研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

マーケティング研究ブログするつもりが、最近は専ら戯言の類(主にアニメネタ)ばかりです。本当にスミマセン。
※本ブログの内容は個人的見解であり、当然ながら所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。

おはようございます


めずらしく朝です
いま、羽田空港に向かう電車の中

WILLCOM WS007SH で書いています

最近、かなり使い込めてきました

それにしても、京急の急行は蒲田か各駅なのが痛いですね
もっと快特増やしてほしいですね


今日はこれから札幌です
めずらしくJALに乗ります

とりあえず
それではまた

こんばんは



本気で将来実現したいことはいくつもあるのですが、

そのひとつが、

 
     「 F1のスポンサーになること 」


それも、
スポットでなく、シーズン通じて

それも、
どのレースでもパドックにフリーで入れるレベルで。

そして、これが一番重要。

自分が経営に携わる企業のマーケティング戦略の一環として。
自らが意思決定する。

年齢は48歳ころがいいな。
レースにあわせて、ビジネスしながら世界中をめぐります。


となると、
どんな企業の経営に携わる必要があるのか、妄想するわけです。


まずはどれくらいの広告費を投下する必要があるのか?


昨年の年間王者 ルノー のメインスポンサーは「JT」
チーム名も 
「マイルドセブン ルノーF1」
強いチームのメインスポンサーで年間約50〜100億くらいらしい。

年間で5億程度のスポンサーであればVIP待遇という情報があるので、


           5億で決定。

             ※インフレは織り込んでいません。
              2007年相場です。


どういう企業であれば、広告効果があるのか?

世界18カ国、ヨーロッパ多め。
そのレースを見る人をターゲットに出来るビジネスでないとだめですね。

となると、前提として、世界展開をしている、もしくはしようと目論む
企業でないと話になりませんね。

国内だけなら、日本GPだけスポンサーになれば良いわけで。


これは、難しい。

ブランドビジネス?大手メーカー?金融?保険?食品?

ま、消費者向けビジネスであればとりあえず、可能性ありですね。


どのような企業ならば実現が容易か?


大企業だと、抵抗勢力も多いだろから、

勢いのある、新興企業か、もしくはオーナー系企業。
認知はある程度あって、認知度を伸ばしたい、出来れば非上場企業。


と、こんな感じです。

今でなく、20年後だから、今の存在する会社で候補探しても
ナンセンスなのは承知だけど、

  「 ここなら、10〜15年内にいけるかも! 」

という企業ならいくつか候補があるんです。秘密ですけどね。

あとは、20年はF1が存続してくれていることを願うばかり。

20年後は、エンジンは電気かもしれないですね。

タイヤで走ってないかも。

↑このページのトップヘ