研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

マーケティング研究ブログするつもりが、最近は専ら戯言の類(主にアニメネタ)ばかりです。本当にスミマセン。
※本ブログの内容は個人的見解であり、当然ながら所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。

昨年から食品偽装問題・事件が絶え間なく発生します。

 最近では、飛騨牛偽装、そして鰻産地偽装。

 ここまでくると、食品業界は偽装の上に成り立っている。と思わざるを得ません・・・

 なんとも、偽装問題そのものもが疑わしく感じてしまうのですですが、
嘘はいけません。嘘は。

 「嘘は泥棒のはじまり」


そういうことで、それ以上でも、それ以外でもありません。
ルールを明確にして、ルール違反に対しての罰則を決めておけばよいまで。でも、そのルールが、非常に曖昧だったのが、食品業界だった。


 とはいえ、

「なぜ、ルール違反(=偽装)をするのか?」

を考えてみたいと思います。

 と、考えるまでもなく、

「偽装をすることにメリットがあるから。」


では、そのメリットは何か?

それも、考えるまでもなく、

「お金=利益」


 偽装した方が、利益がとれるから偽装する訳です。

「原料高騰で、偽装しなければ会社が倒産してしまうから致し方なかった」


 という責任転嫁な言い訳をする人もいるようですが、
経営環境リスクへの対処を怠った、もしくはできなかった経営の失敗でしかないわけです。

 偽装はしてはならないと思っていても、お金の魔力に取りつかれ、偽装してしまう。 

 偽装してもいいや、偽装してもバレナイという雰囲気が食品業界にはあるのでしょうね。

 偽装を許さない業界は当然ながら厳しいルールがあるのですよね。
たとえば証券業界も銀行業界、一般企業でも上場している企業であれば、監査法人が経営を監視。
一応そういうことになっていますが、最近はその監査法人すら不正を働くようですが・・・


 犯罪抑止効果としての厳罰化には、議論があるところですが
いずれにせよ、罰則が厳しいと、

 偽装をして得られるメリット < 偽装がバレて被るデメリット

という、経済合理性に基づき偽装をする企業は多くならないのです。
そういうことです。

 


 





「通り魔事件は『格差社会』が原因だ」


などと、テレビで論じる人がいます。
どうして、そんな断定的なことを言うのですか?

テレビメディアの特性上、いたしかたないのでしょうが、そうした無責任な報道が、次の犯罪者を生み出すように思えてならないのです。


先月の秋葉原無差別殺傷事件に続き、またしても発生してしまいました。

八王子通り魔事件。

「誰でもよかった」

と、まぁ、秋葉原事件の犯人と同じような証言をしているそうです。

 テレビはこの事件に多くの時間を割いて、犯人の素性やら、被害者の素性を競うように報道しています。

 犯罪心理学の専門家、コメンテーターなど、さまざまな立場の人が、それぞれの持論を展開しています。

 集計した訳ではないですが、「格差社会」を原因にしている論調が多く聞こえてきます。

 格差社会
  ↓
ワーキングプアを生み出す、
 若者が将来に希望を持てない。
  ↓
 犯罪に走る。

 とまぁ、確かにそれも一因かもしれませんね。
でもですよ、そんな単純なものではないですよね。

 様々な要因が、複雑に絡み合い、最後に引き金となる要因が加わり、最悪の結末が生じる。

 原因の究明は重要です。

ですが、安易な結論染みた報道は良くないと思っています。

人間は弱い生き物です。

「格差社会が悪い」とメディアが伝え続ければ、

「そうだ、自分が不幸なのは、世の中が悪いのだ!」

と、結論づけ、最後の引き金を引いてしまう人は発生するでしょう。

 原因は様々あるとは思いますが、あえて何か1つの原因をあげるのであれば、自身の結論は、

「メディアが原因」

ということになります。

 安易なニュース報道が多すぎます。報道がバラエティ化してしまったことも一因でしょう。

政治もメディアと癒着状態ですから、
「犯罪報道」について徹底的な介入ができていません。

政治が口を出してくれば、

「言論の自由が奪われる」

的な抵抗をはじめます。

 犯罪報道には、もちろん意義はあるとおもいます。
が、その意義が形骸化して、犯罪を助長するような報道になっているならば、それは悪です。犯罪として罰するべきでしょう。

 でも、その明確な基準がない。
ないなら、考えようと政治が動けば、それだけでも、やはり、メディアは総反発。

 考えがまとまりきりませんが、とにかく、安易に通り魔事件の原因が「格差社会」のみであるかのごとく、報道されることには、大いに疑問を感じます。ということです。

↑このページのトップヘ