研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

マーケティング研究ブログするつもりが、最近は専ら戯言の類(主にアニメネタ)ばかりです。本当にスミマセン。
※本ブログの内容は個人的見解であり、当然ながら所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。

7月1日、2017年もあっと間に半分がすぎ今日から後半戦。

とりあえず、毎度おなじみの、完走作品の感想まとめ。

今季の1話を観ての方針はこんなんでした。

それでは、いってみましょう!

冴えない彼女の育てかた♭ 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
 内容、作画、キャラデザ、構成・演出いずれも大変ハイレベルで満足でした。原作者が脚本・シリーズ構成を担当していることが作品完成度を高めている最大要因だと思います。1期よりも2期の方がよく出来ている感じです。キャラクター1人ひとりの深掘り、キャラごとの心理表現が良くなったと思います。そのおかげで、推し論争は激化しましたが、私は霞ヶ丘 詩羽でFAとします。

総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆☆
キャラデザ)☆☆☆☆☆
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆★

アリスと蔵六 Blu-ray Box 1 (特装限定版)
 作品としてのまとめ具合はとても良かったのですが、内容的には物足りなさが。おそらく、世界観の説明が足りないまま話が進行してしまったことが理由だと思います。いったい、この人たちは何を目的にしているのか?何と戦っているのか?「ワンダーランド」とは何だったのか?アリスを中心とした人間ドラマを作りたかったのに、中途半端に終った感が残念でした。ま、ストレス無く観ることは出来ましたが。
総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

正解するカド Blu-ray Disc BOX 1(完全生産限定版)
 久しぶりに最初3話までで引き込まれる作品であったのに、安っぽい展開になり残念でした。異方から提供された「無尽蔵にエネルギーを供給する物体」、それらをめぐる各国との攻防、人類の変化を描いてく政治モノなら良かったのに、と思いました。ラストの展開は予想の斜め上を行って「おぉぉ!そう来たか!」とは思いましたけどね。期待は裏切られましたが、アニメに対し、次はどんな展開になっていくのか?とワクワク感は久しぶりでした。ということでは秀作だと思います。
総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆★★

TVアニメ「進撃の巨人」Season 2 Vol.1 [Blu-ray]
 これは、自分の中で観る観ないではなく、観なければいけない作品のだと思っています。義務感みたいなものですね。巨人がどうこうなんてどうでも良いのです。ミカサさえ観られれば。とはいえ、前作から間空きすぎで、前半は熱量についてけませんでした。次は2018年と公表されたので、一安心です。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆☆
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

エロマンガ先生 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
 流石としか言えません。俺妹以上だと思います。明確なターゲットに対し、的確なポジショニングをとり、期待を裏切らない内容。これぞ深夜アニメという感じ。11話をあえて最終回的にして、12話に2期への期待を醸成する構成も、制作側のあっという的な自信の現れではないかと。

 

総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆☆
作画)☆☆☆☆☆
キャラデザ)☆☆☆☆☆
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆★

有頂天家族2 Blu-ray BOX 上巻 [Blu-ray]
 良質な原作小説を丁寧にアニメ化するというのはこういうことですよ!と示してくれているような作品。実際に小説を読んでいるかのような作品でありました。アニメから入った人には是非原作小説も読んで欲しいです。そしてまたアニメを見返す。そんな楽しみが存分にできる作品です。京都に住みたいなぁ...。



総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

恋愛暴君1(イベントチケット優先販売申込券付き) [Blu-ray]
 バカアニメをこよなく愛する自分としては中盤以降の中途半端な物語性が残念でした。本作品は、恋愛バカアニメであってほしかった。物語を見せようとしちゃいかん作品したよ、これは。シリーズ構成失敗だと思います。完走できたのは前半の貯金があったから。



総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆★★★
中の人)☆☆☆★★

と、完走作品は7作品でした。
レクリエイターズ、サクラダリセット、サクラクエスト、アトムザ・ビギニングは2クールのようで継続しているので、感想は省略。

ということで、ご報告は以上です。
2017夏アニメも張り切っていきましょう!

久しぶりのブログ。

今年度から担当している広告論。
ビジネススクールで概要は学んでいるものの、専門というわけではないので、毎回自分自身勉強しながらというのが実態です。(講義では平然と話しをしていますけどねw)

マーケティングにおける広告は花形であり、学生時代、一度は広告の世界を志したくらいですから、好きな分野ゆえ、講義準備も苦はありません。一番楽しんで準備しています。

講義は、小難しいことばかりではアレなので、「広告って面白いな」と思ってもらえるようしています。
主には実際のテレビCMを見てもらうわけですが、YouTube様様です。過去のCMも含め、とても多くのCMがあがっています。YouTubeが無かった時代は、こんなこと出来ませんよね。

と、前置きはこれくらいにて、前回講義では「広告の目標設定」というお題で講義をしました。その際に、プロダクトライフサイクルに即した広告事例ということで、iphone、iPadの世に出た際の初期CMを観てもらいました。

iphoneはこれ。

iphoneがいかなるものかをわかりやすく、魅力的に伝える導入期のお手本のようなCMではないでしょうか?

そして、iPodはこれ。有名すぎるCMですよね。

講義で紹介するのはこの2つを想定していたのですが、関連話として、iPodが世に出る前はWalkmanが最もシェアを持つポータブルプレーヤーだったという話をすることにしたのです。
(iPodは2001年デビューで、学生たちは、96〜98年ごろ生まれが中心ゆえWalkman時代を知らない世代なのです)

そしたら、なんとこんなWalkmanの初期CMがYouTubeに...。いったいどんな人が探し出しアップしたのでしょうか...。


これを観て、思ったのです。シチュエーションこそ違えど、iPodの初期CMがWalkman初期CMとコンセプトが同じではないかと。

スティーブ・ジョブズがSONYを好きであったのは有名な話しですが、それがこんなところにも!!!

と思った次第で、そのことを個人の見解として学生たちに紹介しましたよ。

あと、WalkmanのCMといえばこれですよね。傑作です。



ということで、広告論のとある1回のネタをご紹介っていうことでありました。

スマホで音楽聞かないで、ちゃんとプレーヤー買おうかな。





↑このページのトップヘ