「何故、英語の勉強が必要なのか?」

なんでこんなエントリーを書き連ねるかというと、自身が教員をしている大学の学生の壊滅的な英語力に危機感を覚えているからです。

中学レベルの英語すら怪しい学生が多いのが実情なのです。

これは、自身の務める大学だけの問題ではなく、いわゆる大学全入時代になり、学力試験が実質的に不要な大学、ボーダーフリー(いわゆるFラン)の大学に共通する問題なのです。

大学生にもなって、アルファベットから教えるという英語教育が必要なの状況。

そんな学生を大学生にしちゃイカンだろ!とも思うのですが、国の教育制度そのものの話に及ぶので、今回はそこには触れません。
※英語にかぎらず、初等数学すら怪しいし、漢字が読めないなんて問題もあるのですが、今回はあわせて割愛。

「何故、英語の勉強が必要なのか?」という点に絞ります。

何故かと問われればその答えは「将来の選択肢、可能性を広げるため」という結論に至ります。

英語を話せなくても就職はできますし、生きていくことはできます。 ゆえに必要不可欠かと言われれば、そうでもありません。英語なんて読めず話せずとも生きていくことはできます。

でも、確実に選択肢や可能性は狭まります。

そのことをどう思うかは、本人次第です。可能性が狭まろうが、選択肢が限られようが、それを良しとするなら勉強なんてしなくても良いかもしれませんね。

そんなの最後は本人次第。でも、教員の立場になると、それを看過できないのでもどかしい。自身が責任をもつ学生たちを、そんなレベルであることを知りながら放置して良いのか、と思い悩むのです。

ゆえに、勉強することを指示するのですが、そもそも勉強に対する必要性を感じていない学生が、意欲を持って勉強するわけもなく。そこから啓蒙しないといけない状況なのですが...。

続いて、
何故、英語の勉強が必要なのか?という話から、どの程度の英語力を最低限有していれば良いかという話をしたいと思います。

英語はできるにこしたことはありあせんが、すべての人がペラペラ喋れるレベルが必要かと言えば、必要とは思っていません。

英語を武器に仕事をしていきたいと思うなら別ですが、そうでなければ、必要が生じた時に、一生懸命勉強し、ある程度のコミュニケーションが取れるレベルまで到れる英語力を有していれば良いのではないかと思います。

では、それはどの程度の英語力かと問われると、定量的に答えるのが難しいところなのですが、読み書きレベルで、最低限でも中学卒業レベルの英語力があれば良いのではというのが、個人的見解。

公立高校の高校受験英語で、100点とはいいません。90点以上取れるレベルでOKです。このレベルの英語力がないと、日常生活に、あふれる横文字すら読めない、意味がわからないレベルです。

おいおい、大学に入るのに、中学レベルの学力も無いのかよ!と思う方もいるかもしれませんが、実際そいう大学生が多いのです。

大学は学問する場所ではなく、基礎教育の場所になってしまっているのですよね。
仕方ないです、現実は現実、なんとかするべく、自身の信じるところに基づき、もがいてみるしかありません。

大学生でありながら、中学英語すら怪しいことに危機感を覚えて欲しいのですが、どうしたらよいものか...。

※近い将来、高い精度で同時自動翻訳技術が実現するので、英語が喋れなくともどうにでもなると思います。だからといって、英語の勉強をする必要が無いかというと、それは違いますよね。そもそも勉強は何故必要なのかという議論になるので、今回は割愛します。



スポンサードリンク