研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

カテゴリ:マンガ・アニメ・サブカル系 > 2014秋アニメ


グリザイアの果実も無事最終回を迎えましたので、2014秋アニメの感想まとめ、その3です。

【Amazon.co.jp限定】ソードアート・オンラインII 1(クリアブックマーカー付) (完全生産限定版) [Blu-ray]
 大人気作の2期は辛いよね。思い出補正と戦わなければならないわけで、僅かに1期を上回るレベルでは評価されないわけですよ。圧倒的に1期を上回らない限りは評価はされないわけです。そういう視点で評価すると、2期も決して悪くはなかったのですが、相対的にはアレでしたね。話としては完結していますが、1期があっての話、結局は続きですから仕方ないです。継続しなければならないことも多いわけで、突然世界観や設定も変わらないわけですから致し方ないです。
 致し方ない結果でしたが、毎週楽しく観ましたよ。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

グリザイアの果実 -LE FRUIT DE LA GRISAIA-
 天音さんの最後4話、特に遭難回想に2話が若干蛇足でしたが、全体としては期待以上の完成度であったかと。エロゲ原作であり、ゲーム販促が目的のアニメなのでしょうけど、ちゃんとアニメはアニメとして作っている感がよく出ていました。
 ハーレムアニメなのですが、ゲーム原作ということで他のラノベ原作とは異なり主人公の個性が程よく抑えこまれていて、見ていてまったく邪魔にならないというのが良いですね。 (ゲームはプレイヤーが主人公になれるように作ってありますからね)
 ゲームはやる気はありませんが、仮にやるとしたら由美子√で間違いないですね。 
 春には続編が決まっていたようで。ゲーム原作は資金が集まりやすいのですかね。
総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆★★
 
トリニティセブン 1 BD(初回限定版) [Blu-ray]
 これは内容を楽しむのではなく、キャラを楽しむことができれば良い作品でしたね。世界観は悪くないのですが、初期の導入が唐突で説明不足であり、結局それが最後まで尾を引き、さっぱり世界に入り込めませんでした。主要キャラの中の人の力不足を周囲に実力声優を配置し補っている感がありましたが、まぁこれはこの手の作品のお約束ということなのでしょう。
 内容は全くおもしろくなかったのですが、なんとなく見続けてしまいました。
総合)☆☆☆★★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆★★★
中の人)☆☆☆★★

俺、ツインテールになります。Tail:1 [Blu-ray]
 いわゆるバカアニメの類だと思いますが、こういう割り切ったアニメは良いですね。近年稀にみる作画崩壊具合も作品の見どころではないかと。回によっては、素人が観てもわかるくらい崩壊しているわけですよ。そんなことで毎回、「今回は大丈夫だろうか?」という親心を感じながら見ることができます。
 構成脚本は、80年代の戦隊モノをインスパイアしているのでしょうね。毎度現れ、あっさり倒されていく敵キャラたちも個性的でした。そして最後の最後に、シャア・アズナブル(池田さん)が登場したことには驚愕しました。(しかも、あんな役柄で…)終わらせ方も非常に巧みでした。ということで、トゥアールさん推しということで。
総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆★★★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

ヤマノススメ セカンドシーズン1巻 (イベント参加優先購入抽選券付き) [Blu-ray]
 5分アニメから15分アニメと拡張された2期、心配をしましたが成功であったのではないかと。尺が長くなり、あおいとひなたの個性も深堀りされ良かったかと。主人公2人の中の人の実力があるからこそ成立する作品であり、それがそのまま作品完成度に直結していますね。アース・スターエンターテイメントの看板作品、ストーリー系の日常系アニメとして、今後も頑張っていただきたいです。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

結城友奈は勇者である 3 [Blu-ray]
 今期、もっとも期待を持たせられながら、その期待を見事に裏切ってくれた糞アニメでした。後半にはいり、糞アニメ確定は見えていたのですが、それでも「もしかしたら、歴史に残るような展開で神作品になるかもしれない」という期待をもっていたのですけどね…。
 オリジナルアニメというのは、こういう楽しみ方ができるのが良い所ではあるのですが、それにしても制作側は一体何がしたかったのでしょうか?猛省して欲しいですね。
 これを観るくらいなら、ビビッドレッド・オペレーションの方が何倍も良いですよ。


総合)☆☆★★★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆★★★★
中の人)☆☆★★★

【Amazon.co.jp限定】Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box I(メーカー早期予約特典:武内崇描き下ろしイラストA3タペストリー付)(描き下ろしB1布ポスター、CDサイズスチールケース付)(完全生産限定版)
 原作を知らないですし、前作も観ていませんが、アニメ作品としての完成度は今期一ではなかったかと。3話くらいまではイマイチ入り込めませんでしたが、主要登場人物が勢揃いしたあたりから、世界観と設定が理解できかなりハマりました。分割2クールということで、次は春かららしいですが、1クールの締め方も非常に素晴らしくありましたね。
 再アニメ化というのは悪く無いですね。一定程度過去の良作をリメイクする方が業界的ににも商業的には良いのではないかと思わされるわけです。
 
総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆★★

ということで、以上2014秋アニメの感想まとめでした。(ログ・ホライズンと弱虫ペダル、SHIROBAKOは継続ということで感想割愛。)

2014秋は仕事も多忙となり、落ち着いて観ることもできなかったこともありますが、「これ!」という作品が少なかった印象。あえて、完結した作品から今期の5本を選ぶなら、

・ソードアート・オンライン2
・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 
・サイコパス2
・甘城ブリリアントパーク
・俺、ツインテールになります

ですかね。

そろそろ、アニメも惰性となってきたので来年は狙いを絞って観るようにしないと。 

ということで、これまで通り主観に基づく5つ星で完走作品の感想を残しておきたいと思います。

完走できた作品、脱落した作品はその1にまとめてあります。

[ 2014秋アニメ ] 感想まとめ(その1)


それではいってみましょう!

甘城ブリリアントパーク 第1巻 限定版 [Blu-ray]
 キャラ&キャラデザは申し分なし。内容にもう少し深味があればより良かったところですが、それは求めてはいけない作品だったのでしょう。京アニらしい作品で満足でした。(京アニ信者ですから当然です)
 2期が万が一あるとするならば、キャラクターが立っているので、ストーリー性は排除して、日常系要素を強めに内容を再構成した方が良いかもしれませんね。



総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆★★★
中の人)☆☆☆★★

【Amazon.co.jp限定】PSYCHO-PASS サイコパス 2 VOL.1<初回生産限定特典/スペシャルイベントチケット優先販売申し込み券>(早期予約特典:複製アフレコ台本付) (各巻特典:オリジナル卓上カレンダー付) [Blu-ray]
 2期から見た人と1期に満足して期待して見た人、それぞれで評価は分かれるところでしょう。2期から見た人の方が「これはこういうアニメ作品」と思えるので評価は高いのではと思われます。1期から期待して見た人には残念なことが多かったかと。
 それでもまぁ人気作の2期、制作総入れ替え、劇場版へのつなぎ、様々な要素があるなかでは、意外とよくまとめた方だと思います。シリーズ構成、脚本のレベルは極めて低いと言わざるをえないところでしたけどね。
 劇場版が楽しみです。
総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆★★★
中の人)☆☆☆☆★
 
デンキ街の本屋さん (1) [Blu-ray]
 老舗シンエイ動画の深夜アニメ本格参入作品ですよね?職場日常系モノではあるのですが、深夜アニメ層のニーズ把握が雑な感じがします。「こういう内容にしておけばウケるんでしょ?」という作り手側の怠慢がところどころに感じられたのが残念なところですが、まぁ流石は大手という感じの作画、完成度ではありました。ボケーッと見るにはストレスもなく楽しめる作品であったのではないかと。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

【Amazon.co.jp限定】繰繰れ! コックリさん 第1巻(オリジナルエコバック付) [DVD]
 視聴ターゲットをどう設定したのか非常に興味があります。いわゆる腐女子も、萌えヲタも両取りしたかったのでしょうか。微妙なラインを微妙なラインのまま突き進み何とか成立させてしまったという感じの作品でした。さして面白いとも思えませんでしたが、切るほど面白く無いというほどでもない、ほんと微妙なラインでした。総合満足度は低いところですが、内容はよく作りこまれてたし、作画も構成も中の人もハイレベルであったことは間違いありません。

総合)☆☆★★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

異能バトルは日常系のなかで 異能バトルは日常系の中で (GA文庫)
 既存作品との差別化が必要なのはわかりますが、これは迷走しすぎですね。原作は違うのかもしれませんが、世界観と設定の良さをアニメは全く活かせず大変残念でした。アニメ化に際し下手に異能バトル要素を組み込まなければ良かったのにと思います。1クールという制約があるわけで、異能バトル要素を排除したら相応に成功したのではないかと思います。まぁ、異能バトルが無くなると、単なる日常ハーレム系になってしまいますけどね。
 今後も語り継がれるであろう早見沙織の長セリフだけが記憶に残る作品となりました。
総合)☆☆★★★
内容)☆☆★★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆★★★
中の人)☆☆☆★★

アカメが斬る! (1) (ガンガンコミックスJOKER)
 今年は極黒のブリュンヒルデ、東京喰種トーキョーグールというトラウマがあり、連載中マンガ原作アニメの本作に不安を感じながら観ておりましたが、良い方向で期待を裏切ってくれました。原作は読んでおりませんが、何やら終盤から全く原作とは異なる展開にしたようです。
 ラスボス的なアレには苦笑いしましたが、制作側の「アニメはアニメとしてちゃんと完結させる」という強い気持ちを感じることが出来ました。最後のエスデスとタツミの演出は特に良かったですね。小林 智樹という方が監督だったのですね。覚えておきたいと思います。 

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆★★


ということで、その2はこれくらいで。残りは、俺ツイとゆゆゆ、ログホラ、グリザイアの果実の最終回を見終わってからで。

 

あっという間に今年も残り10日を切っていますね。年を追うごとに年末感を感じることが出来ませんが、アニメの最終回を観ることで月日の区切りは感じることができる今日このごろです。

ということで、仕事多忙のなか突入し、毎度実施していた中間レビューもしないまま次々終わっていく2014秋アニメの感想その1です。今期は初期段階、途中で次々切ってしまったためかなり少なめ(自分にしては)です。

まずは完走できた作品についての確認から。

<2014秋アニメ、完走作品>
取り消し線がついたものが途中脱落です。脱落理由を一言づつ。

1)ログ・ホライズン
2)甘城ブリリアントパーク
3)PSYCHO-PASS2
4)ガンダムGのレコンギスタ
  → 主旨を理解出来ない自分に能力が足りないのか、作り手側の頭がぶっ飛んでいるのか。いずれにせよ、作品の主旨がサッパリわかりませんでした。対立構造がよくわからないまま話が始まり、いつかはスッキリするのかとおもいきや、6話くらいまで見続けても、よく解らない話が展開されサヨナラを告げました。富野由悠季さんの冥土の土産ということで。
  
5)バディ・コンプレックス完結編
6)SHIROBAKO
7)Fate/Stay Naght
8)デンキ街の本屋さん
9)繰繰れ!コックリさん
10)異能バトルは日常系のなかで
11)四月は君の嘘 
 → 見れば面白いのでしょうが、木曜日のこのお時間、TBSのアニメイズムとかぶっているんですよね。1話は見たのですが、俺ツイを選択したため、サヨナラでした。

12)結城友奈は勇者である
13)天体のメソッド
 → 3話くらいまでは見ました。難民キャップ先になるかと期待したのですが、あまりにファンタジーすぎて自分は耐えられませんでした。
14)グリザイアの果実
15)大図書館の羊飼い
 → 話にもキャラクターにもサッパリ魅力を感じられず。4話くらいで離脱でした。

16)ガールフレンド(仮)
 → 期待は相応にしていたのですが、1話すら見るに耐えられませんでした。
17)魔弾の王と戦姫
 → OPEDは良いですし、話も作画も相応のレベルでしたが、どうも中世戦闘ものファンタジーは好みじゃないようです。

18)トリニティセブン
19)俺、ツインテールになります
20)暁のヨナ 
 → 録画だけして1度も観ず。評価不能。

21)オオカミ少女と黒王子
 → 「あ、これは自分は対象外だね」ということでサヨナラでした。

22)山賊の娘ローニャ
 → 宮崎吾朗さん渾身の作品なのはわかりましたが、イマイチ惹きこまれず。ジブリ好きなら良いでしょうね。

23)弱虫ペダル(2期)
24)失われた未来を求めて
 → もうちょっと話を作りこまなきゃいかんですよ。あと作画もNGですね。

25)アカメが斬る!
26)ソードアート・オンライン2
27)ヤマノススメセカンドシーズン

ということで、27本候補にありながら途中離脱10本で、今シーズンは17本完走という結果となりました。
次エントリーより、いつもの感想を残していきたいと思います。 


9月初めくらいには、10月になったら、dアニメストアを契約して旧作に手を出そうかなんて考えていたりしましたよ。ところが、10月になってみたら、仕事、野球、研究、仕事、仕事、研究、遊び、その他の予定、研究、その他の予定、仕事…。2014秋アニメがスタートしているというのに、アニメを観る「心の」余裕が無いのです。

それでも結局観ることになると思うのですけどね、とりあえず中旬まではアニメの時間を削るしかないという由々しき事態に陥っております。

作品精査、スケジュールを組む「心の」余裕がありませんので、とりあえず番組表から初回放送を録画している状況でしたが、候補を選別だけはしておこうかと。

2014Autumn

ざっと見た感じ、こんか感じですね。

ランクS : 確実に観ます。
1)ログ・ホライズン
2)甘城ブリリアントパーク
3)PSYCHO-PASS2
4)ガンダムGのレコンギスタ
5)バディ・コンプレックス完結編
6)SHIROBAKO

ランクA : 多分観ます
7)Fate/Stay Naght
8)デンキ街の本屋さん
9)繰繰れ!コックリさん
10)異能バトルは日常系のなかで
11)四月は君の嘘 
12)結城友奈は勇者である

ランクB : 初回だけはとりあえず観ます。
13)天体のメソッド
14)グリザイアの果実
15)大図書館の羊飼い
16)ガールフレンド(仮)
17)魔弾の王と戦姫
18)トリニティセブン
19)俺、ツインテールになります
20)暁のヨナ
21)オオカミ少女と黒王子
22)山賊の娘ローニャ
23)弱虫ペダル(2期)
24)失われた未来を求めて
(5分枠系は省略)

まだほとんど観てないのですけど。バディ・コンプレックスだけは観ました。なんと2話で完結してしまいました。(なんで1クールやらんのや!!!)

とまぁ、さておきバディ・コンプレックスは抜いて23作品、これに、継続で、ソードアート・オンライン2、アカメが斬る!があり、再放送で夏色キセキがあるので、ここまでで26作品。

まぁ、多分、15〜6本で落ち着くことになるでしょう。多分ですけどね。となると、多忙といいながらも…

2014-07-08_09-18-44

 はい、一応現段階では、いつものパターンの予定ですが、この勢いでいつものパターンをそろそろ卒業しようとも思っています。

↑このページのトップヘ