研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

マーケティング研究ブログするつもりが、最近は専ら戯言の類(主にアニメネタ)ばかりです。本当にスミマセン。
※本ブログの内容は個人的見解であり、当然ながら所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。

こんばんは。

現在、会社にて経営計画を策定しているのですが、
予想はしていましたが、自身に関して異動の辞令が本日になりありました。

とはいえ、兼務なので、完全に異動ではなく、

「これまでの業務も引き続きやりながら、新しいこともやれ!」

ということであり、

さらには基本的に、

 「自分のやりたいことしかや、やらない!」

というスタンスで仕事していますので、なんだ慌てることも無かったのですが、やはり、若干の不安もありました。

「今までの異なる組織で、自分のやりたいことが本当に出来るだろうか?」

という不安なのですが、

「組織なんてどこであろうと関係ない。
   全ては自分が何がしたいか?何をするか次第」

と瞬間的に思うわけです。

「大変」というのは「大きく変わる」ということ。
変化が無いところに刺激はないし、刺激が無ければ楽しくない

ですよね。

最近は「働く意義」みたいなことを説く類の本が人気みたいですね。

「そんなことは自分で見つけろ!」

と思ってしまうわけですけど、売れているということは必要とされているのでしょうか?

話がそれてしまいますが、

         「 忙しい 」

という言葉も大嫌いです。

「 忙 」 という漢字は 「 心を亡くす 」 と書きますよね。

心を亡くしてしまっては、何も出来ないですよ。
多くの仕事を同時に行っている際は時間に余裕がなくなりますよね。

そんなときこそ、「 心を亡くす 」 わけにはいかないはずで、
フル回転で楽しんでいる様なのです、自分にとっては。

ちなみに、   「 仕事 」     という漢字も

「 事に仕える 」 ということですね。

別に自分は「 事に仕えている 」 つもりは無いんですけどね。
自分でやりたいから、やっているまでです。

2007年は、年始から色々あって
これまでより楽しい1年になりそうです。

2007年1月9日

※ 漢字の解釈については、独自解釈であり、何の保障もありません。
  正しい由来や意味を知っているかたがいたら教えてください。

こんばんは。

アクセスカウンターを見たら、14アクセスもあったようです。
誰だろう?と、さておき、

連続記録は3日で終了してしまいました。
今日も、8日中に書き終わるか心配です。

さてさて、
勤めている会社の、経営計画策定会議が昨日、今日の2日間ありました。

「え?連休中に?」と思われてしまいそうなのですが、
自身の勤める会社は、明日9日が仕事始め。

長い人は年末年始10連休ですが自分は一足先に仕事初めということで。

どんな内容かは流石に書けないのですが、

会議の中で改めて勉強になったことがあったので、
それが本日のテーマ。

それは「マーケティングの原点とは何か?」ってことを
改めて学びました。

小職は、WEBを軸とした事業構築やマーケティング業務を中心に
仕事をしています。

会議は20数名参加で、自身も発言する機会が多々あったわけですが、

自分が話をした後に、幾度か周りが静まりかえってしまいました・・・

つまり、

「話が伝わっていない・・・」

ということです。

後から、その話について、レビューがあったわけですが、

「言わんとしていることは、わかる人にしかわからない」

ということなのです。

話し方、伝え方の問題も大きくあるのですが、

こちらとしては「当たり前」ということも
当事者以外は、情報レベルが違うので、単語ひとつとっても内容が判らない。

だから、
「良いことなのか、どうなのか?」が判らない、ついていけないので
発言のしようがない無い。

ということでありました。


   「なるほど・・・」

いつのまにか、

「IT用語を使って、小難しい話をする変な奴」

につまるところなっていたのかもしれません・・・

マーケティングは、つまり「伝えたいこと」を「伝える」こと。

その原点は、人間という媒体を使って直接伝えること。

コミュニケーション力は意識し訓練してきたつもりで、
そして、
「WEBサイトや、Eメール、紙などの媒体を使って
                 どのように顧客を創造するか?」を

考えている身でありながら、

自身、その根本的なスキルがまだまだ未熟であることを痛感しました・・・

例えば、
SEOとか、パーミッション、という言葉の意味が判らなければ
聞き手は、理解半分になることもありますよね。

「当然これくらいは知っている」と勘違いしちゃいけないんですよ。

現場を知らずしてマーケティングプランを策定すると
往々にして起こりうる事象と同じですよね。

これから、具体的な計画立案なのですが留意して作りたいと思います。

今夜は↓コレを本棚から出して読むことにしました。

マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術


では、多分、また明日。

1月8日

↑このページのトップヘ