研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

マーケティング研究ブログするつもりが、最近は専ら戯言の類(主にアニメネタ)ばかりです。本当にスミマセン。
※本ブログの内容は個人的見解であり、当然ながら所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。

群馬県内を大学のクルマで運転することも少なくない今日このごろです。

始めの頃は、「そういう運転する人、どこにでもいるよな」と思うようにしていたのですが、10人いたら8人は同じような運転をするので、いい加減、確信を持ちました。

群馬県人の運転マナー、酷すぎ!赤信号で突っ込んでくるな!

angry

何でもかんでも悪いかというとそうでもなく、マナーの悪さは唯一「交差点」のみ。

黄色で止まるなんてことはほぼ皆無、赤信号で突っ込んでくるのですよ。

右折信号がある交差点なんて、曲がるほうが怖くて右折青になった瞬間であると、

「まだ対向車が突っ込んでくるので?」

と恐怖すら感じるレベルです。

右折信号についても同様です、赤になっても右折してきます。

なんですかね?群馬県の自動車教習所では、「黄色はGO!、赤でもGO!」とでも教えているでしょうか?

自分だけ?と思ってみると、同じように思った方が知恵袋にいました。

群馬県は赤信号でも安全だと判断できたら進んで良いのですか?一時停止の交差点も... https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11154171746

知恵袋の質問者にこんなに共感したのは初めてです。

一般的によく運転マナーが悪い県として、愛知県があげられますよね。当然、悪い人はいましたが、住んでいたことのある身として、全体的に悪いと感じることはなかったのですよね。

愛知VS大阪、頂上決戦の行方は...? 「運転マナーが悪いと思う都道府県」【3位〜1位】
http://j-town.net/gunma/research/results/198630.html

こういうランキングで群馬が上位に名を連ねることはほとんどありません。

自分の住んでいる都道府県の運転マナーについて調査したJAFの調査を紹介した記事がありました。こんなランキングを紹介している記事がありました。

運転マナーが悪い都道府県ランキング!1位は・・・

http://matome.response.jp/articles/103

1074430

群馬県22位…。

群馬県に住んでいる人は、群馬県の運転マナーが悪いと思っている人が意外と少ない…

そう、赤信号突っ込んでくるのは、決してDQNな空気を出しているクルマ、オラついているクルマだけではないのです、普通のおばちゃん、おじちゃん、おねぇちゃん、おにいちゃんが普通に突っ込んできます。

赤信号で突っ込んでくることを「危険なこと」「マナーの悪いこと」と思っていないのではないかと思ってしまうのです。

秘境グンマー、恐るべし。

信号無視のクルマに突っ込まれ事故なんておこしたら目も当てられません。

自衛のために安全運転に努めたいと思う次第です。


交通事故を7割減らすたった2つの習慣
江上喜朗
日本経済新聞出版社
2013-05-23

※気づけば8月下旬。すっかりブログご無沙汰にしておりましたよ。

花咲徳栄の優勝で幕を閉じた夏の甲子園。

翌日のスポーツ紙の一部は一面を「中村」推しであったことには、なんとも言えない気持ちになりました。

夏の甲子園で優勝がなかった埼玉県勢でしたが、良かったですね。

で、ゼミ生とベスト8予想をしていました。そのルールは、

1)まずはベスト8を予想する。1校的中ごとに5pt(最大40pt) 
2)ベスト8が揃った段階で改めてベスト4(5pt)、準優勝(20pt)、優勝(30pt)を予想

1)2)の合計ポイントで勝ち負けをつけるというものでした。

で、私のベスト8予想は、前エントリーに書きましたが、

作新学院/前橋育英/秀岳館/大阪桐蔭/大垣日大/三本松/神村学園/高岡商

でした。

で、結果はというと、

三本松/東海大菅生/天理/明豊/広陵/仙台育英/盛岡大付/花咲徳栄

という結果。

大垣日大、高岡商は思い入れだけで選んで初めから万馬券だったので良いのです。
それにしても、、秀岳館、大阪桐蔭を外すとは思いませんでした。

そして名前だけみてビビッときた三本松だけが的中という…。

そして、2)の予想は、

ベスト4、三本松/広陵/明豊/盛岡大付属
準優勝、三本松
優勝、広陵

という予想にしましたが、ここも広陵以外は全滅…。

中村くん、いい選手ですね。打高投低な甲子園であったことを差し引いても、歴史に残る選手であることは間違いないかと。

ということで、ゼミ生との予想勝負は惨敗ということで、東京で豪華お食事をおごることになりましたとさ(笑)

来年こそは! 

↑このページのトップヘ