経営学教員界隈で話題になっていた、カンブリア宮殿日本電産永守会長回を視聴。

直接お会いしたことは当然無いのですが、テレビを通じて知る永守会長は厳しさの塊のような人。自分は怖くて怖くてしかたありません。

さておき、Twitterで関係界隈で話題になった箇所はここです。

Twitterから拝借。

番組をまだ見ていなかったので、静観していたのですが、番組を見てみると、この発言への印象は違ってきますね。切り取ってここだけ批判的になるのは短絡的かなと。

私財を投じて経営に乗り出している京都先端科学大学の話のほんの一部分の話し。

経営学部を出ても経営のことをさっぱり分らない学生がいる、商学部を出ても会計の知識をさっぱりもっていない学生がいる。これは事実だと思う。

新卒採用しても結局企業で再教育しなければいけない。要は、大学が学生をちゃんと教育していないから、自分でほしいと思える学生を育てられる大学を作ったという話し。

名刺の渡し方も知らないというのは、ほんの一例
大学はどう有るべきか?という議論をするには非常に示唆のある内容でしたよ。

自分はこの部分に大いに共感しました。自分も全く同意見です。

永守

自分の講義の大目標は、眠くならない講義(=知的好奇心を喚起し学生たちが楽しく一生懸命に講義を聴いてくれる講義をすること)です。

面白いことが全てではないのはわかりますが、少なくとも受講した学生が寝るということは、興味関心を引けていないということ。

オンライン講義が主流となり、それが顕著になっているように思います。

この話しの続きがありますので、貼っておきますね。

永守

永守

いますよね。自分の講義内容を棚にあげて、全て学生のレベルに責任転嫁する先生。
学生の学修意欲も当然大切ですが、それが足りなければ喚起するのは教員の仕事だと思うのです。

永守

永守

永守会長による、大学経営はおそらく成功すると思います。

これからの大学は如何にあるべきなのでしょうね。

社会にとって必要とされる大学、そして教員でありたいなと。
ということで、こちらからの報告は以上です。
スポンサードリンク