研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

カテゴリ:マンガ・アニメ・サブカル系 > 2015秋アニメ

新年1発目のエントリーがやはりアニメネタというのも、いかがなものかとは思いますが、新幹線まで1時間ほど時間があるので、その間に。(ホントは2015年中に書いておきたかったのですが)

さてさて、
2015年後半、特に11月以降は流石にアニメを観る時間が激減しました。それに伴い、これまでであれば無理無理見続けていた作品も自然淘汰してしまいました。

毎期続けてきているので、一応完走した作品のみ感想を一言のこしておきたいと思います。 

【Amazon.co.jp限定】ワンパンマン 1 (特装限定版) (全巻購入特典:「新規録り下ろしドラマCD」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
 作画が近年まれにみるレベル。バトルシーンの気合の入り方は劇場版レベル。その上全体的に1クールを通じほぼ崩れず。内容も下手にキャラクターを掘り下げすぎず、シンプルストーリーで観ていて安心感あり。EDの森口博子が耳障りだったことを除けば、好みのジャンルではないけれどもう1度見てもよいかもと思える作品でした。(タツマキちゃんかわいい)



総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆☆
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

終物語 第一巻/おうぎフォーミュラ (完全生産限定版) [Blu-ray]
物語シリーズ好きにとって観ることはもはや義務。作画演出構成は流石の一言。話自体は、観てきた人でないとサッパリ入り込めない作り。それだけ固定客を掴んでいるということでしょう。2016年公開となった傷物語の番宣的な意味合いもありましたかね。会話劇の要素がより強くなっていて、声優の力量がもろに作品の満足度につながる感がありました。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆☆

ご注文はうさぎですか?? 第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]
日常系は「ボケーっと」観るのがお作法であり、難しいこと考えず、ボケーっと観て楽しむことがアニメの醍醐味です。2期となり、より趣向性が強くなった感があり、「狙いすぎ!」という演出や作画も散見されましたが、それもまた一興。個人的には千夜ちゃんの不人気具合に心が痛みました。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

対魔導学園35試験小隊 1.英雄召喚<対魔導学園35試験小隊> (富士見ファンタジア文庫)
 3話切り作品だったはずが、伊藤かな恵登場により完走してしまいました。主たる話の展開が「雑」すぎて何の物語なのか最後までサッパリ理解できませんでしたが、ヒロインたちをそれぞれに掘り下げる構成と、日常回的な脚本が相応によく出来ていたので、なんとなく面白く感じてしまいました。本アニメはストーリーを楽しもうと思ってはいけません。キャクターを愛でるだけです。

総合)☆☆★★★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆★★★
中の人)☆☆☆☆★
   アスタリスクとキャバルリィ、最後まで内容がごっちゃになりました。「ラノベのテンプレ」というものを深く考えさせられるきっかけとなりました。それにしても本作品と、アスタリスクを同じ時期に放映してしまうことは、果たしてプラスだったのかマイナスだったのか?いずれも、内容の面白さはありません。ただこの手の作品に面白さを求めてはいけないのかもしれません。



総合)☆☆☆★★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆★★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆★★★
中の人)☆☆☆★★
 
学戦都市アスタリスク 1 (完全生産限定版) [Blu-ray]
キャバルリィと並走しながら結局完走してしまいました。こちらも内容等々に何の新鮮味も魅力も感じませんでしたが、唯一の楽しみはキルミーベイベーコンビ、赤崎千夏と田村睦心がセットでキャスティングされ登場したことくらい。登場のたびに、折部やすなとソーニャの掛け合いにしか聞こえませんでしたよ。

総合)☆☆★★★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

【Amazon.co.jp限定】俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 1(初回生産限定:オリジナルサウンドトラックCD、イベントチケット優先販売申込み券付)(早期購入特典:アニメ描き下ろし「九条さんのドS ミニ色紙」付)(各巻購入特典:SDキャラクター缶バッチ付)(全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
脳コメ(俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している)の再来か!と期待しましたが、残念な結果となりました。アニメ化に際し原作の「拉致」という表記が「ゲッツ」に改変され、ダンディ坂野をフューチャリングしたのは面白い試みであったかと。登場キャラにゲッツをさせたのはアニオリですよね?たまたま偶然原作者の文芸小説「僕は明日、昨日の彼女とデートする」を読んでしまい、期待を込めて完走した次第です。



総合)☆☆★★★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

と、現段階で完走しているのは上記7作品。上記以外に、銀魂、機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ、鬼灯の冷徹(再放送)、Fate/Zeroを観ていたので10作品。

最終回を観ていないのが、ノラガミ、おそ松さんとありますが、まぁ今季はこれくらいにしておきましょうか...。


10月1日は天一の日らしいです。そして2015年度の後期が始まる日でもあります。明日の授業準備が途中ですが、いつもの「何観ようかな」を書いておきたいと思います。

まずはいつもの一覧画像。(うずらインフォさん http://uzurainfo.han-be.com/15a.html より拝借)

2015秋アニメ

振り分け方針は以下の4つ。

A:間違いなく観ます
B:様子見(1〜3話は観ます)
C:一応録画(初回は見るかも)
D:パス

それでは、画像左上からいってみましょう!

サンダーバード ARE GO : C
 → 見れば見たで面白いのでしょうけれど。
ルパン三世新シリーズ : A
 → アニオタに限らずで話題になるでしょうね。期待大。
ランス・アンド・マスクス : B
 → 子安秀明脚本は比較的キライではありませんが、原作からとなるとさてどうなるか。注目ですね。
ヤングブラックジャック : C
 → 内容は相応なのは観なくとも判るのですが、見るの疲れそうなので保留。
かみさまみならいヒミツのここたま : D
 → 大きなお友達にはウケるでしょうね。
すべてがFになる : B
 → ここ最近のnoitaminAの惨状を打破できるでしょうか。
蒼穹のファフナーEXODUS : D
 → 1クールで脱落しているのでパスです。
K RETURN OF KINGS : B
 → さっぱり内容知りませんがアニメイズム枠なので一応。
ハイキュー! : D
 → 興味が無いので。
ハッカドール THE あにめーしょん : C
影鰐 : C
 → うるとらすーぱーあにめたーいむってことで。
雨色ココア : D
 → 対象外ですので失礼します。
新あたしンち : D
 → アニマックス契約していないので。
こわぼん : C
 → ん?関東エリア放送するんですかね?
温泉幼精ハコネちゃん : D
 → 5分枠なのでネットで見るかも。
ゆるゆり さん☆ハイ! : B
 → これまでちゃんと観ていないのですが、今からでも参入できますかね?
ヴァルキリードライヴ マーメード : C
 → すぐに脱落しそうですが一応
スタミュ : D
 → 対象外なんですゴメンナサイ
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 : B
 → これ系1クールに1作品くらいは一応ですよね
対魔導学園35試験小隊 : B
 → 伊藤かな恵が出るので一応チェック
落第騎士の英雄譚 : B
 → 英雄譚で「キャバルリ」と読むのですね。大沼心監督作品なので一応。
ベヴィーオブジェクト : B
 → ん?ロボアニメ?よく分かりませんが、一応。
新妹魔王の契約者 : B
 → 1期意外と楽しめたので一応
学戦都市アスタリスク : B
 → A-1制作なので一応。
北斗の拳イチゴ味 : C
DD北斗の拳 : C
 → 耐えられそうにありませんが、一応。
ワンパンマン : A
 → 今期期待の作品
DIABOLIK LOVERS MRE, BLOOD : D
 → 無理っす。
ご注文はうさぎですか?? : C
 → 1期も後半で脱落しているので多分ムリですが。
いとしのムーコ : A
 → あれ?第3作なの?いつ放映してた?OVAかな。
コンクリート・レボルティオ : B
 → オリジナルなので一応
ノラガミ ARAGOTO : A
 → 毘沙門編ですよね?沢城みゆきの毘沙門、楽しみです。
櫻子さんの足下には肢体が埋まっている : B
 → 何系なのでしょ?まったく知りませんがなんとなく良作のにおいがします。
うたわれるもの 偽りの仮面 : D
 → 1期から見ていないので。
金田一少年の事件簿 : D
 → 深夜でないのでパス
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ : B
 → Gレコは記憶から抹消してます。岡田麿里作品にハズレ無しを期待です。
終物語 : A
 → 今季の絶対領域です。
コメット・シルファー : B
 → オリジナルなので一応
小森さんは断れない! : B
 → 3分枠だし、芳文社だし。ネットで見るかも
Dance With Devils : D
 → コレ系大杉。商売になっているので、まぁ仕方ないですよね。
緋弾のアリア : C
 → 観てないのですよね。今からでも入れますかね。
おそ松さん : B
 → どうなりますかね?楽しみではあります。
不思議なソメラちゃん : D
モンスターストライク : D
 → まとめてパス
進撃!巨人中学校 : B
 → 一応チェック
カードファイト!!ヴァンガード : D
 → 対象外なので。
探偵チームKZ事件ノート : B
 → 天才!てれびくん枠内って、これ録画出来るのかな?
てーきゅう6期 : A
 → これは見るというより流すですね。
ミス・モノクローム : D
 → 観てないので。
終わりのセラフ : D
 → 観てないのです。
JKめし! : B
 → 5分枠。見るかな。
アニサン劇場 : A
 → 4作品×3話で1クールとは...。新しいパティーンですね。
Peeping LIFE : A
 → ついにテレビ進出ですか。楽しみです。
Peanuts スヌーピー : C
 → 一応名作なのでね。
牙狼 : D
ブレイブビーツ : D
血液型くん : D
 → まとめてパス
あにトレ  : B
  → 一応
ポケットモンスター XY&Z : D 
トランスフォーマー  : D

…。はぁ、疲れた...。 

A : 7作品(うち3〜5分枠2本なので実質5本)
B : 20作品
C : 11作品
D : 20作品

A~Bで38本ですか... 駄目だ積極的に削減していかないと...(Aから1〜2本、B作品のうち半分以上は脱落するでしょう)。

それにしてもスゴイですね。秋の新作アニメで58本。深夜以外や既存、そして再放送も入れれば週100本近くはアニメが放送されているのですね。これってアニメピークの2006年あたりを軽く超えていますよ。粗製濫造となり業界が衰退していかないか心配です...。

↑このページのトップヘ