研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

カテゴリ:年頭所感・年末雑感 > 2010年年頭所感


修論提出まで残り8日となりました。 

計画的に研究を進めていればこのような状況に陥らないのでしょうが、
性分といいますか、なんというか追い込み型は結局、今回も変わらず。

やるべき事も多々あるのですが

「すべて修論提出後」

としている今日この頃。

しかし、今年の振り返りを、年が明けてからするのも野暮なので、

年始に立てた目標を読み返し、
年末雑感として、簡単に振り返っておこうかと。 


◆健康&体づくり


・食べるものに留意する1年。
・週に1度以上(or 5キロ以上)のランニング

コンビニ食の摂取率は意識的に下げましたが、マヨネーズ摂取量は相変わらず。

ランニングも、年後半はサボってました。

夏終わりごろから秋にかけてダイエットなるものを実施。

摂取カロリーを抑え、ランニングもしましたが、72キロ、体脂肪率13%まで行ってから停滞。体重はほぼ変わらず。

大病もせず、大過なく過ごせたので、まぁ良しかな。

◆家庭

果たして、どうだったのでしょうか?
家人に聞いてみないとわかりません。

仕事、学校と自由に生きさせてもらっていることに感謝です。

◆勉強

2年目はあっという間でした。

修論を今ごろになって切羽詰っているので、年始に立てた論文に対する目標は崩壊していたということです。

読み返して、今年はTOEICを受けると書いている事を思い出した位のなので、もちろんTOEICは受けておりません。

ただ、この数ヶ月、英語論文を読みまくっているので、
少々、ボキャブリーに偏りはありますが、リーディングは戻ってきてる感じ。

2年目の授業の総括は、年明けにでも改めて。
 
◆仕事

春から新しい環境で仕事を始め、様々な新しい経験通じて、
自分の出来ること、至らないところがよく見えました。

振り返れば反省も当然多いのですが、
今後の生き方、方向性を定める貴重な一年になったので及第点。


◆自己革新

今年は、明らかに読書量が増えました。

100冊くらいは読んだ感じです。
過去の自分を思えば、考えられない量です。

読書を通じて知識・見識を身につけるという意味では○でした。

ただ、実際の仕事、勉強、プライベートにおいて、
自らの至らなさを痛感する出来事が多々ありました。

その度に、家族、友人、周囲の人達に助けられた1年だったように思います。

まだまだ未熟者です。精進せねばなりません。


というところで、今年も残り、18時間ほど。


本年も拙い内容ばかりのブログにお付き合いいただきありがとうございました。
良いお年をお迎えください。
そして、来年も何卒よろしくお願いいたします。

なお、私の2011年は1月9日から始まることになります。
あと8日、頑張りますかね。


平成22年12月31日
なかたにじゅんいち


あけましておめでとうございます。
新年の実感があまりない、そんな2010年の年始です。なぜだろう。

昨年に引き続き、今年も目標やら想いやらを徒然なるままに。

◆健康&体づくり

健康が全ての基本、その為には、食と運動ということで、

・食べるものに留意する1年。

マヨネーズの摂取し過ぎや、暴飲暴食を控えることは当然ながら、食べるバランスと、その素材に留意した食生活を心がけたいです。
まずは、ジャンクフード摂取率&コンビニ主食調達率を下げることからですね。

・週に1度以上(or 5キロ以上)のランニング

今年は1年を通じて継続したいと思います。

◆家庭

今年も、学校・仕事中心の生活になることが予想されますが、それでも一番に大切にすべきは家庭ということは忘れないように。

コミュニケーションの質と量に留意しながら、互いに自律した夫婦関係を目指したい所です。

昨年実現出来なかった、伊勢参りは、今年必ず実現するとして、美味しいもの探求も引き続き。家事も自分で出来るコトは自分でする。

そんなところです。

◆勉強


WBSもあっという間に2年目を迎える事になります。MBA取得という23歳の頃の目標は実現出来そうです。
となると、次は、大学教授になるという目標実現に向けて動き出す時だと思っています。

と言うことで、卒業後、博士課程進学も視野に入れる事にしました。実際に来年の2月に受験を受けても合格出来るレベルになるよう、これから1年勉学に勤しみたいと思います。

その為には、成績をしっかり取ることもさることながら、進学に耐えうる修論を完成させること。
自身にムチ打ち、着実に研究を進める事。研究分野の確立と深堀りし、そして、避けて通れない「英語力」強化です。

自身に関連する書籍、論文を読み尽くす位でないと行けませんです。

関連書籍は週1冊、論文は年間で最低100本。3日に1本、週2〜3本を自分に課していきます。

そして、博士課程へ進むためには、少なくとも上位10%以内に入る成績を収める必要があります。

英語については、昔々、学生時代にぶっつけで受験して以来、一度も受験していないTOEICを今年は、受けようと思います。
3月、6月、9月。本丸は9月に据えて、目標スコアは800で。

◆仕事

仕事と大学院の両立が前提ではありますが、仕事は卒業後の飛躍のための充電期間と位置づけ、今年は学業に軸足を置くことにしました。

その為に、生活の為の最低限の収入を得られる程度に、仕事内容、仕事の仕方を変えようと思います。

身につける新しい知識や経験を、仕事に反映できる事、仕事と勉強のベクトルを高いレベルで同一化させ、相乗効果を高めること。

かなり抽象的な表現ですが、これがテーマです。
諸々検討中なので、また別途。


◆自己革新

テーマは昨年同様、「Rhythm & High performance」

これに加えて、「ON/OFFの切り替え」に留意することにしたいと思います。仕事、勉強に関してストイックに追い込みつつ、遊ぶ時は遊ぶ、何もしないときは何もしない、ONの時の生産性を高めるために、良質なOFFを心がけます。

と言うことで、

目標を鮮明に持ち、自らを律し、勉強、仕事、家庭そして自分自身に誠実に向き合い、努力を怠らない

そんな1年にしたいと思います。
以上、年頭所感と言うことで。

↑このページのトップヘ