初めて参加したブロガーイベント概要を書いた前エントリー

「ハッピーセットの舞台裏」ブロガーイベント参加報告

とは別に、イベントで説明のあった「ハッピーセットの舞台裏」的な内容をメモしておきたいと思います。 

投影されたスライドの撮影はNGで、かつ裏話的な事もあったので、手元メモを参照しながら「多分、これは書いて大丈夫だろう」と判断したもののみです。

※アップ後「それはちょっとNGで」と突っ込みが入ったら削除してしまうかもしれません。

◆ハッピーセットの概要◆ 
  • 想定顧客は3〜8歳の子供(購買はもちろんご両親)
  • ハッピーセットは名称は地域により異なるがグ
    ローバル展開されている。
  • 1987年から展開されている。(日本国内?)
  • 1回のプログラムは3〜4週間展開。
  • おもちゃは都度6〜8種類
  • ただし例外もあり、101匹のワンちゃんの時は101種類準備したらしい。
  • 企画準備から展開まで約1年くらい
  • 年間1億セット販売されているらしい。(凄い)
おまけの原価と、各プログラム毎のおまけ準備個数は教えてくれませんでしたが、個数については年間1億セットと、1回のプログラム3〜4週間から推計してくださいということだったので、推計してみたいと思います。

年間1億セットで、1回が3〜4週ということで約15プログラムと仮定してみます。

すると、各プログラム約670万個。

マクドナルド国内店舗は約3500。

店舗毎に客層は大きく異なるとは思いますが、平均的とすれば各シリーズ店約1,900個が売れている計算になりますね。

 1億セット年間売れるという前提で、売上を計算すると、ハッピーセットは選択商品により価格にバラツキがあるのですが、約400円とすれば、年間ハッピーセットだけで400億円。

 ご両親と一緒ということでお子さんがハッピーセットを注文するとして、大人は若干低めに単価600円で推計してみます。

お父さん+お母さん+子供(1人)=1600円
お父さん+お母さん+子供(2人)=2000円
お父さんorお母さん+子供(1人)=1000円
お父さんorお母さん+子供(2人)=1400円

来店は上記4パターンで割合が一定と仮定すると1ハッピーセットで+600円の売上。

すると、1億セットのハッピーセット販売は、つまり1000億円の売上となると予測されます。

前期売上が約5000億円ゆえ、ハッピーセットはマクドナルド全体売上の約2割を作るとても大きなマーケティング施策ってことになりますね。

◆ハッピーセットキャラクター&おまけの選定基準等
  • 面白い、驚きがある
  • 独りでも、友達とでも
  • キャラの世界観(非正義や暴力といったのはNG)
  • マクドナルドの世界観と合う
  • デジタルでもアナログでもイケル
  • 年齢層に幅がある
  • マクドナルド限定感を作れる
  • キッズレレパンシー(要は人気があるってこと)
  • 両親に受け入れられやすい
  • 2世代で楽しめる
  • 革新性、新技術が使える
  • オトク感があること
  • マクドナルドとのフルコラボレーションが可能
と、基準が明確にあり、このブレない基準をもって検討していること感心してしまいました。

マーケティングにおいて「ブレない」というのは簡単そうで凄く難しく、そして大切な要素だと思うのです。

昔ながらの「おまけ」マーケティングをココまで大規模に継続的に、そして効果的に展開して、子供たちを虜にしてしまうマクドナルドのマーケティングに改めて感服することになった、そんなブロガーイベントでした。

最後に、マクドナルドのマーケティング本部の方と名刺交換させていただいたのですが、その名刺がマクドナルドの商品を使って色々なパターンがあって、交換の時に
「どれが良いですか?」と選ばせてくれました。

こういうトコロも素敵ですねぇ。 

macmeishi

マクドナルド 7つの成功原則マクドナルド 7つの成功原則
著者:ポール ファセラ
販売元:出版文化社
発売日:2009-08-24
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


スポンサードリンク