 → 芳文社枠なので。前期のスロースタートは脱落してますが一応。

10)されど罪人は龍と踊る
 → なんとなく

11)ゴールデンカムイ
 → なんとなく

12)奴隷区 The Animation
 → なんとなく

13)魔法少女 俺
 → バカアニメとして期待できるのでしょうか?中途半端なのでしょうか?期待です。

14)鹿楓堂よついろ日和
 → なんとなく

15)ウマ娘プリティーダービー
 → P.A.WORKSでなければ0話切りしてます。

16)多田くんは恋をしない
 → オリジナルなので一応

17)重神機パンドーラ
 → なんとなく名作の予感

18)デビルズライン
 → なんとなく

19)ゲゲゲの鬼太郎
 → 猫娘を観るためだけに観ます。

20)ひそねとまそたん
 → なんとなく名作の予感

21)若おかみは小学生
 → 横手美智子作品にハズレ無しと信じて

ということで、なんとなくが多いですが、スタートラインは22本。
ネトフリは契約していないので観れません。そろそろ契約しようかな。

それにしても作品数が多い。。。

造り手側は、0話ぎりさせない事前プロモーションと、1話ぎりさせない為の1話全力投球がなお一層求められることになりますね。シビアな世界。それでも今はお金が集まるのでしょう。今のうちに、業界の先々のことを見据えて動いておく必要があると思うのですが、そうした人はいるのですかね。

粗製濫造だけは勘弁ですよ。。。

ということで、今シーズンもアニメライフ楽しんでいきましょう!








↑このページのトップヘ