研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

マーケティング研究ブログするつもりが、最近は専ら戯言の類(主にアニメネタ)ばかりです。本当にスミマセン。
※本ブログの内容は個人的見解であり、当然ながら所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。

悪代官と越後屋の悪だくみによりスタートすることになった

「タスポ」

なのですが、自分は思ったのです。

「 そういえば、免許証で年齢認証する機械が無かったっけ? 」
「 確か、その機械が自動販売機に設置されるんじゃなかったけ? 」

で、調べていたら、その認証機械を作っているメーカー社長のコラムがありました。

第24回「タスポがないと買えない」という宣伝のウソ
松村テクノロジー社長 松村喜秀氏 2008年5月23日
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/ea/24/

全国約52万台ある自動販売機が、場所によってはタスポ、場所によっては、免許証と、バラバラになっては、使う側が迷惑するわけですが、少なくとも、この松村テクノロジー社は、絶好のビジネスチャンスを奪われてしまったのでしょう。

なお、今回のタスポについて、ビジネスになっているのは、

2006年10月26日、NTTデータ、NECトーキン、ドコモ、大日本印刷、トッパン・フォームズ、トランスコスモス、日立製作所、ベルシステム24の8社は、社団法人日本たばこ協会(TIOJ)が取り組む「たばこ自販機成人識別施策」を実現する、taspo(タスポ)システムについて、2007年12 月のパイロットサービス申込み受付開始を目指して構築し、その運用を行っていく、と発表しました。


と、大手ばかりですね。


自分は、毎日1箱のペースで煙草を購入していますが、自動販売機で買うことはほとんど無いのです。コンビニで買っています。

でも、どうしますかね。折角なのでタスポの申込をしてみますか。

たばこ協会に、個人情報を取られて、どこで、どれくらい、どの煙草を購入しているか?すべて把握されてしまうのでしょうね。


過度な禁煙”の流れに違和感を感じ、
以下のようなニュースや発言を心から応援したい、愛煙家です。

養老孟司の超刺激発言「たばこの害根拠なし」「禁煙運動はナチズム」

http://www.j-cast.com/2007/09/18011417.html


と、今回は7月から東京でもスタートする
成人識別ICカード 「taspo(タスポ)」 についての独り言。
タスポ

 真実は定かでないのですが、完全に利権ビジネスですよね。
想像の域を出ませんが、こんな感じでしょうか?


越後屋 : お代官様、これ以上、「たばこ吸うな、健康に悪い」のお達し出されては、商売が立ち行きません。

代官 : そう申すな、越後屋、これでもワシも「たばこは悪の元凶だ!」との暴動に屈しまいと頑張っておるのじゃ。

越後屋 : そうは申されても、私ども商売さることながら、お代官様への上納金は、たばこあってのことですぞ。たばこに代わる、集金マシーンを探すはなかなか困難ですぞ。よいのですか?

代官 : わかっておる。それはワシとしても苦しいところなのじゃ。何か妙案はないか?越後屋。

越後屋 : へへぇ、そういうことであれば、ひとつ妙案があるのです。最近、巷では、電子マネーなるものが普及しておりますのですが、この商いを、越後屋としても行いたいとおもっておるのです。たばこによる上納金を、他の商いで補いたいと思っているわけでございます。

代官 : ほほぉ、して勝算はあるのか?

越後屋 : そこを、お代官様にご相談なのですが、お代官様より「たばこを買うには越後屋カードがなくては買えぬ!」の法度を天下に示してはいただけないでしょうか?

代官 : 無茶を申すな、それは、庶民が許さぬだろうに・・・、いや、待てよ、最近、「たばこは悪の元凶だ!」と申す者たちの中に、「子供が煙草を吸うは、自動煙草提供機のせいだ!と申す者が多く頭を悩ましておるのじゃ。そう申す者らに、『それはそちたちの、子供への躾の問題ではないか?』と申し送ると、炎上してしまったのじゃ。

そうじゃ、越後屋カードなくば、自動煙草提供機は使えぬ という法度ならば、道理が通る。どうじゃ、越後屋?

越後屋 : 流石は、お代官様。実は、その越後屋カードと、カード読み取り機械、私の息子が跡取りとなりました、池田屋にて段取りは出来ておりまして・・・ 本日は、サンプルで作りました越後屋カードをお持ちしました。

代官 : なんじゃ、この金色にひかり、重いカードは、しかもこんなに沢山。

越後屋 : サンプルは、純金で仕立ててございますもので・・・ただ、コストがかかるので、庶民に配るは、プラスチックにて仕立てることといたしましたので、サンプルは、代官様にて、ご処分いただければと。

代官 : 越後屋、おぬしも悪よのぉ

越後屋 : お代官様こそ

代官&越後屋 : ウワッハッハッハッハッ


と、お察しいただいていると思いますが、最後の一文を書きたいが為に無茶な条件設定をしてみました。

想像上のあくまで、個人的妄想ですけど。
タスポ、気になります。

↑このページのトップヘ