こんばんは。

東京地方は本日は雨でした。
夕方から美容院に行きまして髪を切ってきました。


スタイリストに方に
「少し頑張って伸ばしたらどうですか?」
と進められて、もうしばらく頑張ってみることにしました。

さて、そんな日記的ブログはさておきで、

昨日の続きで、正月の買い物で感じたことを少々。

一昨日、秋葉原のヨドバシカメラに行ってきたのですが、

「別に正月だからって消費を煽られなくてもいいじゃない」

って思ってしまうのです。

ヨドバシに限った話でなく、全ての小売業で、
ここぞとばかりに価格は下げ、福袋と称した抱き合わせ販売をして
消費者を煽り、消費させるているように見えてしまいます。

買う側も、「正月だから」「お年玉代わりに」という理由を盾に
浪費をいとわない訳です。怖いですね。

ま、何を購入するにも理由が必要で、ほしいけど躊躇っていたモノを
買うには非常に都合の良い理由になりますね。

留意しないと、必需品以外を買わせる側と買う側の常に「買う側」に
なってしまうと、資産形成とは縁遠くなるということでしょうね・・・

あればいいけど、無くても良いモノが、
いつの間にか「無くてはならないモノ」になっていることは多々あります

マーケティングという学問すら存在するほど、
いかにして商品やサービスを消費させるか?を売り手は考えているので、
気をつけないといけないなぁと自戒してしまいました。

消費を控え、投資にお金を投下を心がけたいですね。

という自分は、正月は、
スーツ1着 \4,2000(ABX@丸井)

miniSD2G \10,800(IOデータ@ヨドバシ)を購入。

あとは読みたかったマーケティングや経営の本などを
amazonにてまとめ買い。
そのうちの1冊は

↓これ
99.9%成功するしかけ キシリトールブームを生み出したすごいビジネスモデル


今日は、これから朝までそれらの本で勉強します。

それでは、きっとまた明日。
スポンサードリンク