月曜日の7・8限はマーケティング1を聴講することにしました。

昨年履修した講義なのですが、今年はマーケティング1を恩蔵先生&守口先生が担当することになったからです。

わたくし、恩蔵先生に師事したくて恩蔵ゼミに所属しているのですが、1年目は大変残念ながら恩蔵先生の授業は開講されなかったのです・・・

今年、マーケティング1を担当すると聞いて

「これは聴かねばならぬ」 

と思い聴講することにしました。

初日はガイダンス的授業。初回から恩蔵節炸裂でゼミ生としては嬉しい限り。

学んだことばかりではありましたが、改めて聞くことで学びは深くなりますね。

以下、今日のメモ。

◆会社の経営資源とは?

「ヒト、モノ、カネ」が一般的だったところに、1987年頃に「情報」が加わり、90年代半ばからはさらに「ブランド」が追加された。

現在は「人、モノ、カネ、情報、そしてブランド」が企業における資源。 

◆マーケティングとは?

『4P等のフレームワークを市場に対してを「Fit」させ、それを仕組み化すること』 

これがマーケティング。

◆マーケティングにおいて大切なこと

組織において重要事項・優先するべき『価値』を明確にしておくこと。
 
◆コモディティ化するなかで。

知恵の無い企業は、価格軸で勝負することになる。


と、まぁこんなところで。


恩蔵組としては、恩蔵先生の話を聴いているだけで幸せな気分になります。


しまった・・・ 1月に先生の新著が出てるじゃないですか・・・
読まないと。


感性で拓くマーケティング感性で拓くマーケティング
著者:恩蔵 直人
販売元:丸善プラネット
発売日:2010-01
クチコミを見る


スポンサードリンク