研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

カテゴリ: マンガ・アニメ・サブカル系

最終回まで観た作品の感想を順次記録していきます。

【Amazon.co.jp限定】邪神ちゃんドロップキック BOX 上巻 (初回限定版)(オリジナル映像特典ディスク付)[Blu-ray]
 亜種日常系としては思いの外よくできてたため、なんとなく最後まで見続けてしまいました。全体の構成も各回、各話のテンポが良かった。こういうところは監督やシリーズ構成さんたちの能力なんだろうな、と。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

ルパン三世 PART5 Vol.1 [Blu-ray]
 シリーズ最高傑作になるのではないかと思います。不二子と銭形のルパンへの思いが描かれることが多かったのも自分好み。前作イタリア編は少し扱いきれていなかった感がありますが、本作はそれもなく。うまく現代の要素を取り込んでいたかと。次元の声優、小林清志さんもこれで引退になりますかね。頑張られていましたが、流石に声質が老いすぎですよね。
総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆☆
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆☆

ちおちゃんの通学路 7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
亜種日常系、通学路に絞ったというのが新しさ。ギャグアニメとしては充分楽しめました。声優さんも頑張っていました。でもですね、最後の最後がいただけない。尺が残ったという理由で全く意味のわからないオマケ的なものが差し込まれ、全てを台無しにしちゃいました。残念です。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 Vol.1 [Blu-ray]
途中で切っても良かったのですが、なんとなくズルズルと最後まで観てしまいました。物語に面白みも特になく、アニメ作品としては特に記録も記憶も残らない、粗製乱造されるアニメの1つ、星屑として記憶の彼方に葬られることでしょう。この手のジャンルは原作枯渇しているんでしょうね。

総合)☆☆★★★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★


平成最後の夏も早お盆まできました。大学の夏休みは9月末までなのですが、予定が詰め詰めになり全く夏休み気分を味わえていません。

ではあるのですが、アニメは見ています。一旦継続しているものの整理です。

→ (始まる前の方針) → (結果) の流れです。

1)進撃の巨人season3
   → まぁ、観ますよね。 → 見てますが、これまでの話の展開忘れてます。
2)銀魂銀ノ魂篇後編
   → まぁ、観ますよね。 → あれ?まだ始まっていない?

<多分観続けるでしょランク>
3)BANANA FISH
   → 期待してます。 → 期待したほどではないのですが、見ています。
4)深夜!天才バカボン
   → おそ松さんのようにはならないこと祈ってます → 1話切り。まったく面白くありません。
5)オーバーロード
   → 機Ν兇魎僂燭里念豈ね。 → 一応見ています。一応って感じです。
6)ヤマノススメサードシーズン
   → まぁ、観ますよね → 安定感抜群です。

<とりあえず1話みて検討ランク>
7)あそびあそばせ
   → なんとなく良作の雰囲気 → 大変好みのギャグアニメでした。
8)はるかなレシーブ
   → 久しぶりに「伊藤かな恵」の名前があったので一応 → 1話切りでしたよ。
9)プラネット・ウィズ
   → オリジナルなので一応 → 一応切らずにまだ観てます。今後に期待。
10)すのはら荘の管理人さん
   → 大沼心監督なので一応 → この手はおなか一杯なので1話切り。
11)ハイスコアガール
   → 期待はしてます。 → 今期一番の作品ではないかと。世代的にビンゴ。
12)邪神ちゃんドロップキック
   → 夏目公一朗総指揮なんで期待してます。 → なんも考えずに見ることができる日常系亜種。
13)はたらく細胞
   → ざーさん主役なんで一応 → 話題になっていますが、自分はさっぱり楽しめず。2話切り。
14)ISLAND 
   → 川口敬一郎監督に、田村ゆかり&阿澄佳奈なんで一応。 → 1話Aパート切りしてしまいました。
15)ゆらぎ荘の幽奈さん 
   → どこまでエロ描写ができるか期待 → あれ?気が付けば1話切り。
16)ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
   → なんとなく面白そうなんで → あれ?配信サイトで見れるのかな?目に入らず。
17)京都寺町三条のホームズ
   → なんとなく → 設定は悪くないのですが、中身がしょぼいので1話切り。
18)異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術
   → まぁ、1本くらいこの手のラノベ原作も観ておこうかと。 → なんとなく継続。

このほかに、「ぐらんぶる」「グラゼニ」を追加。今は少なくなった古き良き大学生の様子という感じです。継続で、シュタインズ・ゲートゼロ、ルパン三世を加え、計14本。

まぁ、夏休みなんでOKですね。





最近というタイトルにしていますが、今年に入ってから一気観(一気ではなく1〜2週間かけて見てます)した作品たちを記録に残しておきます。

荒川アンダーザブリッジ1期・2期

10404_1_1

良いとは聞いていて、見ようと思っていながら長らく放置していたんですよ。内容についてはなんの情報もないまま見ましたけど、自分の大好きなジャンルでした。

見始めてしばらくは、阿良々木暦と忍野忍の掛け合いにしか見えませんでしたが、見終わったころには、神谷浩史と坂本真綾は、無事リクとニノに置き換わりました。



電波女と青春男

dennpa-725x375

これも事前情報なく、ただ「なんとなく評判の良い作品だったような」くらいで見ましたが、ストラクゾーンど真ん中でした。

たまたま偶然、新房昭之&シャフト作品が続きましたが、この組み合わせの自分好み率は尋常ではない高さですね。

そんなことに気付かされ、新房昭之&シャフト組み合わせ作品をチェックしてみました。

1)月詠 → 未
2)ぱにぽにだっしゅ! → 未
3)ねぎま!? → 未
4)ひだまりスケッチシリーズ → 既
5)さよなら絶望先生シリーズ → 未
6)まりあ†ほりっくシリーズ → 未(作品名すら知らなかった)
7)夏のあらし! → 未 (作品名すら知らなかった)
8)〈物語〉シリーズ → 当然既
9)ダンスインザヴァンパイアバンド → 未 (作品名すら知らなかった)
10)荒川アンダーザブリッジ → 既(最高でしたよ)
11)それでも町は廻っている → 既(最高!)
12)魔法少女まどか☆マギカ → 当然既
13)電波女と青春男 → 既
14)ささみさん@がんばらない → 既(名作だと思っています)
15)ニセコイ → 既
16)メカクシティアクターズ → 既(でも好みではなかった)
17)幸腹グラフィティ → 既(史上最高の飯テロアニメw)
18)3月のライオン → 既
19)Fate/EXTRA Last Encore → 未(あれ?シャフトだったの?って感じ)

と、こんな感じでした。深夜アニメにハマりだしたのが2012年なので、それ以降は観ていて、それ以前が観れていないという感じですね。

ぼちぼちで観ていきたいと思います。

電波女と青春男 Blu-ray BOX(Blu-ray Disc)
大亀あすか
キングレコード
2014-03-26


男子高校生の日常

dansikoukouseieye02


日常系好きとしてもちろんタイトルは知っていましたが、内容までは知りませんでしたし、積極的に知ろうともしていませんでした。食わず嫌いってやつでした。

キャラクターは男子中心ですが、それ以外は王道をいく日常系でした。中の人達も大変豪華、ぼけーっと観るに相応しい内容、メタ要素ありで満足でありました。




と、他にも一気観したような気もするけど。。。
とりあえずこんなところで、こちらからの報告は以上です。

今月で41になるわけですが、一体自分はいつまでアニメを見続けるのでしょうか。。。

アニメ見る時間あるなら、研究しろよ!論文読めよ!なんて思いながら見るアニメは面白くないので、考えないようにしています。アニメは別枠です。

ということで、7月も10日が過ぎてますが、見るもの検討会議です。一覧はいつもながらの「うずらインフォ」さんの画像です。

18smv2_1

何も事前情報ありません。タイトルや監督や出演者の情報のみで決めます。

<絶対に見るでしょランク>
1)進撃の巨人season3
   → まぁ、観ますよね。
2)銀魂銀ノ魂篇後編
   → まぁ、観ますよね。

<多分観続けるでしょランク>
3)BANANA FISH
   → 期待してます。
4)深夜!天才バカボン
   → おそ松さんのようにはならないこと祈ってます
5)オーバーロード
   → 機Ν兇魎僂燭里念豈ね。
6)ヤマノススメサードシーズン
   → まぁ、観ますよね

<とりあえず1話みて検討ランク>
7)あそびあそばせ
   → なんとなく良作の雰囲気
8)はるかなレシーブ
   → 久しぶりに「伊藤かな恵」の名前があったので一応
9)プラネット・ウィズ
   → オリジナルなので一応
10)すのはら荘の管理人さん
   → 大沼心監督なので一応
11)ハイスコアガール
   → 期待はしてます。
12)邪神ちゃんドロップキック
   → 夏目公一朗総指揮なんで期待してます。
13)はたらく細胞
   → ざーさん主役なんで一応
14)ISLAND 
   → 川口敬一郎監督に、田村ゆかり&阿澄佳奈なんで一応。
15)ゆらぎ荘の幽奈さん 
   → どこまでエロ描写ができるか期待
16)ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
   → なんとなく面白そうなんで
17)京都寺町三条のホームズ
   → なんとなく
18)異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術
   → まぁ、1本くらいこの手のラノベ原作も観ておこうかと。


こんなところですかね。

てなところで、こちらからの報告は以上です。

すっかりブログを放置したまま気がつけば7月。2018年も後半戦に突入しておりました。

続けてきたので辞めるわけにもいかない気分なので、とりあえず2018春アニメ完走作品の感想まとめです。

ひそねとまそたん Blu-ray BOX 接触篇 (特装版)
 岡田麿里作品最高!そんな作品。最後の決着が若干雑な感じもしましたが、各話の脚本、全体のシリーズ構成、物語として完成度、申し分なしです。中毒性あるEDも最高でした。

総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆★

 制作発表から何年も経過していてすっかり忘れていました。そして元々の銀英伝も記憶があいまいで、新鮮な気持ちで見ることが出来ました。それはそれなのですが、中途半端なところで終わりすぎです。続きは2019年に劇場版と、なんとも製作側の都合で展開されていることに、なんだかなぁという気持ちになっております。面白かったのですが、一旦忘れます。
総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

ヒナまつり 1 (HARTA COMIX)
 人情物日常バカアニメというジャンル(勝手にカテゴリー作っています)の傑作ではないかと。この手のアニメは何も難しいこと考えずぼけーっと見るのがお作法です。原作販促アニメとして大成功なのではないでしょうか。原作ストックも十分なのでしょうから、2期期待です。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
 面白かったという感想は持てたのですが、深み皆無な物語展開にはがっかりでした。中の人の技量もイマイチ。特に絶叫するところなどは、技量不足が露骨に出ていたように思います。ま、正統続編ではないので、別にどうでも良いですけど。




総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆★★★

「鬼灯の冷徹」第弐期その弐 Blu-ray BOX 上巻(期間限定版)
 分割2クールの2クール目。視聴者の人気に思いっきり振り切った構成・内容であったかと。具体的には、シロは準主役級の扱い、人気のある芥子さん回を作ったり、座敷わらしの2人を常に登場させたり、お香さんをとりあえず出したりと。個人的にはもっとマニアックな原作をアニメ化してほしかったなと。とりあえず3期も楽しみんしておきます。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

と、結局完走は以上5作品。

オタクに恋は難しい、こみっくがーるず、デビルズライン、魔法少女俺は、途中脱落。

他に、2クールものは、シュタインズ・ゲートゼロ、ルパン三世、ゲゲゲの鬼太郎は継続視聴しております。

といったところで、こちらからの報告は以上です。

久しぶりに週末に一気観しました。オーバーロード、1期2期各13話計26話。

放映時は0話切りしていて、1期見ていないから2期も0話切りしていた作品。なのですが、周囲の何人かから「面白い」と言われたので。

20213_1_1


で、見終わっての感想は

「面白かった」でも「残念」

もっと面白い作品になっても良かったと思います。これが監督の力量なのか、脚本の力不足なのか、細かくは考察できていませんが、話がわかりにくかったり、テンポが悪かったりする部分が多くあったという印象です。

世界観や設定は面白くあったのですが、原作組には良いのかもしれませんが、世界観への誘導が弱いことと、1つ1つの物語が描写不足で浅い感じがして物語の面白さを削いでいました。

きっと原作は相当面白いのでしょうね。その面白さがアニメで表現しきれないようで残念、でも、面白かったということであります。

夏に始まる3期、楽しみにしたいと思います。

オーバーロード 2 [Blu-ray]
日野聡
KADOKAWA メディアファクトリー
2018-05-25

著作権を侵害している海賊版サイトへの接続が政府の要請によって、接続制限がされましたね。

完全にアウトなサイトであり、サイトの存在は看過できないところですが、今後法整備を進める前提での緊急回避的な措置とはいえ、これは政府による情報統制であり、強硬策に入る前に業界ができることがあったのではないか、など各方面で議論になっているのはご存知の通り。

今回狙い撃ちされた違法サイトの1つが「anitube」。アニメ好きならば、一度はお世話になっていたのではないでしょうか。

様々な立場から意見はあるようですが、自分自身は今回の措置には賛成です。これを機に、アニメ業界がさらに発展してくれればと思うのです。

anitubeは国内で放映されたアニメが、放映後数時間後にはサイトで観れるというサイトです。非常に多くの違法アップローダーたちが無償で関与しているらしいのですが、考えてみると、凄い仕組みを構築していますよね。

こうした国内アニメが全てみれるサイトを適法な形であればよいのですが、実際のところそれは存在していません。

テレビ放映を録画して観るスタイルならば、特段不便はないのでしょうけれど、ネット配信が今後主流となってくることは議論の余地はないところ、それならば、ユーザーにとって魅力あるネット配信サービスが出来てこないといけないと思うのです。

ネット配信の状況は数年前に比べると環境はかなり良くなりました。

ドコモのdアニメストア、Amazonプライム、そしてNetflixと国内アニメが観れるネット配信サービスが存在しています。(オンデマンドではないですが、abemaTVのアニメチャンネルもありますね)

1つ1つは月500円程度で使えるサービスなので、アニメが好きならば負担のかかるような金額ではないのです。なのですが、「全てのアニメ」を1つのサービスで網羅はしていないのがネックなのです。

自身は、上記3サービス全てを契約していますが、作品ごとにサービスを変えて観なければならないのはストレスになります。ついでに、ネット配信はテレビ放映から数日遅れるのです。

作品数、使い勝手などから、dアニメストアが良いのですが、noitaminA作品を金の力でAmazonに強奪されて以降くらいから、やる気があまり感じられないのが残念です。(熱い想いをもって立ち上げた人がいなくなってしまったことも関係していそうです)

このままであると、AmazonかNetflixに覇権をとられるのも時間の問題ですかね。

そんな状況ゆえに、全作品が1つのサイトで、しかも放映後翌日には確実に見れて、しかも無料(違法ですが)というanitubeに多くのユーザーに支持されるのは致し方ないところ。

anitubeが潰されたことで、AmazonでもNetflixでも良いので、anitubeと少なくとも同じ水準で同等サービスを早く実現されることを期待するのです。その機会になる「可能性がある」ということで、今回の措置に支持します。

あ、これは国内での話しですね。

海外の日本アニメ好きも多くがanitubeにお世話になっているものと思います。これが、一気に潰されてしまうと、日本アニメの市場拡大という視点ではマイナスです。

これも、早く海外向けにanitubeに代わる海外の日本アニメ好きのためにサービスを作って欲しいところ。(これもAmazonかNetflixなのでしょうね)

法のもとで、業界のしがらみなどを超え、ユーザーにとって本当に良いアニメ配信サービスができることを期待!ってことで、こちらからは以上です。


最近、聖地巡礼系の本や論文を読みまくっているのですが、最初に読むべき本はこれです。






新年度が始まり1週間。春休みから生活ペースを戻すのに一苦労(笑)

アニメ視聴リズムもつかめないまま、ほぼ初回がで揃ったってことで、今後の方針を。

 1)ルパン三世パート5
 → 新作待ってましたよ!パチンコマネー万歳!
 ※安心のルパンクオリティ。見続けます。

2)グラゼミ
 ※落合監督の息子さん、声優の落合福嗣くんの出世作になるのですね。見続けます。

3)鬼灯の冷徹第二期その2
 ※初回は1期のテンポの良さが戻ってきた感じ。このまま続くかな。

4)銀河英雄伝説
 ※全く新しいアニメだと思って楽しむのがお作法になりそう。

5)ソードアート・オンライン オルタナティブガンゲイル・オンライン
 ※オルタナティブなので、キリトもアスナも出てこないのが寂しいですが、見続けます。

6)信長の忍び 姉川・石山編
 ※どこまで続くのかな。本能寺まで続いて欲しい。

と、以上6本は確実に見続けます。

以下は、一応初回みてから候補でした。

7)ピアノの森
 ※今日からですかね?ま、一応観ます。

8)ヲタクに恋は難しい
 ※狙いすぎな感はありますが、1話はまぁ面白かったです。

9)こみっくがーるず
 ※ぼけーっと観るには良い作品。

10)されど罪人は龍と踊る
 ※この手はお腹いっぱい。1話ぎりです。

11)ゴールデンカムイ
 ※話題になっているけど、結局観ていません。

12)奴隷区 The Animation
 ※一応もう少し観続けますが、脱落濃厚。

13)魔法少女 俺
 ※あれ?まだ観てないや。

14)鹿楓堂よついろ日和
 ※対象ではありませんでした。Aパートで切りました。

15)ウマ娘プリティーダービー
 ※余裕の1話ぎり。歴史的名馬に対する冒涜。

16)多田くんは恋をしない
 ※結局観てません。

17)重神機パンドーラ
 ※コテコテな感じですが、一応観続けます。

18)デビルズライン
 ※あれ?これも結局観てないですね。

19)ゲゲゲの鬼太郎
 ※1話だけ観ました。ゲゲゲの鬼太郎ですね。気が向いたら観ます。

20)ひそねとまそたん
 ※なんとなく名作の予感がしましたが、1話を観て、かなり名作になる予感がしました。

21)若おかみは小学生
 ※横手美智子作品にハズレ無しで、脚本は相変わらずのレベルでしたが、ま、いいかなと。
 
と、こんなところです。


新年度となり大学教員4年目突入です。今年もまだ大学にいられることになりました。

大学教員生活の徒然や研究のことをブログに書き綴っていくつもりだったのですが、気づけば案の定アニオタブログになっております。全く気にしておりませんけど。

あ、そういえばアニメをテーマに研究したいという方と知り合いまして、今年はちゃんとアニメ研究するかもしれません。

ということはさておきで、初回何を観るか検討会議です。
情報は、まいどの「うずらインフォ」さんから。(いつもありがとー)

18spv3

いつもにまして、作品数が多いような気がするのですが。。。

Sランク:これは有無も言わさず観ますよね!

0)シュタインズ・ゲート ゼロ
 → とぅっとるー!ってことで観ます。

1)ルパン三世パート5
 → 新作待ってましたよ!パチンコマネー万歳!

2)グラゼミ
 → 原作読んでいるので。どこからどこまでやるんでしょ?構成が気になるところ。

3)鬼灯の冷徹第二期その2
 → 有無も言わず観るべき作品。

4)銀河英雄伝説
 → 名作中の名作のリメイク。そのまま作るのか、アレンジがされるのか。演出が気になるところ。

5)ソードアート・オンライン オルタナティブガンゲイル・オンライン
 → 観ないわけにはいかないシリーズですから。

6)信長の忍び 姉川・石山編
 → これも好きなシリーズなので、5分枠ですがしっかり観ます。

と、ここまでは間違いなく観るもの。

以下、一応初回みてから

7)ピアノの森
 → GAINAX制作なんですね。3月のライオンの後釜ってことで。

8)ヲタクに恋は難しい
 → ノイタミナ枠ですよね、これ?まぁ観ときます。

9)こみっくがーるず
 → 芳文社枠なので。前期のスロースタートは脱落してますが一応。

10)されど罪人は龍と踊る
 → なんとなく

11)ゴールデンカムイ
 → なんとなく

12)奴隷区 The Animation
 → なんとなく

13)魔法少女 俺
 → バカアニメとして期待できるのでしょうか?中途半端なのでしょうか?期待です。

14)鹿楓堂よついろ日和
 → なんとなく

15)ウマ娘プリティーダービー
 → P.A.WORKSでなければ0話切りしてます。

16)多田くんは恋をしない
 → オリジナルなので一応

17)重神機パンドーラ
 → なんとなく名作の予感

18)デビルズライン
 → なんとなく

19)ゲゲゲの鬼太郎
 → 猫娘を観るためだけに観ます。

20)ひそねとまそたん
 → なんとなく名作の予感

21)若おかみは小学生
 → 横手美智子作品にハズレ無しと信じて

ということで、なんとなくが多いですが、スタートラインは22本。
ネトフリは契約していないので観れません。そろそろ契約しようかな。

それにしても作品数が多い。。。

造り手側は、0話ぎりさせない事前プロモーションと、1話ぎりさせない為の1話全力投球がなお一層求められることになりますね。シビアな世界。それでも今はお金が集まるのでしょう。今のうちに、業界の先々のことを見据えて動いておく必要があると思うのですが、そうした人はいるのですかね。

粗製濫造だけは勘弁ですよ。。。

ということで、今シーズンもアニメライフ楽しんでいきましょう!








今年は桜の開花が早く、大学の桜も満開になっていました。
そして、気がつくと2018年も4分の1が終わろうとしています。

ということで、大豊作だった2018冬アニメ完走作品の感想です。

三ツ星カラーズ Vol.2(イベントチケット優先販売申券) [Blu-ray]
控えめに言って最高でした。マイテリトリーである上野・御徒町(アメ横)を舞台にしているということもありますが、大変良かったです。ほのぼのとした3人の小学生の日常、温かい周囲の人、街の人たち、観ているだけで癒やされました。日常系の新たな可能性を示してくれたような気がします。



総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆☆
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

からかい上手の高木さん Vol.1(初回生産限定版) [Blu-ray]
これもまた、控えめに言って最高でした。高木さんのCV、高橋李依って素晴らしい声優さんですね。西片くんの反応やら日々の言動にちょっとヤリすぎ感はありましたが、それを補っても余りある高木さんの魅力。EDが名曲カバーってのも自分好み。横手美智子脚本作品にハズレなしです。初のオール5つ星です。

総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆☆
作画)☆☆☆☆☆
キャラデザ)☆☆☆☆☆
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆☆

ポプテピピック vol.1(DVD)
歴史に残るクソアニメでした。1社製作であるとこんなに自由があるのかと感銘を受けましたよ。是非製作側の話は聞いてみたい!ボブネミミッミの中毒性、エイサイハラマスコイおどり大好き。今後のアニメの演出や構成に一石を投じましたよね。部分的に似たような形のアニメ作品出てくると予想。

総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆☆
作画)☆☆☆☆☆
キャラデザ)☆☆☆☆☆
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆☆

「りゅうおうのおしごと! 」Blu-ray vol.1(初回限定版)
タイムリーな将棋ネタということもありますが、いつ頃アニメ化決まったんでしょうね。藤井6段の将棋ブーム発生後ですかね?そうでなくそれより前なら、プロデューサーはもってますね。幼女にJC、ツンデレにゴスロリ、お姉さまなどなど、気持ち良いほどに深夜アニメでした。これくらい振り切ってもらえると良いですね。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

宇宙よりも遠い場所 2(イベントチケット優先販売申券) [Blu-ray]
オリジナルでこの完成度は非常に稀ではないかと。完成度の主たる要因は間違いなく声優。水瀬いのり、花澤香菜、井口裕香、早見沙織の4人を主要キャストにアサインする作品は今後も出てこないのではと。そのレアリティを示すような4人のCV紹介を最後にもってくる最終回EDも秀逸。実力のある声優による声優劇でありました。コミカライズはしているようですが、これ実写映画でもイケるのではないかと。(南極ロケが費用かかりすぎるから無理かなw)それくらい完成度高いです。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆☆


ゆるキャン△ 2 [Blu-ray]
亜種日常系でした。ヤマノススメと同様自然系です。日常アニメってのは難しいこと考えずボケーッと観ても楽しめるのが良いアニメとしているのですが、まさにそれでした。キャンプしたくなります。今年は、キャンプブーム本格的に来るかもしれませんね。



総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

「ラーメン大好き小泉さん」Blu-ray Disc 上巻
 深夜の飯テロアニメ、ラーメン情報アニメでした。半分くらいは行ったことのあるお店だったかな。凪は行ったことがなく、このアニメがきっかけで行ってきました。最高でした。これも竹書房なんですね。小泉さんにつきまとう大澤悠が極めて鬱陶しいキャラでしたが、佐倉綾音がCVだったのでOKですw

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

だがしかし2 Blu-ray上巻
制作体制が変わり、作画雰囲気が若干変わったように感じましたが、総じて問題なしでした。原作も間もなく最終回ということですが、3期も是非!という感じですね。駄菓子メーカーから資金引っ張ってきて!なお、全体満足度の理由は中盤からほたるさんが居なくなってしまったことによります(笑)

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★


たくのみ。Blu-ray上巻
深夜の飯テロ、お酒情報アニメでした。15分がちょうど良い感じ。特に内容的に面白いこともないのですが、だがしかしとセットにしたのがファインプレーですね。お酒メーカーから資金調達して二期期待してます。




総合)☆☆☆★★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆★★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

博多豚骨ラーメンズ 1 ブルーレイ (初回仕様版) [Blu-ray]
 人情サスペンス物。ベタな展開、狙いは良かったけれど、内容が浅すぎて大人向けではないかなという印象。声優陣は豪華だった。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆★★★
中の人)☆☆☆☆★

恋は雨上がりのように 上(完全生産限定版) [Blu-ray]
 JKが40半ばのバツイチ子持ちのおっさんとの恋愛に生理的な嫌悪感を感じながらも、一応観ました。これは活字の方が良いですね。アニメでは描写しきれない感じ。

総合)☆☆★★★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆★★★
キャラデザ)☆☆★★★
構成・演出)☆☆★★★
中の人)☆☆★★★

刻刻 Blu-ray BOX【完全受注生産限定版】 [Blu-ray]
 3話目くらいまでで、切ろうかと思ったのですが持ち直したのですが、中盤までが若干間延びして、終盤は観る気をなくしてしまいました。構成って大切ですね。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆★★★
キャラデザ)☆☆★★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

ダーリン・イン・ザ・フランキス 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
 まだ最終回ではないのですよね?2クールですよね?制作体制が、グレンラガン、キルラキルってことで観てます。エヴァンゲリオンが主かとは思いますが、色々なロボットものの要素てんこ盛り。一度ロボットアニメの系譜を整理してみようかな。
総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

3月のライオン 6(完全生産限定版) [Blu-ray]
 2期も流石のNHKクオリティでした。零ちゃんも成長してきて、観ていて楽だった。






総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

と、こんなところで。

感想まとめていて、2018冬アニメの豊作ぶりを再確認いたしました。

先日学生たちと卒業旅行に行きまして久しぶりに国際線に乗ったのですよ。
台湾に行ったのですが、そのことはまたの機会で、今回は機内で観た映画のこと。

「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」

を観たのですが、糞アニメでした。

そういえば、糞アニメといえば、過去に「糞アニメ」とは何か?について考えたことがありました。中途半端に終わっていますが。。。

「糞アニメ」とは何ぞ?−糞アニメ考−(その1)
「糞アニメ」とは何ぞ?−糞アニメ考−(その2)

今、自分の中での「糞アニメ」とは、端的に言うと「STPが中途半端なアニメ」のことです。これはまたいつかの機会に詳細を。

「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」ですが、2017年公開の劇場版アニメです。

Wikipedia先生を確認すると、元は企画モノのテレドラマからで1992年に実写映画になっているのですね。知りませんでした。AmazonPrimeで無料で観れるようなので、近々観ます。

今回はその2017年公開された劇場版アニメ「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」です。

「散々な評価が多い」というくらいのことしか事前情報はありませんでした。

実際観て、STPが中途半端ゆえに、非深夜アニメ層にも深夜アニメ層にも評価されない、そんな作品になっていました。

「君の名は」レベルを期待した非深夜アニメ層にとっては、何がおもしろいのか?だったでしょうね。

(実際、脚本もイマイチで面白くはないのですがw)総監督は新房昭之、制作シャフトという名前からすると及第点な作品だと思うのです。しかし、それは深夜アニメ層にとって。

非深夜アニメ層にはもっと、テンポよく分かりやすい物語展開が必要なのに、そうでなかったので、「で?だから?」という作品になってしまった。主役の頭の悪い典道のヒーロー性の無さも、非深夜アニメ層にとっては鬱陶しかったでしょうね。そもそもこれは一般受けしない作品なのです。

一方で、深夜アニメ層にとっては、広瀬すず、菅田将暉のキャスティングが許せなかったでしょうね。声優としては明らかに能力不足。これが、ちゃんと実力派声優であれば深夜アニメ層からは一定の評価は得られたのではないかと。

公開劇場数、キャスティングから、一般層向けを狙ったのは明らか。しかし作品そのものは深夜アニメ層向け大変中途半端です。

これが本作品が爆死した理由。そして糞アニメと断じる理由。

であるにも関わらず、「君の名は」の大ヒットあとの公開ゆえメディアにも結構煽られ、多くの日深夜アニメ層が観てしまったのが不幸でした。


深海誠監督は劇場版アニメを積み重ね、ついに大ヒットさせた監督。新房昭之監督は、まだ深夜アニメの監督。一般狙いは今回の作品が初。今回の爆死は仕方ありません。

詳細は調べていませんが、興行成績10億は超えたのですよね?ならば、売上としては成功としてよいのではないでしょうか。かけた宣伝広告費を回収できず赤字なら失敗でしょうが。

中途半端に一般狙いにいって中途半端な作品になった糞アニメ「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」に乾杯です。

新房作品、シャフト好きとしては、これから良い一般向け作品を作ってくれることを期待するしかありません。



センター試験も無事終わりました。小規模大学は教職員総出で対応となり結構大変なんですよ。

でも、毎年受験生の真剣な様子に触れられるのは、受験生だった当時のことが懐かしく思い出され、心洗われる感じで悪くないです。

ということで、2018年冬アニメもほぼ初回出そろいましたので、簡単に方針記載しておこうかと。


<確実に観るでしょ!ランク>
1) だがしかし2
 2期、待っておりましたよ!キープコンセプトで展開されることを期待しております。
 → まさかの15分アニメ。駄菓子紹介アニメに振ってきてのかな?という初回。サヤ氏の恋に焦点当てたお話も期待しております。

2) ポプテピピック
 キャスト2人のみ!小松未可子と上坂すみれ、これは観るしか無いでしょ。
 → 斜め上いく演出。2話までは、15分×2。これはもう愛すべき糞アニメですね。

3)銀魂
 まぁ、これは「サザエさん」と同種。観る観ないを考える対象外。観る。
 → サザエさんのようなものなので。

4)ダーリン・イン・ザ・フランキス
 ん?これはキルラキルチーム再集結作品?
 → エヴァンゲリオン要素が多分に入っていました。非常に良い初回だったと思います。僕っ娘もいい感じ。期待して見続けます。

5)ヴァイオレット・エヴァーガーデン
 京アニですからね。そりゃ観ますよ。
 → まだ

<まずは観ておこうランク>
6)恋は雨上がりのように
 スピリッツ原作モノ、ノイタミナ枠、ということで一応期待。
 → 女子高生が45歳のおっさんに恋するお話なの?ノイタミナなのでまぁしばらく観ます。

7)刀使ノ巫女
 昨今の刀剣ブームにのっかった作品?爆死しそうな臭いが…
 → 結局0話切り。

8)ゆるキャン△
 ヤマノススメのようなアウトドア系。期待しときます。
 → 初回からキャンプ。なんとなく方向性は理解できました。ゆるく観続けます。

9)スロウスタート
 安心の芳文社枠。
 → 芳文社、アニメに耐えうる原作が枯渇しているのでしょうか。初回はさっぱり面白くありませんでした。

10)三ツ星カラーズ
 なんとなく名作臭がするので。
 → なんとなく名作になりそうな。舞台が地元上野ってのが良いですね。上野公園にあんな基地は作れませんよ!ってなツッコミは無しで。

11)からかい上手の高木さん
 「となりの関くん」系ですね。多分。
 → 「となりの関くん」系ですね。高木さんに惚れてしまいそうです。観続けます。

12)ラーメン大好き小泉さん
 ラーメンに対する愛が作品からどの程度出るかが成否を決めそう。
 → 2話まではメジャーなお店ばかり。全て行ったことのあるお店。今後はどうなるのでしょう。楽しみです。

13)博多豚骨ラーメンズ
 これは試されそうな作品ですね。
 → 面白いアニメ作ったる!と意気こんでコケる感じがとてもします。3話くらいまでは観ましょうかという程度。

14)デスマーチからはじまる異世界狂想曲
 大沼心監督ということで、一応。
 → 大沼監督リスペクトで1話は観ましたが、もうこの手のお話は限界でしょ。1話まったく引き込まれず。

15)BEATLESS
 水沼精二監督ということで、一応
 → 展開が唐突過ぎる感がありますが、意図的にそうしているのでしょうね。OP?ED?がClariSなので、もう少し見続けてみようと思います。


16)citrus
 一迅社枠ってことで、一応
 → Aパートで脱落。これ百合ですよね?多分。趣味ではないので。

17)伊藤潤二「コレクション」
 原作は間違いないと思われるのですが、アニメでどこまで表現出来るか期待
 → 内容的には面白いのですが、気持ち悪い。

18)宇宙よりも遠い場所
 CVの名前で一応
 → 通っている高校が桐生商業ってのに驚きました。舞台も群馬、館林駅が利用駅ということで身近感がありまくり。みます。

19)メルヘン・メドヘン
 一応
 → なんか、2000年代の雰囲気を感じる作画でありました。ちょっと妄想主人公キャラが面倒な感じで消化に悪るそう。OPがfhanaってのもあるので、観るのは辞めとく。

20)りゅうおうのおじごと!
 一応
 → ヤンデレ、ツンデレ、幼女、将棋モノ。タイミングとしては素晴らしいと思います。1話も大変リズムよく秀逸でした。観ます。


ん?あまり減ってない。。。このままの継続率だと、週20本近く観ることになるぞ。。。

ということで、こちらからは以上です。

ということで、2018冬アニメの検討です。細かな情報は何も収集していません。自身の持つ既存情報と、毎度お世話になっております「うずらインフォ」さんのまとめ画像にある情報で、初回観る作品を決めます。

18wv3

相変わらず多いですね…。
ざっと観ると2017秋以上に豊作のような。

それでは、観るものだけ。

<確実に観るでしょ!ランク>
1) だがしかし2
 2期、待っておりましたよ!キープコンセプトで展開されることを期待しております。
2) ポプテピピック
 キャスト2人のみ!小松未可子と上坂すみれ、これは観るしか無いでしょ。
3)銀魂
 まぁ、これは「サザエさん」と同種。観る観ないを考える対象外。観る。
4)ダーリン・イン・ザ・フランキス
 ん?これはキルラキルチーム再集結作品?
5)ヴァイオレット・エヴァーガーデン
 京アニですからね。そりゃ観ますよ。

<まずは観ておこうランク>
6)恋は雨上がりのように
 スピリッツ原作モノ、ノイタミナ枠、ということで一応期待。
7)刀使ノ巫女
 昨今の刀剣ブームにのっかった作品?爆死しそうな臭いが…
8)ゆるキャン△
 ヤマノススメのようなアウトドア系。期待しときます。
9)スロウスタート
 安心の芳文社枠。
10)三ツ星カラーズ
 なんとなく名作臭がするので。
11)からかい上手の高木さん
 「となりの関くん」系ですね。多分。
12)ラーメン大好き小泉さん
 ラーメンに対する愛が作品からどの程度出るかが成否を決めそう。
13)博多豚骨ラーメンズ
 これは試されそうな作品ですね。
14)デスマーチからはじまる異世界狂想曲
 大沼心監督ということで、一応。
15)BEATLESS
 水沼精二監督ということで、一応
16)citrus
 一迅社枠ってことで、一応
17)伊藤潤二「コレクション」
 原作は間違いないと思われるのですが、アニメでどこまで表現出来るか期待
18)宇宙よりも遠い場所
 CVの名前で一応
19)メルヘン・メドヘン
 一応
20)りゅうおうのおじごと!
 一応

初回は一応20作品からスタートすることにしました。

ということで、こちらからの報告は以上です。



あっという間に年末ですね。あっという間ということは充実していたということ、そんな風に思うようにしています。

ということで、2017秋アニメの感想まとめです。

はじめは意外と見る予定だったのですけどね。

豊作の期待をもってスタートしましたが、次々脱落でした。無理して見なくなったのですよね。そして閾値が下がってもいます。

【Amazon.co.jp限定】干物妹! うまるちゃんR Vol.1 (初回生産限定版)(イベントチケット優先販売申込み券付き)(先着購入特典:複製サイン入り原画ミニ色紙[サイン:田中あいみ/原画:外うまる]付)(全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
 1期が良すぎたのでしょうね。2期はターゲット絞り過ぎてつまらなくなりました。うまるちゃんと同級生の物語ということは変わらないのですが、そればかりになってしまいました。お兄ちゃんとうまるの物語が薄くなってしまった。原作もそうなので仕方ないでしょうか。そう言えば、原作の終わり方、なかなか潔かったですね。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

TVアニメ「ネト充のススメ」ディレクターズカット版Blu-ray BOX
能登さんを満喫するためだけの作品。原作販促アニメ、終わり方が極めて中途半端。アニメ完成度としてはいまいちですが、内容はラブコメでまぁまぁ良かったかな。


総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆☆

ブレンド・S 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
 安心の芳文社枠。日常系の亜種ということで。目指せWORKING!!といったところでしょうか。ただテンプレなキャラを詰め込めば良いってものではないのですよ。脚本がイマイチでした。男2人のキャラの魅力が低いのも一因かと。ま、日常系はなんにも考えずぼけぇーっと見るのがお作法ってことです。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

「鬼灯の冷徹」第弐期 Blu-ray BOX 上巻(期間限定版)
 面白くはありましたが、1期ほどは引き込まれず。1期で人気のあったキャラを中心に構成したんだろうなぁというのがよくわかります。お香さんやシロ、唐瓜、茄子の登場率高すぎで、他のキャラの印象なし。綺麗にまとめようとしすぎた感があり。もっと演出も含めて「ぶっ飛んだ」部分が散りばめられてよかったような。監督が変わったことの影響でしょうか。面白いことには違いないのですが、期待値高く持ちすぎたのでしょう。
総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

銀魂
これは継続でもあり、日曜日の18時半は「サザエさんを観る」というのと同じくらいに、放送したら見るのがお約束なので評価対象外。実写がそう言えばAmazonビデオでレンタル開始されていたような。


3月のライオン[前編]
これも継続なので、評価対象外。



ということで、今シーズン完走したのは上記6本でした。

さて、2012年冬から本格的にアニメを見始めているので、アニオタ7年目に突入となるのですね。2018年冬アニメ初回見る検討会議をしましょうかね。


ほぼ初回が一巡しまして、方針をメモしておこうかと。
→が初回見る前の方針、※が見てからの方針。

1)3月のライオン第2シーズン
 → 零ちゃんのヘタレぶりが生理的に受け付けないのですが、これからの成長に期待ってことで。
 ※ま、これは継続。
2)おそ松さん2期
 → 1期伝説の第一話を超えるスタートを切ってくれることでしょう。制作側も絶対に狙ってくるはず。
 ※やり過ぎですね。全く面白いと思えませんでした。1話切り。
3)銀魂ポロリ編
 → ポロリ編?何やるんだろ?ギャグ回多めでお願いしたいですね。
 ※これも継続。
4)Just Because! 
 → 鴨志田一の脚本・シリーズ構成なので一応
 ※いわゆる青春恋愛モノで若干おなかいっぱいですが、一応継続。
5)鬼灯の冷徹第弐期
 → 観ないわけには行きませんよね。
 ※安心のクオリティ。継続。
6)宝石の国
 → 佐倉綾音がいるので。
 ※あ、1話観てなかった…。
7)魔法使いの嫁
 → これ何かで観たことがあるような。
 ※Aパートで脱落。
8)妹さえいればいい。
 → 大沼心監督なので。
 ※Aパート見終わる前に脱落。
9)干物妹!うまるちゃんR
 → 覇権作品ですよ。
 ※若干不安を感じますが、まぁ問題なし。継続。
10)ブレンド・S
 → 芳文社枠ってことで一応
 ※安心の芳文社枠って感じでした。継続。
11)アニメガタリズ
 → 5分枠かな?
 ※アバンで脱落。
12)URAHARA
 → とりあえず
 ※Aパートで脱落。
13)僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件
 → ベタなラノベ感があるので
 ※ベタなラノベ感がたまりません。継続。
14)俺たちゃ妖怪人間
 → 杉田智和に期待ってことで
 ※あれ?まだかな?未定。
15)お酒は夫婦になってから
 → 5分枠なんでw
 ※パスって感じでした。脱落。
16)タイムボカン 逆襲の三悪人
 → 喜多村英梨に期待ってことで
 ※これもまだかな?

それ以外には、いぬやしきは、原作を少々読んでいて生理的に受け付けなかったのでOPまでで脱落。十二大戦、ねぎまは一応継続。

と、こんな感じですね。無理やり継続することなく直感的に面白いと思えるものだけで。 

↑このページのトップヘ