研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

カテゴリ: 年頭所感・年末雑感

年末年始の香港・マカオ旅行がとても楽しくて、まだその余韻に浸っている感じもあるのですが、日常も再開されていますし、そろそろ2020年を本スタートしなければ、というところです。

恒例の目標やらなんやらの年頭所感です。

<2020年のテーマ的なもの>

昨年に引き続き「自利利他」は人生の指針にしたいと思います。自分の幸せの追求と、人のために生きることを調和させることです。(詳細は昨年の年頭所感に)

そして、今年は「克己心」をあげておきたいと思います。
自分の好きなプロ雀士である瀬戸熊直樹さんが色紙に書かれてた言葉。

自分の弱さに流され続ける人生を送ってきた自分、これからを見据えると今年は自らを鍛える1年にしなければならないと思っているのです。仕事もカラダも研究も。

某サイトに「克己心の強い人」の13の特徴・共通点というものがありました。
某サイトというはこちらです → https://spicomi.net/media/articles/1303

項目を引用します。
1. 規則正しい生活をしている
2. 食事に気を使っている
3. 計画的に行動できる
4. 努力を継続できる
5. 困難に負けない根性がある
6. 妥協しない
7. 先延ばしにしない
8. 向上心が強い
9. 約束はきちんと守る
10. 素直な性格をしている
11. 取捨選択ができる
12. チャレンジ精神たっぷり
13. 自己肯定感が高い
一方で、「克己心の弱い人」の特徴・共通点は以下となっています。

1. 時間にルーズ
2. 喜怒哀楽が激しい
3. 気分で行動する
4. ダラダラと夜更かしする
5. 不健康な体型が多い
6. 三日坊主を繰り返す
7. 苦しいことが嫌い
8. 娯楽最優先
9. お金の計算が苦手
10. 衝動買いするクセがある
11. 危機感がない
12. 想像力がない
13. 他力本願

項目を自分に当てはめてみると、強いともいえるし弱いとも言える微妙なところですが、「強い」方の生き方を目指したいところなので、「強い」「弱い」それぞれの項目を意識していきたいと思う次第です。

ついでに、その某サイトには「克己心を鍛える・養う方法」もありまして、これも良いリストなので引用させてもらいます。
1. 目標を持つ
2. 目標を達成するために細かく計画を立てる
3. 小さな成功を積み重ねる
4. 厳選したルールを作って守る
5. 人間関係を広げてさまざまな価値観に触れる
6. 目標となる人物を身近で探す
7. 新しい取り組みにチャレンジする
8. すぐやるクセをつける
9. やるべきことは無心で取り組む
10. アナウンスして周囲を巻き込む
11. 誘惑の対象を遠ざける
簡単そうで簡単じゃない項目ばかりですね。「克己心を鍛える2020年」にします。

前置きが長くなりました。以下はカテゴリーごとの目標やらなんやらです。

<大学>
 6年目になります。脱マンネリです。
 □担当科目について質の向上(毎回必ず新ネタ・スライドを入れる)
 □同業の先生の講義を聴講させてもらう、最低4人。(セルフFD研究会)
 □地域活性化の活動、具体的なビジネス成果をあげる。※詳細割愛
 □主宰する研究会の起承転結の「承」※詳細割愛
 
<研究>
 博士後期課程も3月で満期退学。もう甘えてられませんね…。

 □アニメに関する研究ノート1本
 □麻雀に関する研究ノート1本
 □ブランド提携、レビュー論文1本
 □学会発表1回
 □地域活性化に関する研究ノート1本

<仕事>
 実ビジネスにはこれからも関わり続けていきたいと思います。詳細は割愛しますが、新たな仕事は追わず、現在お手伝いしている企業をしっかり支援をして成果を出す(これの判定指標は支援が継続することで測ります)
 
<読書>
 2019年はインプットが足りませんでした。マーケティング、ブランド、経済学、行動経済学、社会学をキーワードに読書。

 □月10冊、購入(新刊だけでなく、月1でブックオフに行って仕入れも)
 □月2冊、精読
 □月8冊、速読
 
<家庭>
 積極的かつ発展的な現状維持で。詳細は割愛。

<健康>
 昨年体重が80キロを超えてから、安定してしまいました。駄目です。克己心です。 

 □75キロ、体脂肪20%
 □毎日1分筋トレ(三日坊主上等!三日坊主も100回やれば300日の精神で)
 □週10キロのランニングまたはウォーキング(ドラクエウォークで達成する)
 □24時以降の炭水化物は食べない。
 □12時間ダイエット生活

<趣味>
 今年も昨年に引き続きゴルフと麻雀にハマってみたいと思います。

 □年間平均アベレージ100切り。ベストスコア85。
 □麻雀年間収支プラス
 □海外旅行する

と、細かなことは手元にて行うとして、ブログにはこの程度にしておきます。
自分の成長のために、自分を信じて努力していきたいと思います。

令和2年1月8日
中谷淳一

年末年始、香港・マカオに旅行に行ってきました。
2020年になってしまいましたが、2019年の振り返りを年初の目標やら方針に沿って。

2019年は「自利利他」をテーマにしていましたが、どうだったかな。自分の幸せは追求したつもりだけれど、他者のためにということに対して意識的に努力できたかと言えば努力できていませんでした。

<大学>
まぁ、これが本業ですから、相応に頑張りました。年初の目標も総じて達成。

<研究>
はい、すみません。すべて未達です。

<仕事>
新しい仕事も始まり、大変充実しました。
 
<読書>
読書量は大変落ちました。
 
<家庭>
目標通りです。詳細割愛。

<健康>
目標すべて未達。目標達成意識がありませんでした。
そして太りました。安定的に80キロオーバーです。ダメダメです。

<趣味>
ゴルフでアベレージ100ぎりのみ達成できませんでしたが、他は達成。

<その他・禁忌事項など>
だいぶ意識はできましたが、まだまだでした。

<今年買おうかなリスト>
ノートパソコン購入は達成。他は先送りしました。



知人と共通フォーマットを使い、振り返りを持ち寄っての忘年会ということをしまして、その時作成したものを貼り付けておきたいと思います。このフォーマットは良かったので、今後も使っていこうと思います。
振り返り

ということで、以上、2019年の振り返りでした。



あけましておめでとうございます。元日は奈良春日大社への初詣に始まり、2日から実家からの4日は初打ちでゴルフでした。5日は旧友と新年会からの、麻雀初打ち(大敗)ということで、正月は終了し、月曜日から通常営業に戻っています。

年明けから2019年「100のやること」を思いつくたびに書き残しているのですが、まだ30程度にしかなっていません。それはさておき、毎年恒例の年頭所感を書き残しておきたいと思います。

<2019年のテーマ的なもの>

「自利利他」
仏教の修行者や求道者がみずから修行を積んで自身がその結果を得るものを自利といい,もっぱら部派仏教の修行者の場合をいう。これに対し,生きとし生けるものの救済のために実践するのを利他といい,自利と利他との完全な調和に大乗仏教の目的がある。
APUの学長をしている出口さんがよく言葉にされている「人間、誰しもちょぼちょぼ」「人は世の中を良くするサブシステム」ってのがここ数年の生き方の指針になっています。

自分の出来る、自分の信じる、目の前にある「世のために人のためになること」に一生懸命に生きようと思う次第。

その時、「世のため人のため」というのは、まずは「自分が幸せ」でなければならないと思うのです。自己犠牲が美徳と言われますが、自分は自分が犠牲になっては、それは本質的ではないと。

そんなときに、「自利利他」という言葉がしっくり来たのです。正式な解釈は上記の通りですが、これを自己流に解釈し、

「『自分の幸せの追求』と『自分以外の人のために生きる』を調和させる。」

こう定義して、これを本年のテーマに決めました。

「自らの幸せの追求」だけでもダメ、「他者のために」だけもダメということです。

テーマ的なものは以上で、以下は各ジャンルごとに詳細な目標。

<大学>
 春から大学教員5年目突入。マンネリ化しないよう高みの追求そして新しいことへのチャレンジを心がけます。
 □地域活性化の活動(S市)継続
 □地域活性化の活動(T県)新規
 □マーケティング機Ν供内容リニューアル
 □マーケティング基礎機Ν尭睛導判
 □事業計画論、内容リニューアル
 □社会起業論、内容リニューアル
 □広告論、内容リニューアル
 □ブランド論、内容リニューアル

<研究>
 ほんと、そろそろ研究業績増やしていかないと。。。

 □アニメに関する研究ノート1本
 □麻雀に関する研究ノート1本
 □ブランド提携、レビュー論文1本
 □学会発表1回
 □地域活性化に関する研究ノート1本

<仕事>
 実ビジネスにはこれからも関わり続けていきたいと思います。
 □研修仕事4本
 □企業支援2社 
 
<読書>
 マーケティング、ブランド、経済学、行動経済学、社会学をキーワードに読書。
 □月10冊、購入
 □月2冊、精読
 □月8冊、速読
 
<家庭>
 積極的な現状維持で。詳細は割愛。

<健康>
 昨年後半はカラダのことを全く考えない食生活に、運動もサボっておりました。今年は必ずや実現。

 □75キロ、体脂肪18%
 □毎日5分筋トレ(三日坊主上等!三日坊主も100回やれば300日の精神で)
 □週10キロのランニングまたはウォーキング
 □適度に糖質制限。夜中の炭水化物厳禁(でも飲んだあとのラーメンは時々許すw)
 □12時間ダイエット生活

<趣味>
 今年も昨年に引き続きゴルフと麻雀にハマってみたいと思います。

 □ゴルフ90切り達成!年間平均アベレージ100切り。10回は行きたいな。
 □自分がどれくらい麻雀が出来るのか確かめる(プロ試験受けてみる)
 □海外旅行する

<その他・禁忌事項など>

 □2ヶ月に1度は実家に顔出す
 □ペットボトル飲み残さない
 □無駄遣い、浪費しない

<今年買おうかなリスト>
 買おうと思えばすぐに買うこともできるのですが、踏み切れないものもありまして。

 □研究室用のスピーカー(BOSEかJBLかSONY)
 □ノートパソコン
 □テレビ(モニター的に)
 □仕事用カバン

こんなところですかね。1月中に追記するかもしれませんが年頭所感ということで。

平成31年1月8日
中谷淳一

大晦日は奈良に来ています。東大寺で除夜の鐘をつくために。

本厄の今年、あっと言う間なことは相変わらずですが、大過なく過ごすことができた1年でした。

除夜の鐘までホテルで紅白みながら恒例の年末雑感、年始の目標的なものに即して振り返ってみたいと思います。

<本年のテーマ的なもの>について
 
 「No Risk, No Fun」

リスクを楽しむくらいなチャレンジの多い1年にしようと思っていました。小さなチャレンジはあったものの、大きなチャレンジは特になく総じて穏やか1年であったかと。

本厄でしたが、健康で大過なく1年を過ごせたことに感謝です。

<大学>
 
 年初に2019年3月で契約期間が終わることから、それ以降のことを決めることを大項目として決めていましたが、なんと、准教授に昇任されテニュアになってしまいました。

 ということで、もうしばらく今の大学にいることにしました。

□ マーケティング機Ν兇虜胴獣曄米睛討悩遒蠶召后
 → マイナーチェンジに留まってしまいました。講義ネタを常に新しくしていく努力は継続していかないと、です。

□ S市と産官学連携による地域活性の取り組み実現
 → 達成。
□ K町との産官学連携による地域活性化の取り組みを一旦終わらせ、新しい地域で活動
 → K町は継続となり、新しい地域が追加され、特に夏休みは毎週学生たちとあちこち行きまくりでした。
□ 地域活性化に取り組む体制を構築
 → 新入生メンバーを加え体制的には当面の活動には目処はたちました。 
□ 社会人向け講座の実現
 → 2019年度に先送りです。
□ 講義内容の動画配信
□ 講義投影資料の共有
 → 2019年度に先送り。
□ 卒論指導2回目、妥協せず高いレベルで指導実現
 → 昨年度よりはレベルアップしましたが、まだまだ満足できるレベルではなく継続努力事項。

□ 麻雀同好会月1回は参戦
 → 多分達成してるはず。ほとんどのメンバーが卒業してしまうので、来年度以降の活動継続がどうするのか顧問としては気がかり。

<研究>
 復学して授業料は払っているのに相変わらず研究しない1年でした。
 
□ 早稲田大学商学紀要に論文を!ブランド提携のレビューでいく。(4月)
 → 未達。
□ 商品開発管理学会で発表(多分3月)ブランド提携。調査を2月に。
 → 未達。
□ 日本マーケティング学会にて今年こそ報告
 → ポスター発表ですが、達成。
□ 学内紀要1本(アニメと地域活性化)
 → 産官学による地域活性の取り組みについて研究ノート書きました。
□ ペヤング(即席麺)の商品開発を研究
 → 未達。来年こそは。

<仕事> 
 大学の仕事をメインとしながら、実務に関われることに、とても価値を感じています。

□ T社のマーケティング支援でラストイヤーとする
 → ラストイヤーになるかな?新しい取り組みが続くかも。
□ I社の2019年3月の経営目標達成させる!
 → 2020年3月に先送り。
□ 群馬県内の会社を1社支援したい!
 → 未達。地元企業経営者との接点をもうすこし増やしていかないといけませんね。
□ 研修の仕事を4本
 → 2本やりました。

<読書>
 今年一番は「ブランディングの科学」でした。

□ 精読は月に4冊(目を通すレベルでは10冊)
 → 精読は1冊程度。

<家庭>
 → 割愛

<健康>
 ランニングも筋トレもサボり続け、気がつけば人生マックス体重更新中…。

□ 75キロ、体脂肪18%
□ 週1トレーニングルームでの筋トレ
□ 毎日5分筋トレ
□ 週10キロのランニングまたはウォーキング
□ 揚げ物徹底的に控える。夜中の炭水化物厳禁
□ 1日1.5食
 → 全て未達!!ありがとー!

<趣味>
 ゴルフに加え、秋から麻雀にハマりました。

□ 6回ゴルフ。100切りそして90切り
 → 12回。平均101。ベスト93、ワースト116。90は切れず。
□ 海外旅行いく
 → 学生たちと卒業旅行で台湾に行ってきました。
□ ブログでの情報発信(週1回)
 → アニメネタばかりでした。
□ インスタをもっと使う。
 → 意外と使いました。
□ Facebook新しく100人は知り合いになる
 → 100人は増えてないですね。積極的には新しい人には会わなかったかも。
□ Twitterフォロワー1000人
 → Twitterは積極的に使うようにしましたが、フォロワーはあまり積極的には追わず。
□ メディアに露出する(地元紙、地元FM、地元TVから)
 → 地元紙のみ。

<貯蓄・投資>
 → 投資は再開せずですが、財務的にはほぼ計画通り。

□ 投資再開

と、こんなところです。

公私で大きなストレスもなく好きなように日々を過ごすことが出来た1年だったかと。

ただ、それは大きな変化がなかったということでもあります。安定ではなく自分の成長につながるチャレンジを貪欲に求めていかねばと、1年を振り返りながら感じている次第です。

ということで、

来年も皆さま、相変わらずに相変わらずではあると思いますが、相変わらずによろしくお願い致します。

2018年12月31日 奈良にて
中谷淳一

あっという間に成人式も終わり、明日から営業開始。
元日浅草寺で引いたおみくじは「第三十二 吉」でした。内容は「努力しろ」とのことでしたよ。

ということで、毎年恒例の年頭所感を書いておこうと思います。

<本年のテーマ的なもの>
 
 「No Risk, No Fun」

 昨年、NHKプロフェッショナル仕事の流儀のヴァイオリニスト樫本大進さんが信念としている「リスクを楽しめ」「No risk, No fun」が妙に心に響きまして、今年の自身のコンセプトにすることにしました。
 出来ることをして楽しむことで満足せず、積極的にリスクを取りにいき、そのリターンにより得られる楽しみを求めていきたいと思う次第です。

 あと、本厄らしいです。自分のためではなく周囲の人のために厄払いに行くようにします。
 40歳、健康も仕事も家庭もこれから20年、60歳を見据えた1年にしたいと思います。

ということで、各項目について徒然に目標的なところを。

<大学>
 4月で4年目になります。契約的には最終年。契約継続になるのか終わるのか判りません。そんな自分ではどうしようもないことを気にしても仕方ありません。残りたいのか、次に行くのか、それを4月までにはっきりさせて、「次にいく」決断を下ならば、次の大学探しですね。
 学務、教務については自信がありますが、「研究」がさっぱりなので移籍は容易ではないでしょう。となると、実務に戻る選択肢も持っておく必要があるかなと。
 ま、そんなおとを思いながらも目の前の学生のために、精一杯出来ることをしたいと思います。

□ マーケティング機Ν兇虜胴獣曄米睛討悩遒蠶召后
□ S市と産官学連携による地域活性の取り組み実現
□ K町との産官学連携による地域活性化の取り組みを一旦終わらせ、新しい地域で活動
□ 地域活性化に取り組む体制を構築
□ 社会人向け講座の実現
□ 講義内容の動画配信
□ 講義投影資料の共有
□ 卒論指導2回目、妥協せず高いレベルで指導実現

□ 麻雀同好会月1回は参戦

<研究>
 相変わらず研究しない大学教員を続けています。今年のおみくじの結果はつまり「研究しろ」ということだと理解しています。
 3年間の休学のカードも使い果たしましたので、4月から早稲田大学大学院も復学します。
 自分は「何の研究者・専門家」なのか、それをはっきりさせたいです。専門領域を地域活性化、ブランド、マーケティング、中小企業経営戦略としていますが、そろそろ絞らないといけないですかね。
 
□ 早稲田大学商学紀要に論文を!ブランド提携のレビューでいく。(4月)
□ 商品開発管理学会で発表(多分3月)ブランド提携。調査を2月に。
□ 日本マーケティング学会にて今年こそ報告
□ 学内紀要1本(アニメと地域活性化)
□ ペヤング(即席麺)の商品開発を研究

<仕事> 
 お世話になっている企業に恩返しの1年に。

□ T社のマーケティング支援でラストイヤーとする
□ I社の2019年3月の経営目標達成させる!
□ 群馬県内の会社を1社支援したい!
□ 研修の仕事を4本

<読書>
 興味関心の分野は読みますが、今年は「地域活性化」「ブランド」「マーケティング」の本を改めて読み込んでいきます。

□ 精読は月に4冊(目を通すレベルでは10冊)

<家庭>
 次の20年を見据えて今年こそちゃんとします。詳細割愛

<健康>
 昨年後半からいい加減な食生活と運動しない生活が。。。
 健康な体づくりします。

□ 75キロ、体脂肪18%
□ 週1トレーニングルームでの筋トレ
□ 毎日5分筋トレ
□ 週10キロのランニングまたはウォーキング
□ 揚げ物徹底的に控える。夜中の炭水化物厳禁
□ 1日1.5食

<趣味>
 趣味は仕事というのはいかがかと思いますが、仕事が楽しいのだから仕方ないです。

□ 6回ゴルフ。100切りそして90切り
□ 海外旅行いく
□ ブログでの情報発信(週1回)
□ インスタをもっと使う。
□ Facebook新しく100人は知り合いになる
□ Twitterフォロワー1000人
□ メディアに露出する(地元紙、地元FM、地元TVから)

<貯蓄・投資>
 そろそろちゃんと考えないと。

□ 投資再開

と、こんなところで。

今年もきっとあっという間に過ぎる1年になることでしょう。

自分の幸せの追求がきっと周囲も幸せにつながる、そんな気持ちで毎日を一生懸命楽しく、ストレス無く楽しく生きたいともう次第です。

本年も皆さま、相変わらずに相変わらずではあると思いますが、相変わらずによろしくお願い致します。

2018年1月9日
中谷淳一

2017年も残り1日となりました。

なんだか例年以上に年末感の無い年末なのですが、それでも街の雰囲気に触れるたびに否応なく年末を感じるわけです。

そして、1年を振り返ることで、さらに年末を感じることにしたいと思います。

年始にたてた本年の目標やら方針はこんな感じでした。

それでは、各項目ごとに振り返ってみます。

<大学>
3年目、群馬県からの委託事業で神流町での地域活性化、そして新たに夏期集中科目で渋川市でのフィールドワークと、「地域活性化」に取り組む1年でした。「中小企業の活性化が日本経済の活性化につながる」という考えのもと、大学教員の立場からでマーケティング視点で地域活性化に取り組んでいきたいと考えてきましたが、3年目でよりそれが具体的になってきた実感が持てました。

学務では、オープンキャンパスの責任者として、大学経営の基盤となる「学生募集」に携わりました。この経験を通じ、大学経営と企業経営に相違は無いと確信が持てました。マーケティング志向で、今後も大学経営に関わる学務に携わっていきたいと思う次第です。

年始の目標の達成度は以下の通り

□マーケティング基礎で講義ノートを作る
  → これは達成。新たに開講した「ブランド論」「広告論」「事業計画論」「社会起業論」でも毎回のノートを準備しました。概ね学生の評価も良いようです。
□教育手法・スキルに関連する本を5冊読む
  → これは未達。もっと講義力を高めていかないと。
□やま・さと応縁隊、2年目継続と、例のアレを商品化
  → 紆余曲折はありましたが、商品化の目処がつきました。1月には製造予定。
□高大連携、生徒たちを関東大会に!例のアレを商品化
  → 未達。非常に僅差で関東大会出場は叶わず。自分の無力さを知ることに。今後の大きな糧になりました。
□プロジェクト研究・卒論の推進プログラムを作り運用(ゼミ運営レベルの向上)
  → 2回目のプロジェクト研究は、不完全燃焼。初めての卒論指導は、なんとか乗り切った感じ。推進プログラムまでは作成しませんでした。もっと学生の成長につながる指導力をつけないと。
□麻雀同好会に月1は参戦
  → 多分達成。今年も学生たちと楽しめて幸せでした。
□地域活性化支援を新たに1地域追加
  → 渋川市との連携を実現。これは継続していきたいと思っています。
□地元企業との共同プロジェクトを1つ。
  → 実現したいことがあったのですが、全く手が回らず。

<研究>
 久しぶりに11月に学会発表はしましたが、その他はさっぱり。研究ネタはたくさんあるのですが…。年末年始に学内紀要を2本書き上げたいと思っています。
  
□早稲田大学商学紀要1本
  → 未達。来年度から復学するので、否応なく。
□学会発表1回
  → 商品開発・管理学会の全国大会で発表してきました。ブランド提携をテーマにして。
□関東学園大学紀要1本
  → 年末年始に2本書きます。「地域活性化」と「幼児教育」について。
□マーケティング学会論文投稿
  → エントリーはしたのですが、断念。
□地域マーケティング研究会参加する(関連研究者と繋がる)
  → 来年こそは。
□アニメ研究で研究ノート1本
  → 来年こそは。研究計画をちゃんと立てないと。

<仕事> 
  思いのほか大学の仕事が増えて昨年に比べると、仕事に費やす時間が減ってしまった1年。それでも、新しい取り組みもありました。実ビジネスに関わり続けることが出来てありがたいことです。

□現状クライアントで***万円
  → 達成。ありがたし。
□スポットの仕事を3本で**万円
  → リクルートさんとのイベントを2回。ありがたし。
□地元企業を新たに支援
  → これには手が回らず。

<読書>
 社会学系の本が多かったような印象です。「勉強の哲学」が今年のベストだったかな。必要に迫られて読む本は読んだものの、もっと自分自身の知識教養を広げるための本を読まないといけませんね。

□月4冊の読書
 → ざっと読むものも含めれば100冊程度は読んでいますが、ちゃんと精読した本は20冊程度。

<家庭>
 いろいろありますが、結局何も動き出せなかったな、と。

<健康>
 年前半はトレーニングも習慣化したのですが、後半は失速。大病もせず1年を過ごすことはできましたが、年末に寝ると背中が痛くなる問題が発生し、それがまだ解決していません。40歳となると身体にガタがくると言われていますよね、一層留意していかないと。

□週1日40分の筋トレ
 → 年前半は達成していましたが、8月以降はサボってました…
□週10キロのランニング
 → これも前半は達成。後半は未達。
□水1日1リットル
 → コーヒーばっかり飲んでいました…
□摂取カロリーは2,000kcal
 → 一時期は糖質制限もカロリー制限もしましたが、気づけば食べたいモノ食べまくり。しかも炭水化物中心。
□サプリ飲み忘れないこと(栄養バランスはサプリ頼み)
 → ミネラル系は摂取。ビタミンは不足していますね。
□ラーメン/甘いもの食べすぎない(デブNG)
 → デブ活ばかりでした。

<趣味>
 日々の大学の仕事が趣味みたいなものなので、新たにということは特になく。ゴルフはもっと行きたかったな。
□ゴルフ100切りもう一度
 → 達成。両親とのゴルフでは未だ100切り出来ず。

以上、1年を振り返ってみると、大学と仕事と読書は甘めではありますが◯、家庭と健康面ば✕、趣味は△というところでしょうか。


40歳となった2017年、たくさんの人のおかげで良い1年だったと思います。

来年も仕事中心にしながら、引き続き自分のこれから20年先を見据え、日々楽しいストレスの無い毎日を過ごしていきたいと思う次第です。

今年の大晦日は京都の知恩院で除夜の鐘を聴くために並んでます。1時間以上並ぶことになるので、その時間を使って2016年の振り返りを。
〈仕事〉
大学教員2年目。

やま・さと応縁隊という県からの委託事業と、高大連携で桐商との2つで地域活性化に関わるとともに、学生たちと密に関われたこと、そして、初の3年ゼミも持ったことが新しい経験でした。

それぞれ指導方針や関わり方に悩むこともありましたが、自身の成長につなげられたかと。

教員以外の仕事については、思いのほか大学業務に時間をとられ、新しく仕事を広げられなかったことは反省点。

〈研究〉
これは2016年壊滅

地域マーケティングについての実務経験は今後訳にたちそう。ブランド、中小企業経営についてはまとめきれず。

論文執筆は途中から棚上げしていました。

来年は早稲田大学博士課程に復学して研究業績つみあげないと。

〈読書〉
夏場ペースが落ちましたが、約50冊は読めてるので予定通り。分野を広げるつもりが、結局マーケティング・ビジネス本ばかりになったことは反省。

〈家庭〉

この項目はブログでは割愛。色々ありました。

〈健康〉
年初に2年ぶりくらいに群発頭痛を発症した以外は、ありがたいことに病気もなく過ごせました。

無病息災が何よりも貴重に感じる年頃です。

生活リズムが変わり食生活は壊滅的。コンビニ食、外食大杉な生活をなんとかしないといけないですね。

筋トレランニングが一年継続できず反省。

そんなことで、年末モードな生活で今現在、かなり太ってます…。

〈プライベート〉
年明けに右小指脱臼のアクシデントでゴルフ、フットサルできず。ゴルフの目標スコアは当然クリアできず。

続いていたボウリングも今年は途絶えてしまいました。



と、項目ごとにはこんなところで。

年始に20年先がイメージできず、今年一年をかけてこれからのことを考えるとしていました。

振り返ってみると、結果、人生を考えさせられる出来事が沢山起きた2016年になりました。

結論は出せていないことも多いのですが、都度悩み考えることは、自身忘れていた感情や欲求と向き合うこと、自分の人間としての未熟さとも向き合う結果となりました。

40歳を前にし、色々人生き惑うことが出来たことは良かったと思う次第です。

沢山の人たちのおかげで、2016年も幸せな一年でした。
みなさん、ありがとうございました!

珍しく年末年始を自宅で過ごさなかったためか、正月を実感できないまま三が日が終わろうとしております。それでも約一週間の休みということもあり、ゆっくり過ごすことができた感じがします。

正月最終日の本日、1日かけてこれから10年、20年のことに思いを巡らせましたのですが、20年後の自分が思いの外、イメージがつかず如何したものかと...。とりあえず2016年は20年後の自分をイメージすることを意識して日々を過ごしたいと思う次第です。 

20年先のことは一旦置いておき、毎年恒例の年頭所感。今年、2016年のことを書き残しておきたいと思います。

<仕事>
想定していたよりも3年も早く大学教員になることが出来ました。1年目の2015年は兎に角目の前の講義に全力。2年目となる今年は、講義のみならず、「大学教員になったら実現したかったこと」に着手したいと思います。中心はあくまで大学としつつ、でもそれだけの収入では生活が困窮しそうなので大学以外の仕事も継続。今お世話になっている先は2016年で完結できるよう最後の御奉公をし、その後は大学との相乗効果のある仕事が出来るよう、その布石を打つ1年にしたいと思います。詳細は割愛。

<研究>
浅草神社でおみくじを引いたところ、学問「基礎を見直し勉学せよ」とありました。早稲田MBA時代の貯金で何とかしてきましたが、そろそろの貯金も底が尽きそうです。

「教員としての業務があるので」というエクスキューズを使い、結局2015年もホトンド研究せず論文書かず。今年こそは!ということで、

□ 査読付き論文(1本) → 早稲田の紀要に出す!
□ 研究ノート(2本) → 商品開発管理学会/日本マーケティング学会
□ 学会発表(2本) → 商品開発管理学会/日本マーケティング学会

これで!研究テーマは、相変わらずブランド提携についてと、今年から「地域とマーケティング」について研究を始めます。それとアニメについても少々。

<読書>
月4冊くらいのペースがちょうど良いところで、今年もそれは継続なのですが、マーケティング系経営系の本に偏りがちなので、今年は月4〜5冊のうち、1冊は古典や哲学系、1冊は学生に勧めたい本探しのため割り当てたいと思います。移動時間スマホを弄るのを控え、読書にあてないと。

□ 月5冊(ちゃんと読書記録をつける)
□ 毎日30分の読書タイム(移動時間有効活用)

あ、そう言えば早稲田の図書館から借りた本、借りっぱなしだ...。

<健康・カラダ改造>
これから20年、常に10歳若い見た目、体力、体型、健康を維持していかねばと思う次第。加齢に華麗に抗いたいと思います。大学生活をしていると、どうしてもコンビニ食生活となりがちなので、栄養バランスには特に留意したいと思うわけです。

□ 1日1リットルの「水」
□ 月50キロのランニング
□ 週1の筋トレ
□ 夜は炭水化物を控える(飲んだ時のラーメンはノーカウント)
□ 体重75キロ、体脂肪率15%キープ

<家庭>
平日は大学近くにいるため自宅に帰らない生活が続きます。週末いずれか1日は自宅にいられるように調整し家事もちゃんとしないとと思う次第です。身の回りのものを限りなく減らしシンプルな生活をしていきたいなと。

<プライベート>
ゴルフは90切り、年間アベレージ100切り、ボウリングは自己ベスト(222)更新、月1のフットサルorソサイチ参加を目指します。アニメはそろそろホント減らしていかないと...(去年も同じこと言ってましたね)

ブログゆえ細かくは書きませんが、久しぶりにライフプランをしっかり更新しました。今年1年の目標もかなり鮮明です。40歳まであと2年。将来を見据え、今年は地に足つけて可能性を広げるための蓄積の1年にしていきたいと思います。

周囲の幸せにするためには、まず自分自身が幸せでなければならない。だから自分が幸せになる努力を最優先する。そのためには、まずは自分が頑張る、努力する。自分に厳しく、他人に優しく。

そんなところで、以上、2016年年頭所感といたします。
本年もよろしくお願いいたします。
 

例年に無く年末感を感じている2015年です。あっという間にも感じますが、2015年は大きな変化の1年でした。
毎年恒例の1年の振り返りをしておきたいと思います。

 
<研究>
<仕事>
 

2015年年始に「30代残り3年、次の10年の道筋を付けないと。詳細は割愛」と記載していましたが、それは「次の10年、大学教員として生きる」ために3年を過ごすことでした。そのために、「2015年研究業績を積み上げ、2016年非常勤講師を経験し、2017年4月から大学教員の職を得る」、そんな青写真でした。

ところが、その「大学教員としての職」は、3年前倒しで実現してしまいました。願っていたら叶ってしまう、人生とは不思議なものです。

大学教員になるために研究に本腰を入れると掲げていましたが、日本マーケティング学会に抄訳論文を1本投稿したまで。自身の研究テーマはサッパリ進みませんでした。でも、良いのです、目指していた教員になったので。教員になるために研究業績を!と思っていましたが、その必要性がなくなり、今後は自分のために腰を落ち着けて研究を進めることができます。

急展開で大学での仕事が決まり、大きく環境が変わりながら、それまでの仕事はほぼ同レベルで継続させてもらえたことも幸せなことでした。ただ、大学教員としての自分が主となりすぎ、その他が充分な仕事ができたかは怪しいところであり、ここは反省をしなければなりません。 

<読書>
学生たちに「読書」をさせるために、自身が率先して読むという感じでした。研究のための読書というより、学生にとって有益な本を探す読書が多かったかな。年始に掲げていた「哲学」系の読書は棚上げとなりました。(本棚に積ん読状態)。もっと本を読まないと。

<健康・カラダ改造>
2014年2月から始めていたボクシングは、生活環境が変わり、平日通えなくなり2015年5月で一旦断念。それでも夏の2ヶ月はサボりましたが、ランニングは継続できましたし、秋からは大学のトレーニングルームで筋トレもするようになり、程々にカラダは維持出来ました。

ただ、平日自宅にいない生活となり、食生活はコンビニに極度に依存。長い目で見るとこれはマズイですよね。

<家庭>
「旅行に行く」という目標は、夏に北海道・知床を旅行したので達成。週末だけしか自宅に帰らない生活になり、家人へ関与する時間は減りましたが、それもまた互いにとって良い変化だったかなと。

<プライベート>
ゴルフは100切りは1度達成したものの、それ以上は伸びず。アベレージは109。まぁ、致し方なし。フットサル・ソサイチが、年中盤以降、参加できなくなったのは反省。平日テレビの無い生活になり、アニメ視聴量が激減するかとおもいきや、これはさほど減らず。

と、以上毎年の項目に準じて振り返りましたが、今年から10大ニュース的に、今年の思い出や出来事を挙げてみたいと思います。

<2015年、10の思い出・出来事>
 ‖膤惷軌になった。
 → 2009年に大学院に入学した時以来、それ以上の大きな変化でした。人生の転機になる1年であったことは間違いありません。
◆)務て士更
 → 久しぶりに旅行らしい旅行をした感じがします。
 ゼミ合宿
 → 1年生、2年生それぞれと夏休みに合宿をしました。
ぁ‐玉論文
 → 日本マーケティング学会へ投稿しました。英語脳が退化しまくりで大変でした。
ァ‥垰垠弉莖慍颯汽沺璽札潺福屡表
 → 筑波大学の恩師に声をかけてもらい古巣にて発表機会をもらいました。都市計画とマーケティング、これからのテーマです。
Α(估痛が発症しなかった。
 → 毎年苦しめられてきた偏頭痛が今年はなぜか発症しませんでした。なんでだろ?発症すると仕事どころではなくなるので助かりました。
А.乾襯佞100切り
 → 初めてから16回目でようやくでした。
─〕蛙引退セレモニー
 → 今年はあまりドームに足を運べませんでしたが、ファン感謝デーの引退セレモニーには参加しました。
 ミラコスタでの結婚式
 → お世話になっている方の結婚式がミラコスタでした。喜びとともにディズニーマジックに酔いしれました。
 四年ぶりに富山。
 → 富山高校の同級生に誘われ四年ぶりに富山へ。北陸新幹線万歳です。

と、こんなところでしょうか。今年も良い一年でした。


 

元日に風邪をひきました。翌日悪化し結局三が日の予定は全てキャンセルし寝こみました。
近年稀に見る大変ステキな1年のスタートです。きっと今年は良い年になるのでしょうね。

会社勤めを辞めて以来、仕事始めという感覚が希薄なのですが世の中に習って明日から始動するので、それに先立ち例年通りに年頭所感を残しておきたいと思います。

<研究>
専門家になるには1万時間は必要と申します。早いもので博士後期課程も春から5年目なんですが、どれくらいの時間を研究に充てられてきたでしょうか。1000時間くらいですかね。アカデミック領域の世界は広がっていますが結局この4年は本腰いれて研究していませんでした。今年は一旦休憩して研究に本腰入れたいと思っておりいます。論文2本に学会発表2本です。避け続けてきた実証研究も今年覚悟決めてしなければなりませんね。詳細は割愛。

<仕事>
2年後の春、2017年4月からの仕事イメージを鮮明にし、そこから逆算しました。昨年ようやくインターバルダッシュ程度は出来るようになりましたが、中盤以降はダメでした。今年は研究に本腰を入れるべく昨年以上に効率的な仕事をしなければなりません。30代残り3年、次の10年の道筋を付けないと。詳細は割愛

<読書>
基本は研究関連の読書になるとは思いますが、昨年読もうと思い放置した哲学関連本は読みたいと思います。
移動時間にスマホいじる習慣が絶対的な読書時間を減らしましたので、本年は移動時間にスマホいじるのは必要最低限とし、全て読書に充てることを心に誓う次第です。

<健康・カラダ改造>
昨年に引き続き今年もカラダ改造に精進する次第です。目標値は、体重70キロ、体脂肪10%ですね。月間50キロのランに、3キロのスイムに、週1ペースのボクシングジムに、週3日10分の筋トレを自身に課したいと思います。無理せずですね。食べるものについても、コンビニで唐揚げメンチカツを買うのは辞めます。揚げ物は極力食べない。21時以降は炭水化物をとらない。(ただし飲んだあとのラーメンは除く)

<家庭>
年末年始にかなり断捨離し身軽になりましたが、まだまだですね。継続していきます。掃除洗濯はマメに、整理整頓。そうそう、今年は旅行に行きたいですね。

<プライベート>
GOLFの目標は90切りです。年間アベレージも100切りを目指します。
ボウリングはキャリアハイ(222)更新と平均アベレージ160を目指します。
フットサル・ソサイチは、その日の試合で2得点以上。中盤左サイドから駆け上がっての得点を形にします。
そして、この2年どっぷりハマったアニメは今年から徐々に少なくしていきます。

と、まぁ手元のノートには他にも沢山書き出しましたがブログなんでこれくらいで。
仕事に研究、プライベート、全てを充実させ今年も幸せな毎日を過ごしたいと思います。


1月4日
綺麗に片付けられた自分の机にて
なかたにじゅんいち 

今年も残り6時間を切りました。紅白が始まる前にすき焼きの準備も完了。
ということで、今年1年を振り返っておきます。 

年頭所感はこちら

2014年 年頭所感


<仕事>
猛ダッシュとは行きませんでしたが、安定しながらも領域拡充もできたのではないかと。ただ、一方で当然ながら不完全燃焼なことも沢山あります。仕事投下工数と生産性・効率、熱意にムラがありました。出来ること、やりたいこと、得意なことを見極め、もっと良い仕事をしないとなりませんね。そのためにはアニメの時間を減らさないといけませんね。

<学業> 
論文1本、学会発表2回の目標を定め、論文1本、学会発表1回はクリア。学会にも関わるようになり、なんとなく研究者らしい形は残せましたがホントの意味で「研究」はできませんでした。知識も過去の蓄積で何とかやっていますが、広がりも深さもまだまだです。精進しなければなりません。アニメの時間を減らさないといけませんね。(2回目)

<読書>
読書量は完全に落ちましたね…。コトラーの過去の著書は絶版超高価本以外は全て入手し読みました。トータルすると30冊くらいでしょうか。哲学関連の本はさっぱり手をつけられませんでした。アニメの時間を減らさないといけませんね。(3回目)
 
<健康>
2月にボクシングジムに通いだし、4月にGOLFデビュー。月に1〜2回はフットサルかソサイチ、月1でボウリング、さらには月に50キロ程度は走りました。8月の強化月間にて体重を71キロ台まで落とし体脂肪も瞬間的に10%を切りました。その後、若干リバウンドはしていますが、極端な食事制限もせず、運動で脂肪を燃焼、健康診断は結局今年も受けませんでしたが健康でしょう。「健全な精神は健全な肉体に宿る」と申します。そういう点では、今年は社会人になり最も健康面では充実した1年であったと思います。

<家庭>
これは自己評価できないところですが、安定した1年であったように思います。もうちょっと家の掃除をマメにして自宅環境を整えなければならないかなというのが反省点。それと、今年も結局家人と旅行なしだったのも反省。


仕事にも恵まれ、プライベートも充実、研究はイマイチでしたが論文は書きまして総じて今年は充実した1年だったかな。今年のような1年をさらに来年は質をあげてさらに充実した1年にしないといけませんね。

さて、今年も残り3時間ちょっと。年賀状がまだなんですよね。明日午前中には投函しないと。
それでは、皆さま良いお年を!

今年はカレンダーの並びも良く年末年始が長いですね。とはいえ、本日は1月4日、通常運転に気持ちを戻し、明日からは仕事モードに戻そうと思います。

毎年書いている年頭所感です。今年は久しぶりに自身の10年後を描き直しながら今年1年を考えることができました。 ということで、細かくはブログなので書きませんが、例年通りカテゴリーごとに簡単に書き残しておこうと思います。

<仕事>
2011年は手探りのまま終わり、2012年は苦しみもがきながら何とか生き延び、2013年、ようやく1人で歩けるようなりました。今年2014年は走り出したいと思います。ただ、走るにはまだ体ができておりません。いきなり全力疾走したらすぐに肉離れを起こすことになるでしょう。ジョギング程度から始め、体作りを同時に始め、年後半にはインターバルで全力疾走出来る程度の1年にしたいと思っております。

具体的な業務目標は割愛しますが、成果指標をはっきりさせたておきたいと思います。それは「稼ぐ」こと。昨年までは歩くのがやっとで、補助のある場所を選んで安全最優先だったのですが、現状の仕事を拡大させていくことを基本方針に、多少不確定なものにも工数を投下していきます。

<学業>

4月から博士課程4年目…。生きることで精一杯でという言い訳をつけて研究はサッパリでした。今年は今年こそは。学業については具体的な達成目標を書いておきます。1)紀要投稿、2)学会発表2回です。研究計画も書き直しました。まずは今年、継続的な研究の基礎となるよう、定義をはっきりさせ、既存研究を洗い領域を明確にしたいと思います。

<読書>
アニメばかり観ていますが、今年も週1冊ペースはキープしたいと思います。移動中にスマホをいじらず本を開くよう習慣を取り戻さないと。今年特化する分野を書いておきたいと思います。

1) コトラー先生の未読著書
主要な著書は保有していますが、未読未保有の著書もまだまだ多くあります。今年1年かけて買い集め読みつくしたいと思います。
2) 哲学、文化、歴史、宗教分野
ビジネス書やハウツー本はもうお腹いっぱいです。過去の新書をBOOKOFFオンラインで買いあさって乱読したいと思います。

<健康>
健康診断、この4年くらい受けてないな。多分、健康だと思います。「病は気から」です。偏頭痛が今年も発症しないことを祈りつつ。月1回のフットサルかソサイチ、そしてボウリング。今年はゴルフデビューも予定。週10キロ程度は走り、体を絞ります。年末には体脂肪率10%、体重72キロが目標です。近所にボクシングジムがあるから通おうかな。マヨネーズのとりすぎは注意しつつ、毎日1リットルの水をのむようにし、加糖の缶コーヒーは飲むのを辞めます。

<家庭>

何事も基本は家庭にあるわけです。自由放任を許してくれる家人に感謝を忘れず、折に触れ感謝を形にしたいと思う次第。掃除洗濯はマメにしないと。


「日次の自分との約束ごと」チェック表を数年ぶりに復活させることにしました。ヤラないことの自分との約束ごとも書き出しました。毎日毎日を「今日も自分頑張った」とスッキリ終えられるよう積み重ねていきたいと思います。

そんなところで、2014年年頭所感は以上です。
 

毎年恒例となってきた「年末雑感」。紅白歌合戦を観ながら、カテゴリごとに今年1年をテキトーに振り返っておきたいと思います。

<仕事>
まだまだ理想とのギャップは大きくあるのですが、最低限の仕事と収入が安定したことで心に余裕が持てた1年でした。独立して3年を経過し、今年ようやく「生き方」みたいなものが解ってきたように思います。ただ、振り返れば色々と中途半端に終ったことも多くあります。原因は1つではありませんが、あえて1つあげるならば、「できる」という見込みが甘かったということです。「自分のできること」の可能性に自ら制限を設けたくはありませんが、良い仕事をするためには「自分のできること」をしっかり理解することの大切さを感じずにいられません。そんな1年でした。

<学業>
紀要に論文を投稿しましたが、見事に落選。その後は、勉強会や学会には積極的に参加してきましたが、結局自身の研究は殆ど手につかず。

<読書>
月4冊ペース、後半年からは未達。今年、これまで本棚の糧となっていた多くの本を思い切って断捨離しました。断捨離の結果、手元に残った本を改めて読みなおすという読書も悪くありませんでした。

<家庭>
どうだったのかな。海外旅行に行こうという年初の目標は未達。家事もムラがありました。

<健康>
偏頭痛が1年を通じて発症しなかったかわりに、秋ごろ原因不明の耳鳴りに悩まされました。まぁ大事には至らずで、総じて言えば健康な1年を過ごせたように思います。毎月コンスタントにとはいきませんでしたが、ランニングも続いたし、フットサルにソサイチとサッカーも再開できて満足でした。


ということで、今年もあっという間に1年が過ぎてしまいました。何か大きな事件や出来事は無かったかと振り返るのですが、特に無いんですよね。それはそれで幸せなことなのかもしれません。

ともあれ2013年も、多くの人に迷惑をかけ、多くの人に支えられ、総じて健康で、大きなストレスもなく過ごすことが出来ました。

皆さんお世話になりました。2013年も残り2時間をきりましたね。そろそろ年越しそばの準備をしますかね。良いお年を!

昨年末が年末感の無い年末であれば、本年始は年始感が全くないまま、「あけましておめでとうございます」と挨拶する自分に違和感を感じながら2013年も既に世の中の会社が始動しはじめ1週間。

数年前から書き続けているので、一応今年も年頭所感を記しておこうかと。

<仕事>
徹底することはひとつ「無駄なファイルを開かない、ファイルは開きっぱなしにしない。」ということです。

<学業>
MBA修了して2年経過=博士課程に進み2年。この2年は何もしていません。今年こそですぞ。「今年こそ」とは言えど、いきなり高度な研究ができるはずもなく。ということで、マーケティングとブランドの基礎をもう一度勉強し直すことにしました。教科書はあれこれ手をだすことは無いのです。

教科書は当然下記2冊。

戦略的ブランド・マネジメント 第3版戦略的ブランド・マネジメント 第3版
著者:ケビン・レーン・ケラー
販売元:東急エージェンシー
(2010-04-10)
販売元:Amazon.co.jp

コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
著者:フィリップ・コトラー
販売元:Pearson Education Japan for JP
(2008-04-02)
販売元:Amazon.co.jp

これはちゃんとやる。

<読書>
これは昨年と変わらず月4冊ペースで。積極的にこれまで手を出していなかったジャンルを読もうと思います。哲学系とか歴史系とか。

<家庭>
相変わらず家のことを任せっきりの状態・・・。コンスタントに家事をちゃんとやらないと。そして今年こそ、久しぶりに海外旅行に行くぞ!ってことで。

<健康>
健康診断くらいは受けないとな・・・。今年は偏頭痛が来なけりゃいいなぁ。週2で走らないと。体重は70に戻す。


ということで、今年は簡単でありますが以上でありやんす。


 「年末感を感じられない」、これまで経験したことがないほどに。
 
 世の中がクリスマス一色になっていても、年末年始の風物詩が世の中に溢れかえっていても、自分だけ何か違う時間を過ごしているかのような感覚。

 でもそれは「年末感を感じられない」のではなく「年末であると思わない」「年末感など感じない」と自分自身に言い聞かせていただけ。それは1年を振り返りたくない、振り返るような1年を過ごせなかったことへの現実逃避の裏返し。

 大晦日の今日、観念することにしました。2012年は結果として、そういう1年だったということです。
 と言うことではありますが、来年に向け徒然に反省を込めて振り返りをしたいと思う次第。

<仕事> 
沢山の人のお世話になりながら、何とかかんとか過ごせた感じです。
自分は一体何がしたいんだっけ?何が出来て、今後どうしていきたいのか?
そんな苦悩を持ちながら生きていく為に目先の仕事をとりあえずやる。そんな感じでした。

ただ、そんな苦悩ももう卒業。結局は「自分の意思」次第ということですね。

それはそうと、今年1年、仕事を通じ最も多くの時間を過ごしたのが大学院時代の同期K氏。
K氏と仕事が出来たことは、2012年最高の経験となったのは間違いないです。ありがとうK氏。

結局、現状は、仕事=全てな状況なので、仕事を安定させないと全てが上手く回らない。
来年は今年のような1年にはしないぞ!ということで。

<学業> 
今年は、「クチコミ」に関する勉強会やセミナーに多く参加させてもらい、学びの多い1年でした。
ただ自分自身の研究成果と言われると、何もなしですね・・・。
博士課程に在籍させていただいていることで得られる人の縁は相変わらずプライスレスです。
 
<読書>
今年後半は、ラノベを電子書籍で読みまくってしまいましたので、それを加えると月4冊平均は余裕で超えたとは思いますけど。平均すると月2冊程度でしたかね。少ない少ない・・・。

<家庭>
今年も結局、家のことは家人に任せっきりな1年でした。
家事もちゃんとしないと思っていたけど、やったりやらなかったり。
久しぶりに海外旅行に行こうと考えていたのも実現出来ず。

反省のみ。

<健康>
今年9月ごろの1ヶ月、数年ぶりに酷い偏頭痛に苦しんだ以外は健康的には特に支障なしで過ごせました。
ただし、暴飲暴食とまではいかないまでも、特に何の節制もしない日々を過ごしていたらさすがに体重、体つきがヤバイ感じです。ランニングも1年通じてコンスタントには続かず。やれやれ、です。

と、以上、中身の無い、振り返りですが、振り返りを一応したということにしたいと思います。

結局、今日1日、大掃除もほとんどせず、紅白も観てない大晦日。年越しそばもそういえば買ってきてない。
申し訳程度に年越しするために、どん兵衛でも買ってくるかな。

↑このページのトップヘ