研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

カテゴリ: マンガ・アニメ・サブカル系

久しぶりに週末に一気観しました。オーバーロード、1期2期各13話計26話。

放映時は0話切りしていて、1期見ていないから2期も0話切りしていた作品。なのですが、周囲の何人かから「面白い」と言われたので。

20213_1_1


で、見終わっての感想は

「面白かった」でも「残念」

もっと面白い作品になっても良かったと思います。これが監督の力量なのか、脚本の力不足なのか、細かくは考察できていませんが、話がわかりにくかったり、テンポが悪かったりする部分が多くあったという印象です。

世界観や設定は面白くあったのですが、原作組には良いのかもしれませんが、世界観への誘導が弱いことと、1つ1つの物語が描写不足で浅い感じがして物語の面白さを削いでいました。

きっと原作は相当面白いのでしょうね。その面白さがアニメで表現しきれないようで残念、でも、面白かったということであります。

夏に始まる3期、楽しみにしたいと思います。

オーバーロード 2 [Blu-ray]
日野聡
KADOKAWA メディアファクトリー
2018-05-25

著作権を侵害している海賊版サイトへの接続が政府の要請によって、接続制限がされましたね。

完全にアウトなサイトであり、サイトの存在は看過できないところですが、今後法整備を進める前提での緊急回避的な措置とはいえ、これは政府による情報統制であり、強硬策に入る前に業界ができることがあったのではないか、など各方面で議論になっているのはご存知の通り。

今回狙い撃ちされた違法サイトの1つが「anitube」。アニメ好きならば、一度はお世話になっていたのではないでしょうか。

様々な立場から意見はあるようですが、自分自身は今回の措置には賛成です。これを機に、アニメ業界がさらに発展してくれればと思うのです。

anitubeは国内で放映されたアニメが、放映後数時間後にはサイトで観れるというサイトです。非常に多くの違法アップローダーたちが無償で関与しているらしいのですが、考えてみると、凄い仕組みを構築していますよね。

こうした国内アニメが全てみれるサイトを適法な形であればよいのですが、実際のところそれは存在していません。

テレビ放映を録画して観るスタイルならば、特段不便はないのでしょうけれど、ネット配信が今後主流となってくることは議論の余地はないところ、それならば、ユーザーにとって魅力あるネット配信サービスが出来てこないといけないと思うのです。

ネット配信の状況は数年前に比べると環境はかなり良くなりました。

ドコモのdアニメストア、Amazonプライム、そしてNetflixと国内アニメが観れるネット配信サービスが存在しています。(オンデマンドではないですが、abemaTVのアニメチャンネルもありますね)

1つ1つは月500円程度で使えるサービスなので、アニメが好きならば負担のかかるような金額ではないのです。なのですが、「全てのアニメ」を1つのサービスで網羅はしていないのがネックなのです。

自身は、上記3サービス全てを契約していますが、作品ごとにサービスを変えて観なければならないのはストレスになります。ついでに、ネット配信はテレビ放映から数日遅れるのです。

作品数、使い勝手などから、dアニメストアが良いのですが、noitaminA作品を金の力でAmazonに強奪されて以降くらいから、やる気があまり感じられないのが残念です。(熱い想いをもって立ち上げた人がいなくなってしまったことも関係していそうです)

このままであると、AmazonかNetflixに覇権をとられるのも時間の問題ですかね。

そんな状況ゆえに、全作品が1つのサイトで、しかも放映後翌日には確実に見れて、しかも無料(違法ですが)というanitubeに多くのユーザーに支持されるのは致し方ないところ。

anitubeが潰されたことで、AmazonでもNetflixでも良いので、anitubeと少なくとも同じ水準で同等サービスを早く実現されることを期待するのです。その機会になる「可能性がある」ということで、今回の措置に支持します。

あ、これは国内での話しですね。

海外の日本アニメ好きも多くがanitubeにお世話になっているものと思います。これが、一気に潰されてしまうと、日本アニメの市場拡大という視点ではマイナスです。

これも、早く海外向けにanitubeに代わる海外の日本アニメ好きのためにサービスを作って欲しいところ。(これもAmazonかNetflixなのでしょうね)

法のもとで、業界のしがらみなどを超え、ユーザーにとって本当に良いアニメ配信サービスができることを期待!ってことで、こちらからは以上です。


最近、聖地巡礼系の本や論文を読みまくっているのですが、最初に読むべき本はこれです。






新年度が始まり1週間。春休みから生活ペースを戻すのに一苦労(笑)

アニメ視聴リズムもつかめないまま、ほぼ初回がで揃ったってことで、今後の方針を。

 1)ルパン三世パート5
 → 新作待ってましたよ!パチンコマネー万歳!
 ※安心のルパンクオリティ。見続けます。

2)グラゼミ
 ※落合監督の息子さん、声優の落合福嗣くんの出世作になるのですね。見続けます。

3)鬼灯の冷徹第二期その2
 ※初回は1期のテンポの良さが戻ってきた感じ。このまま続くかな。

4)銀河英雄伝説
 ※全く新しいアニメだと思って楽しむのがお作法になりそう。

5)ソードアート・オンライン オルタナティブガンゲイル・オンライン
 ※オルタナティブなので、キリトもアスナも出てこないのが寂しいですが、見続けます。

6)信長の忍び 姉川・石山編
 ※どこまで続くのかな。本能寺まで続いて欲しい。

と、以上6本は確実に見続けます。

以下は、一応初回みてから候補でした。

7)ピアノの森
 ※今日からですかね?ま、一応観ます。

8)ヲタクに恋は難しい
 ※狙いすぎな感はありますが、1話はまぁ面白かったです。

9)こみっくがーるず
 ※ぼけーっと観るには良い作品。

10)されど罪人は龍と踊る
 ※この手はお腹いっぱい。1話ぎりです。

11)ゴールデンカムイ
 ※話題になっているけど、結局観ていません。

12)奴隷区 The Animation
 ※一応もう少し観続けますが、脱落濃厚。

13)魔法少女 俺
 ※あれ?まだ観てないや。

14)鹿楓堂よついろ日和
 ※対象ではありませんでした。Aパートで切りました。

15)ウマ娘プリティーダービー
 ※余裕の1話ぎり。歴史的名馬に対する冒涜。

16)多田くんは恋をしない
 ※結局観てません。

17)重神機パンドーラ
 ※コテコテな感じですが、一応観続けます。

18)デビルズライン
 ※あれ?これも結局観てないですね。

19)ゲゲゲの鬼太郎
 ※1話だけ観ました。ゲゲゲの鬼太郎ですね。気が向いたら観ます。

20)ひそねとまそたん
 ※なんとなく名作の予感がしましたが、1話を観て、かなり名作になる予感がしました。

21)若おかみは小学生
 ※横手美智子作品にハズレ無しで、脚本は相変わらずのレベルでしたが、ま、いいかなと。
 
と、こんなところです。


新年度となり大学教員4年目突入です。今年もまだ大学にいられることになりました。

大学教員生活の徒然や研究のことをブログに書き綴っていくつもりだったのですが、気づけば案の定アニオタブログになっております。全く気にしておりませんけど。

あ、そういえばアニメをテーマに研究したいという方と知り合いまして、今年はちゃんとアニメ研究するかもしれません。

ということはさておきで、初回何を観るか検討会議です。
情報は、まいどの「うずらインフォ」さんから。(いつもありがとー)

18spv3

いつもにまして、作品数が多いような気がするのですが。。。

Sランク:これは有無も言わさず観ますよね!

0)シュタインズ・ゲート ゼロ
 → とぅっとるー!ってことで観ます。

1)ルパン三世パート5
 → 新作待ってましたよ!パチンコマネー万歳!

2)グラゼミ
 → 原作読んでいるので。どこからどこまでやるんでしょ?構成が気になるところ。

3)鬼灯の冷徹第二期その2
 → 有無も言わず観るべき作品。

4)銀河英雄伝説
 → 名作中の名作のリメイク。そのまま作るのか、アレンジがされるのか。演出が気になるところ。

5)ソードアート・オンライン オルタナティブガンゲイル・オンライン
 → 観ないわけにはいかないシリーズですから。

6)信長の忍び 姉川・石山編
 → これも好きなシリーズなので、5分枠ですがしっかり観ます。

と、ここまでは間違いなく観るもの。

以下、一応初回みてから

7)ピアノの森
 → GAINAX制作なんですね。3月のライオンの後釜ってことで。

8)ヲタクに恋は難しい
 → ノイタミナ枠ですよね、これ?まぁ観ときます。

9)こみっくがーるず
 → 芳文社枠なので。前期のスロースタートは脱落してますが一応。

10)されど罪人は龍と踊る
 → なんとなく

11)ゴールデンカムイ
 → なんとなく

12)奴隷区 The Animation
 → なんとなく

13)魔法少女 俺
 → バカアニメとして期待できるのでしょうか?中途半端なのでしょうか?期待です。

14)鹿楓堂よついろ日和
 → なんとなく

15)ウマ娘プリティーダービー
 → P.A.WORKSでなければ0話切りしてます。

16)多田くんは恋をしない
 → オリジナルなので一応

17)重神機パンドーラ
 → なんとなく名作の予感

18)デビルズライン
 → なんとなく

19)ゲゲゲの鬼太郎
 → 猫娘を観るためだけに観ます。

20)ひそねとまそたん
 → なんとなく名作の予感

21)若おかみは小学生
 → 横手美智子作品にハズレ無しと信じて

ということで、なんとなくが多いですが、スタートラインは22本。
ネトフリは契約していないので観れません。そろそろ契約しようかな。

それにしても作品数が多い。。。

造り手側は、0話ぎりさせない事前プロモーションと、1話ぎりさせない為の1話全力投球がなお一層求められることになりますね。シビアな世界。それでも今はお金が集まるのでしょう。今のうちに、業界の先々のことを見据えて動いておく必要があると思うのですが、そうした人はいるのですかね。

粗製濫造だけは勘弁ですよ。。。

ということで、今シーズンもアニメライフ楽しんでいきましょう!








今年は桜の開花が早く、大学の桜も満開になっていました。
そして、気がつくと2018年も4分の1が終わろうとしています。

ということで、大豊作だった2018冬アニメ完走作品の感想です。

三ツ星カラーズ Vol.2(イベントチケット優先販売申券) [Blu-ray]
控えめに言って最高でした。マイテリトリーである上野・御徒町(アメ横)を舞台にしているということもありますが、大変良かったです。ほのぼのとした3人の小学生の日常、温かい周囲の人、街の人たち、観ているだけで癒やされました。日常系の新たな可能性を示してくれたような気がします。



総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆☆
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

からかい上手の高木さん Vol.1(初回生産限定版) [Blu-ray]
これもまた、控えめに言って最高でした。高木さんのCV、高橋李依って素晴らしい声優さんですね。西片くんの反応やら日々の言動にちょっとヤリすぎ感はありましたが、それを補っても余りある高木さんの魅力。EDが名曲カバーってのも自分好み。横手美智子脚本作品にハズレなしです。初のオール5つ星です。

総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆☆
作画)☆☆☆☆☆
キャラデザ)☆☆☆☆☆
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆☆

ポプテピピック vol.1(DVD)
歴史に残るクソアニメでした。1社製作であるとこんなに自由があるのかと感銘を受けましたよ。是非製作側の話は聞いてみたい!ボブネミミッミの中毒性、エイサイハラマスコイおどり大好き。今後のアニメの演出や構成に一石を投じましたよね。部分的に似たような形のアニメ作品出てくると予想。

総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆☆
作画)☆☆☆☆☆
キャラデザ)☆☆☆☆☆
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆☆

「りゅうおうのおしごと! 」Blu-ray vol.1(初回限定版)
タイムリーな将棋ネタということもありますが、いつ頃アニメ化決まったんでしょうね。藤井6段の将棋ブーム発生後ですかね?そうでなくそれより前なら、プロデューサーはもってますね。幼女にJC、ツンデレにゴスロリ、お姉さまなどなど、気持ち良いほどに深夜アニメでした。これくらい振り切ってもらえると良いですね。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

宇宙よりも遠い場所 2(イベントチケット優先販売申券) [Blu-ray]
オリジナルでこの完成度は非常に稀ではないかと。完成度の主たる要因は間違いなく声優。水瀬いのり、花澤香菜、井口裕香、早見沙織の4人を主要キャストにアサインする作品は今後も出てこないのではと。そのレアリティを示すような4人のCV紹介を最後にもってくる最終回EDも秀逸。実力のある声優による声優劇でありました。コミカライズはしているようですが、これ実写映画でもイケるのではないかと。(南極ロケが費用かかりすぎるから無理かなw)それくらい完成度高いです。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆☆


ゆるキャン△ 2 [Blu-ray]
亜種日常系でした。ヤマノススメと同様自然系です。日常アニメってのは難しいこと考えずボケーッと観ても楽しめるのが良いアニメとしているのですが、まさにそれでした。キャンプしたくなります。今年は、キャンプブーム本格的に来るかもしれませんね。



総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

「ラーメン大好き小泉さん」Blu-ray Disc 上巻
 深夜の飯テロアニメ、ラーメン情報アニメでした。半分くらいは行ったことのあるお店だったかな。凪は行ったことがなく、このアニメがきっかけで行ってきました。最高でした。これも竹書房なんですね。小泉さんにつきまとう大澤悠が極めて鬱陶しいキャラでしたが、佐倉綾音がCVだったのでOKですw

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

だがしかし2 Blu-ray上巻
制作体制が変わり、作画雰囲気が若干変わったように感じましたが、総じて問題なしでした。原作も間もなく最終回ということですが、3期も是非!という感じですね。駄菓子メーカーから資金引っ張ってきて!なお、全体満足度の理由は中盤からほたるさんが居なくなってしまったことによります(笑)

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★


たくのみ。Blu-ray上巻
深夜の飯テロ、お酒情報アニメでした。15分がちょうど良い感じ。特に内容的に面白いこともないのですが、だがしかしとセットにしたのがファインプレーですね。お酒メーカーから資金調達して二期期待してます。




総合)☆☆☆★★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆★★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

博多豚骨ラーメンズ 1 ブルーレイ (初回仕様版) [Blu-ray]
 人情サスペンス物。ベタな展開、狙いは良かったけれど、内容が浅すぎて大人向けではないかなという印象。声優陣は豪華だった。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆★★★
中の人)☆☆☆☆★

恋は雨上がりのように 上(完全生産限定版) [Blu-ray]
 JKが40半ばのバツイチ子持ちのおっさんとの恋愛に生理的な嫌悪感を感じながらも、一応観ました。これは活字の方が良いですね。アニメでは描写しきれない感じ。

総合)☆☆★★★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆★★★
キャラデザ)☆☆★★★
構成・演出)☆☆★★★
中の人)☆☆★★★

刻刻 Blu-ray BOX【完全受注生産限定版】 [Blu-ray]
 3話目くらいまでで、切ろうかと思ったのですが持ち直したのですが、中盤までが若干間延びして、終盤は観る気をなくしてしまいました。構成って大切ですね。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆★★★
キャラデザ)☆☆★★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

ダーリン・イン・ザ・フランキス 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
 まだ最終回ではないのですよね?2クールですよね?制作体制が、グレンラガン、キルラキルってことで観てます。エヴァンゲリオンが主かとは思いますが、色々なロボットものの要素てんこ盛り。一度ロボットアニメの系譜を整理してみようかな。
総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

3月のライオン 6(完全生産限定版) [Blu-ray]
 2期も流石のNHKクオリティでした。零ちゃんも成長してきて、観ていて楽だった。






総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

と、こんなところで。

感想まとめていて、2018冬アニメの豊作ぶりを再確認いたしました。

先日学生たちと卒業旅行に行きまして久しぶりに国際線に乗ったのですよ。
台湾に行ったのですが、そのことはまたの機会で、今回は機内で観た映画のこと。

「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」

を観たのですが、糞アニメでした。

そういえば、糞アニメといえば、過去に「糞アニメ」とは何か?について考えたことがありました。中途半端に終わっていますが。。。

「糞アニメ」とは何ぞ?−糞アニメ考−(その1)
「糞アニメ」とは何ぞ?−糞アニメ考−(その2)

今、自分の中での「糞アニメ」とは、端的に言うと「STPが中途半端なアニメ」のことです。これはまたいつかの機会に詳細を。

「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」ですが、2017年公開の劇場版アニメです。

Wikipedia先生を確認すると、元は企画モノのテレドラマからで1992年に実写映画になっているのですね。知りませんでした。AmazonPrimeで無料で観れるようなので、近々観ます。

今回はその2017年公開された劇場版アニメ「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」です。

「散々な評価が多い」というくらいのことしか事前情報はありませんでした。

実際観て、STPが中途半端ゆえに、非深夜アニメ層にも深夜アニメ層にも評価されない、そんな作品になっていました。

「君の名は」レベルを期待した非深夜アニメ層にとっては、何がおもしろいのか?だったでしょうね。

(実際、脚本もイマイチで面白くはないのですがw)総監督は新房昭之、制作シャフトという名前からすると及第点な作品だと思うのです。しかし、それは深夜アニメ層にとって。

非深夜アニメ層にはもっと、テンポよく分かりやすい物語展開が必要なのに、そうでなかったので、「で?だから?」という作品になってしまった。主役の頭の悪い典道のヒーロー性の無さも、非深夜アニメ層にとっては鬱陶しかったでしょうね。そもそもこれは一般受けしない作品なのです。

一方で、深夜アニメ層にとっては、広瀬すず、菅田将暉のキャスティングが許せなかったでしょうね。声優としては明らかに能力不足。これが、ちゃんと実力派声優であれば深夜アニメ層からは一定の評価は得られたのではないかと。

公開劇場数、キャスティングから、一般層向けを狙ったのは明らか。しかし作品そのものは深夜アニメ層向け大変中途半端です。

これが本作品が爆死した理由。そして糞アニメと断じる理由。

であるにも関わらず、「君の名は」の大ヒットあとの公開ゆえメディアにも結構煽られ、多くの日深夜アニメ層が観てしまったのが不幸でした。


深海誠監督は劇場版アニメを積み重ね、ついに大ヒットさせた監督。新房昭之監督は、まだ深夜アニメの監督。一般狙いは今回の作品が初。今回の爆死は仕方ありません。

詳細は調べていませんが、興行成績10億は超えたのですよね?ならば、売上としては成功としてよいのではないでしょうか。かけた宣伝広告費を回収できず赤字なら失敗でしょうが。

中途半端に一般狙いにいって中途半端な作品になった糞アニメ「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」に乾杯です。

新房作品、シャフト好きとしては、これから良い一般向け作品を作ってくれることを期待するしかありません。



センター試験も無事終わりました。小規模大学は教職員総出で対応となり結構大変なんですよ。

でも、毎年受験生の真剣な様子に触れられるのは、受験生だった当時のことが懐かしく思い出され、心洗われる感じで悪くないです。

ということで、2018年冬アニメもほぼ初回出そろいましたので、簡単に方針記載しておこうかと。


<確実に観るでしょ!ランク>
1) だがしかし2
 2期、待っておりましたよ!キープコンセプトで展開されることを期待しております。
 → まさかの15分アニメ。駄菓子紹介アニメに振ってきてのかな?という初回。サヤ氏の恋に焦点当てたお話も期待しております。

2) ポプテピピック
 キャスト2人のみ!小松未可子と上坂すみれ、これは観るしか無いでしょ。
 → 斜め上いく演出。2話までは、15分×2。これはもう愛すべき糞アニメですね。

3)銀魂
 まぁ、これは「サザエさん」と同種。観る観ないを考える対象外。観る。
 → サザエさんのようなものなので。

4)ダーリン・イン・ザ・フランキス
 ん?これはキルラキルチーム再集結作品?
 → エヴァンゲリオン要素が多分に入っていました。非常に良い初回だったと思います。僕っ娘もいい感じ。期待して見続けます。

5)ヴァイオレット・エヴァーガーデン
 京アニですからね。そりゃ観ますよ。
 → まだ

<まずは観ておこうランク>
6)恋は雨上がりのように
 スピリッツ原作モノ、ノイタミナ枠、ということで一応期待。
 → 女子高生が45歳のおっさんに恋するお話なの?ノイタミナなのでまぁしばらく観ます。

7)刀使ノ巫女
 昨今の刀剣ブームにのっかった作品?爆死しそうな臭いが…
 → 結局0話切り。

8)ゆるキャン△
 ヤマノススメのようなアウトドア系。期待しときます。
 → 初回からキャンプ。なんとなく方向性は理解できました。ゆるく観続けます。

9)スロウスタート
 安心の芳文社枠。
 → 芳文社、アニメに耐えうる原作が枯渇しているのでしょうか。初回はさっぱり面白くありませんでした。

10)三ツ星カラーズ
 なんとなく名作臭がするので。
 → なんとなく名作になりそうな。舞台が地元上野ってのが良いですね。上野公園にあんな基地は作れませんよ!ってなツッコミは無しで。

11)からかい上手の高木さん
 「となりの関くん」系ですね。多分。
 → 「となりの関くん」系ですね。高木さんに惚れてしまいそうです。観続けます。

12)ラーメン大好き小泉さん
 ラーメンに対する愛が作品からどの程度出るかが成否を決めそう。
 → 2話まではメジャーなお店ばかり。全て行ったことのあるお店。今後はどうなるのでしょう。楽しみです。

13)博多豚骨ラーメンズ
 これは試されそうな作品ですね。
 → 面白いアニメ作ったる!と意気こんでコケる感じがとてもします。3話くらいまでは観ましょうかという程度。

14)デスマーチからはじまる異世界狂想曲
 大沼心監督ということで、一応。
 → 大沼監督リスペクトで1話は観ましたが、もうこの手のお話は限界でしょ。1話まったく引き込まれず。

15)BEATLESS
 水沼精二監督ということで、一応
 → 展開が唐突過ぎる感がありますが、意図的にそうしているのでしょうね。OP?ED?がClariSなので、もう少し見続けてみようと思います。


16)citrus
 一迅社枠ってことで、一応
 → Aパートで脱落。これ百合ですよね?多分。趣味ではないので。

17)伊藤潤二「コレクション」
 原作は間違いないと思われるのですが、アニメでどこまで表現出来るか期待
 → 内容的には面白いのですが、気持ち悪い。

18)宇宙よりも遠い場所
 CVの名前で一応
 → 通っている高校が桐生商業ってのに驚きました。舞台も群馬、館林駅が利用駅ということで身近感がありまくり。みます。

19)メルヘン・メドヘン
 一応
 → なんか、2000年代の雰囲気を感じる作画でありました。ちょっと妄想主人公キャラが面倒な感じで消化に悪るそう。OPがfhanaってのもあるので、観るのは辞めとく。

20)りゅうおうのおじごと!
 一応
 → ヤンデレ、ツンデレ、幼女、将棋モノ。タイミングとしては素晴らしいと思います。1話も大変リズムよく秀逸でした。観ます。


ん?あまり減ってない。。。このままの継続率だと、週20本近く観ることになるぞ。。。

ということで、こちらからは以上です。

ということで、2018冬アニメの検討です。細かな情報は何も収集していません。自身の持つ既存情報と、毎度お世話になっております「うずらインフォ」さんのまとめ画像にある情報で、初回観る作品を決めます。

18wv3

相変わらず多いですね…。
ざっと観ると2017秋以上に豊作のような。

それでは、観るものだけ。

<確実に観るでしょ!ランク>
1) だがしかし2
 2期、待っておりましたよ!キープコンセプトで展開されることを期待しております。
2) ポプテピピック
 キャスト2人のみ!小松未可子と上坂すみれ、これは観るしか無いでしょ。
3)銀魂
 まぁ、これは「サザエさん」と同種。観る観ないを考える対象外。観る。
4)ダーリン・イン・ザ・フランキス
 ん?これはキルラキルチーム再集結作品?
5)ヴァイオレット・エヴァーガーデン
 京アニですからね。そりゃ観ますよ。

<まずは観ておこうランク>
6)恋は雨上がりのように
 スピリッツ原作モノ、ノイタミナ枠、ということで一応期待。
7)刀使ノ巫女
 昨今の刀剣ブームにのっかった作品?爆死しそうな臭いが…
8)ゆるキャン△
 ヤマノススメのようなアウトドア系。期待しときます。
9)スロウスタート
 安心の芳文社枠。
10)三ツ星カラーズ
 なんとなく名作臭がするので。
11)からかい上手の高木さん
 「となりの関くん」系ですね。多分。
12)ラーメン大好き小泉さん
 ラーメンに対する愛が作品からどの程度出るかが成否を決めそう。
13)博多豚骨ラーメンズ
 これは試されそうな作品ですね。
14)デスマーチからはじまる異世界狂想曲
 大沼心監督ということで、一応。
15)BEATLESS
 水沼精二監督ということで、一応
16)citrus
 一迅社枠ってことで、一応
17)伊藤潤二「コレクション」
 原作は間違いないと思われるのですが、アニメでどこまで表現出来るか期待
18)宇宙よりも遠い場所
 CVの名前で一応
19)メルヘン・メドヘン
 一応
20)りゅうおうのおじごと!
 一応

初回は一応20作品からスタートすることにしました。

ということで、こちらからの報告は以上です。



あっという間に年末ですね。あっという間ということは充実していたということ、そんな風に思うようにしています。

ということで、2017秋アニメの感想まとめです。

はじめは意外と見る予定だったのですけどね。

豊作の期待をもってスタートしましたが、次々脱落でした。無理して見なくなったのですよね。そして閾値が下がってもいます。

【Amazon.co.jp限定】干物妹! うまるちゃんR Vol.1 (初回生産限定版)(イベントチケット優先販売申込み券付き)(先着購入特典:複製サイン入り原画ミニ色紙[サイン:田中あいみ/原画:外うまる]付)(全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
 1期が良すぎたのでしょうね。2期はターゲット絞り過ぎてつまらなくなりました。うまるちゃんと同級生の物語ということは変わらないのですが、そればかりになってしまいました。お兄ちゃんとうまるの物語が薄くなってしまった。原作もそうなので仕方ないでしょうか。そう言えば、原作の終わり方、なかなか潔かったですね。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

TVアニメ「ネト充のススメ」ディレクターズカット版Blu-ray BOX
能登さんを満喫するためだけの作品。原作販促アニメ、終わり方が極めて中途半端。アニメ完成度としてはいまいちですが、内容はラブコメでまぁまぁ良かったかな。


総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆☆

ブレンド・S 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
 安心の芳文社枠。日常系の亜種ということで。目指せWORKING!!といったところでしょうか。ただテンプレなキャラを詰め込めば良いってものではないのですよ。脚本がイマイチでした。男2人のキャラの魅力が低いのも一因かと。ま、日常系はなんにも考えずぼけぇーっと見るのがお作法ってことです。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

「鬼灯の冷徹」第弐期 Blu-ray BOX 上巻(期間限定版)
 面白くはありましたが、1期ほどは引き込まれず。1期で人気のあったキャラを中心に構成したんだろうなぁというのがよくわかります。お香さんやシロ、唐瓜、茄子の登場率高すぎで、他のキャラの印象なし。綺麗にまとめようとしすぎた感があり。もっと演出も含めて「ぶっ飛んだ」部分が散りばめられてよかったような。監督が変わったことの影響でしょうか。面白いことには違いないのですが、期待値高く持ちすぎたのでしょう。
総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

銀魂
これは継続でもあり、日曜日の18時半は「サザエさんを観る」というのと同じくらいに、放送したら見るのがお約束なので評価対象外。実写がそう言えばAmazonビデオでレンタル開始されていたような。


3月のライオン[前編]
これも継続なので、評価対象外。



ということで、今シーズン完走したのは上記6本でした。

さて、2012年冬から本格的にアニメを見始めているので、アニオタ7年目に突入となるのですね。2018年冬アニメ初回見る検討会議をしましょうかね。


ほぼ初回が一巡しまして、方針をメモしておこうかと。
→が初回見る前の方針、※が見てからの方針。

1)3月のライオン第2シーズン
 → 零ちゃんのヘタレぶりが生理的に受け付けないのですが、これからの成長に期待ってことで。
 ※ま、これは継続。
2)おそ松さん2期
 → 1期伝説の第一話を超えるスタートを切ってくれることでしょう。制作側も絶対に狙ってくるはず。
 ※やり過ぎですね。全く面白いと思えませんでした。1話切り。
3)銀魂ポロリ編
 → ポロリ編?何やるんだろ?ギャグ回多めでお願いしたいですね。
 ※これも継続。
4)Just Because! 
 → 鴨志田一の脚本・シリーズ構成なので一応
 ※いわゆる青春恋愛モノで若干おなかいっぱいですが、一応継続。
5)鬼灯の冷徹第弐期
 → 観ないわけには行きませんよね。
 ※安心のクオリティ。継続。
6)宝石の国
 → 佐倉綾音がいるので。
 ※あ、1話観てなかった…。
7)魔法使いの嫁
 → これ何かで観たことがあるような。
 ※Aパートで脱落。
8)妹さえいればいい。
 → 大沼心監督なので。
 ※Aパート見終わる前に脱落。
9)干物妹!うまるちゃんR
 → 覇権作品ですよ。
 ※若干不安を感じますが、まぁ問題なし。継続。
10)ブレンド・S
 → 芳文社枠ってことで一応
 ※安心の芳文社枠って感じでした。継続。
11)アニメガタリズ
 → 5分枠かな?
 ※アバンで脱落。
12)URAHARA
 → とりあえず
 ※Aパートで脱落。
13)僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件
 → ベタなラノベ感があるので
 ※ベタなラノベ感がたまりません。継続。
14)俺たちゃ妖怪人間
 → 杉田智和に期待ってことで
 ※あれ?まだかな?未定。
15)お酒は夫婦になってから
 → 5分枠なんでw
 ※パスって感じでした。脱落。
16)タイムボカン 逆襲の三悪人
 → 喜多村英梨に期待ってことで
 ※これもまだかな?

それ以外には、いぬやしきは、原作を少々読んでいて生理的に受け付けなかったのでOPまでで脱落。十二大戦、ねぎまは一応継続。

と、こんな感じですね。無理やり継続することなく直感的に面白いと思えるものだけで。 

今日から10月ということは、10月1日ではないですか!天一の日ですね。これは仕方なしということで、天一行ってきました。

さておき、毎期「いつまでこれ続けるんだろ?」と最近思うところですが、2012年秋から深夜アニメにはまりもう5年が経過ですか…。

2017秋アニメは大豊作な感じがしておりますよ!ってことで初回観る作品選定しておきます。

2017Fall
うずらインフォさん、毎期お世話になっています。
http://uzurainfo.han-be.com/17a.html

全てにコメントするのは割愛しまして、初回観るものだけ。

1)3月のライオン第2シーズン
 → 零ちゃんのヘタレぶりが生理的に受け付けないのですが、これからの成長に期待ってことで。
2)おそ松さん2期
 → 1期伝説の第一話を超えるスタートを切ってくれることでしょう。制作側も絶対に狙ってくるはず。
3)銀魂ポロリ編
 → ポロリ編?何やるんだろ?ギャグ回多めでお願いしたいですね。
4)Just Because! 
 → 鴨志田一の脚本・シリーズ構成なので一応
5)鬼灯の冷徹第弐期
 → 観ないわけには行きませんよね。
6)宝石の国
 → 佐倉綾音がいるので。
7)魔法使いの嫁
 → これ何かで観たことがあるような。
8)妹さえいればいい。
 → 大沼心監督なので。
9)干物妹!うまるちゃんR
 → 覇権作品ですよ。
10)ブレンド・S
 → 芳文社枠ってことで一応
11)アニメガタリズ
 → 5分枠かな?
12)URAHARA
 → とりあえず
13)僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件
 → ベタなラノベ感があるので
14)俺たちゃ妖怪人間
 → 杉田智和に期待ってことで
15)お酒は夫婦になってから
 → 5分枠なんでw
16)タイムボカン 逆襲の三悪人
 → 喜多村英梨に期待ってことで

ということで16本。途中脱落するとしても10本くらいは観たいなとおもっとります。

今年も残り3ヶ月、がんばっていきましょ。

あっという間に9月も終わろうとしています。

2017夏アニメは、次々と途中脱落してしまいました。途中脱落した作品のことも完走作品への感想後に少し触れることとして、とりあえずいつもの感想まとめです。

サクラクエスト Vol.7(初回生産限定版) [Blu-ray]
「地域活性化」をテーマにしたアニメ。こういう現実的なテーマであると、リアリティを求めすぎるとアニメとして面白くないし、とはいえ現実離れした話にするわけにもいかないのですが、本作品、バランス感が非常に良かったかと思います。地域活性での「あるある」が上手く物語に組み込まれていました。地域活性化の入門的な勉強コンテンツとして使えるレベルです。さすが、仕事モノアニメの雄、P.A.Worksといったところでしょうか。
総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

サクラダリセットBlu-ray BOX4
人間ドラマにSF&謎解き要素が加味されて、「ちゃんと」観ないと(もしくは2回観ないと)楽しめない系でした。自分は、ながらで観たので、楽しみきれませんでしたが、はなざーさんの声優力は堪能させていただきました。




総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆☆

ちな、これ実写化作品もあるのですね。



少し気になります。。。

アホガール(1) (週刊少年マガジンコミックス)
久しぶりに気持ち良いバカアニメでした。短時間アニメの方が最近まとまりが良い感じがするのですが、業界的にはどうなのでしょうね。原作販促アニメに乗せられ単行本読もうと思います。

DVD発売されないのでしょうか?

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

賭ケグルイ Blu-ray 1(イベント優先先行受付申込券付)
まぁ面白かったのですが、内容だけだったら途中脱落していました。もう少しギャンブルモノであるならギャンブルの楽しさを全面に出してほしかったかな。完走できたのは、早見沙織さまの声優力を堪能するためでした。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆☆

ゲーマーズ!(1) (角川コミックス・エース)
今季イチでした。面白いと思える作品は大抵2回観るのですが、まさにそれです。三角関係(誤解含む)に目新しさは無いのですが、キャラのバランス感とテンポが絶妙。観ていて疲れないのは監督の力量ですね。最終回も無理やり最終回にしなかったところにも好感が持てました。OVAで良いので継続して欲しい!



総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆☆
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆☆
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆★

と、完走は以上5本でした。うん、だいぶアニメ廃人を脱却してきたね!(空いた時間に、過去作品を大量に観ていたのは秘密)

さ、今年もあと約3ヶ月。2017秋アニメが楽しみですぞ。

<追記>

はじめてのギャル (5)オリジナルアニメBD付き限定版 (角川コミックス・エース)
 忘れてました。これも完走していました。何となく観続けたのは、キャラデザが好みだったのと、単純な脚本でながら見していても苦にならないからであって、主人公が同じ名前だからではありません。内容は平々凡々。




総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆☆
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

ということで、完走は6本でした。

今更ながら観ました、バケモノの子。

bakemono

面白かったですよ、サマーウォーズくらいには。

面白かったですよ、おおかみこどもの雨と雪くらいには。

それくらいの面白さでした。

なんでしょうね、何かが足りないのですよ。

何かを考えてみるとですね、3作品共通して

物語の深みに欠け、展開が部分的に強引

これにつきるかな、と。
※細田守監督作品ではありますが、原作がしっかりしている、時をかける少女は別物。

テレビ放映することを想定した劇場尺で、物語のまとまりは高いと思うのです。

ですが、綺麗に展開させようとするばかり、何か深みに欠ける。世界観は面白いのに、小さくまとめるという表わせましょうか。

そして、綺麗に展開させることを意識しすぎて、部分的に強引。

そんな感じがする次第です。

いや、エンタメとしては良いですよ。1度観るには楽しめます。でも2度3度観たいと思えない。

駄作ではないのですが傑作とは思えない。

次に期待ってことで。




最近はもっぱら「輪るピングドラム」のOPEDをヘビロテしているのですが、先日、アニソン好きな学生とアニソン談義をしていた際に、トリプルHの楽曲のほとんどがカバー曲であることを知りました。

トリプルH、アニソン(キャラソン)ではあるのですが、歌詞がとても味わい深いんですよ。よくあるキャラソンとは雰囲気が違うなと思っていたのです。

Wikipedia先生によると、ARBというアーティストの楽曲のカバーであることが判明。

輪るピングドラム - Wikipedia


ARB?

こちらもWikipedia先生で確認してみました。

ARB (バンド) - Wikipedia

1977年春に結成。翌1978年にシングル「野良犬」でデビュー。1979年にアイドルとして売り出そうとした事務所と対立して独立。1980年代に入るとめんたいロックの第二世代[1]として注目を浴びる。戦争や労働者、社会の在り方などを主題においた曲を数多く発表したのが特徴であり、社会派バンドとも呼ばれた。なお、労働に関する曲は「Work Song」と呼ばれ、ARBの代名詞のひとつとなっている。
1977年結成。バンドとして今は活動はしてないようですが、ことしで40周年!!!!
歌詞の深みの理由がなんとなくわかりました。

そして、ARBの代表曲の1つである「灰色の水曜日」を聴いてみました。トリプルHとは、当然異なる雰囲気ではありますが、歌詞の良さが全面に出たとても良い曲でありましたよ。

アニソンで過去の隠れた名曲たちをカバーし、その原曲を歌うアーティストを知る。なんか良いですよね。

最近では、ローリングガールズでブルーハーツの名曲がカバーされていましたよね。名曲は誰が歌っても名曲。まったく違った良さがあります。ブルーハーツを知らない世代が知る切っ掛けになったはず。



ちょいと前には、えびてん 公立海老栖川高校天悶部のEDも毎回、過去の特撮やアニソンを含めカバーでした。「たま」のさよなら人類をカバーしてくれていたのには感動すら覚えました。

TVアニメーション「えびてん 海老栖川高校天悶部」 Character Song Album 「THE リスペクト EB10 Vol.1」
戸田山響子(CV:阿澄佳奈)/金森羽片(CV:西明日香)/戸田山泉子(CV:野水伊織)/廣松理圭(CV:村井理沙子)/野矢一樹(CV:伊瀬茉莉也)
AMG MUSIC
2012



アニメの音楽プロデューサーの腕次第のところかとは思いますが、これからもこういうカバー曲が多くなれば良いなと思う次第です。

ということで、輪るピングドラムのキャラソンアルバムと、ARBのベストアルバム買うことにしました。


 
A.R.B.THE BEST“Long,Long Way”(DVD付)
A.R.B.
ビクターエンタテインメント
2008-11-19

トータル・イクリプス、酷いアニメでした。3話目から糞臭はしはじめていたのですが、うっかり24話観てしまいました。

zabi

あえて言いいますよ、糞アニメであると。

これから観ようかと考えている人がいるならば、その時間を他のアニメに費やすことを強くおすすめします。

何が糞かって?

まずは、アニメ作品に物語が全くありません。全てが中途半端。いったい何を見せたかったのでしょうかこの作品は。

特に後半のグダグダ展開は何だったのでしょうか?監督がやる気が無いのか、脚本は素人が書いたのではないかと疑いたくなるレベル。

いつもの評価指標で星をつけてみますと以下の通りです。

総合)☆★★★★
内容)☆★★★★
作画)☆☆★★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆★★★★
中の人)☆☆☆★★

ロボットアニメ好きの素人がロボットアニメを作るとこうなります、というお手本のような作品。
関わったスタッフの皆さまご愁傷様でした。

久しぶりに糞アニメの洗礼、経験値を積ませていただきました。本経験を勝てに、心新たに次に強く行きていこうと思います。




↑このページのトップヘ