今年度のマーケティング機2年生向け必修科目)履修学生たちにチーム課題に取り組んでもらうことにしました。

テーマは「群馬県内でのインバウンド消費を増やすためのマーケティングプラン立案」。要は「どうやったら群馬県への訪日観光客を増やせるか?」です。

年々増え続ける訪日観光客。当初目標であった2000万人はあっという間にクリアし、3000万人に目標再設定し国をあげて訪日観光客を増やす努力をしている真っ最中です。

hounitigaikyaku2015
訪日観光客消費動向調査による観光レジャー目的による平成27年における都道府県ごとの訪問率を確認してみると、上位15都道府県は以下のとおり。

houmonritsu01
東京、大阪、京都と順当に上位を占めています。3位の千葉は成田空港&東京ディズニーリゾートの恩恵ですね。意外と上位にランクインしている山梨県は富士山の恩恵ですね。

一報で、、訪日観光客は激増しているにも関わらず、その恩恵を十分に享受できていない県はとなると、
houmonritsu02
※表は、平成27年訪日観光客消費動向調査から作成

なんと、我が群馬県はなんと33位タイに沈んでいるのであります。世界遺産富岡製糸場と絹産業遺産群があるにも関わらず、日本を代表する温泉地草津そして伊香保があるにも関わらず、です。青森や茨城と同列なのです。

これは何とかしたいですよね。県も当然いろいろな取り組みを検討していることと思います。そんなインバンド消費拡大に向けたアイディアを課題として学生たちに課してみることにした次第です。

さぁ、発表は2週間後、どんなアイディアが出てくるかな。楽しみ楽しみ。

その,箸靴燭里蓮△修劉△鮟颪海Δ隼廚辰討い襪らです。書くかは分かりませんけど(笑)



 
 
スポンサードリンク