研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

カテゴリ:マンガ・アニメ・サブカル系 > 2014冬アニメ

鬼灯の冷徹の最終回を終えまして、2014冬アニメが終わりました。
その3として残り作品の感想と、総括として毎期ながらの私的ランキングです。 

てさぐれ! 部活もの あんこーる Vol.1 [Blu-ray]
 1期以上にやりたい放題になりましたね。プレスコの良さが出てる作品だったかと。意外と毎週楽しみにしていました。「パティーン」というマイブームとなったので、総合評価は星3つで。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆★★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

凪のあすから 第5巻 (初回限定版) [Blu-ray]
 最終回で泣けることを期待していましたが、泣けませんでした。それでも、流石の終わらせ方だったかな、と。全体としては2クール目になり、ブースとかかったように面白くなり、毎回毎回神がかった引きが続き、グイグイひきこまれていきました。流石は岡田麿里脚本。でも、true tearsほどではなかったかな(思い出補正あり)。
 本作品、心の純度が試されます。大人へと成長していく過程、中学生くらいの淡い恋心を思い出しながら観る必要があります。個人的には「要」と「さゆ」の踏切でのシーンがベストでした。岡田麿里脚本&P.A.Works最高!ってことで総合評価も星4つ。
 
総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★ 
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆★
  
鬼灯の冷徹(1) (モーニングKC)
 地獄日常系。モーニングは読んでいるのですが、これの原作は読まずに飛ばしてました。イマイチ読みにくいんですよね。でも、アニメは最高でした。完全にアニメ向きの作品でしたね。銀魂に似た感じ。キャラもいい感じで立っていたし、中の人も良かった。最終回も最終回にふさわしい話を2本。原作ストックもあるので、早いタイミングで2期くるでしょうね。楽しみ楽しみ。ということで、芥子さん、シロも良かったのですが、やっぱりお香さんが素敵だったので、総合評価は星4つ。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★ 
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆☆
 
ということで、2014冬アニメ、完走した23作品の感想でした。こんだけバカみたいに観ていますが、そのうち飽きることも来るのでしょう。そう思うと、今は見たいものを観ておいて、無理して観るのを辞めなくてもいいかなと、最近思う次第です。

さて、ついでに総括に変えて、今期(継続作品除く)の私的ランキングを。

としながらも、ランキングにするのは悩ましいので、「もし2014冬アニメのうち3本しか観れないとしたら?」ということで、3本を選ぶならば、

1) ウィッチクラフトワークス
2) 未確認で進行形
3) バディ・コンプレックス

ですかね。物語、日常、ロボットバランスよく3本というチョイスです。(2013秋アニメからの継続は対象外)

少し本数を増やし10本とするなら、

4) 生徒会役員共*
5) 中二病でも恋がしたい!戀
6) 鬼灯の冷徹
7) 銀の匙
8) ディーふらぐ!
9) のうりん
10) となりの関くん

まぁ、こんな感じ。

継続もので3本を選ぶならば、

1) 凪のあすから
2) ログ・ホライズン
3) キルラキル

の3本でしたね。

ということで、2014冬アニメネタはこれにて終了。
2014春アニメに突入ですね。

2014冬アニメの感想その2です。星評価は当然ながら個人の主観、実質最高評価は星4つです。
 
その1は、こちらです。

[ 2014冬アニメ ] 感想まとめ(その1)

 
それでは、早速いってみましょう。

キルラキル 5(完全生産限定版) [Blu-ray]
 グレンラガンの再来となれば、期待は高まらざるをえないわけですが、見事にその期待に応えてくれました。内容、バランス、スピード、キャラ、演出、構成、作画、中の人、全てにおいて高いレベルにあったと思います。時間を置いてからもう一度見直したいと思える作品です。意図的に80年代を感じさせる演出、70年代80年代の名曲を各話タイトルに持ってくる遊び心、不朽の名作になるのではないかと。総合評価は星4つです。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★ 
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★
 
世界征服~謀略のズヴィズダー~ 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
 アニメオリジナル作品。いわゆるセカイ系。豪華スタッフで期待したけど、若干残念レベルでした。前半のように「征服」をテーマに、各話で完結する感じで良かったと思うのですよね。後半にかけて、壮大な内容にシフトし始めたあたりから、「とっちらかり」感が否めず、中途半端、投げっぱなしな終わり方(終わらせ方)になりましたね。もっと面白く出来たはず。キャラデザは好み、ナターシャがツボだったけれど、総合評価は普通ってことで星3つ。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆★★★ 
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★ 

ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル-1 [Blu-ray]
 これもアニメオリジナル作品。開始前は相当に期待しましたが、ホント「なにこれ?」ってレベルでした。世界観、設定は非常に良かったのに脚本、構成が全く練られていない感じでした。法廷ものにしたいのか、魔法ものにしたいのか、バトル、ロボットものにしたいのか、どれも中途半端。残念すぎました。ただ1点、アニメの舞台が我がホームタウン、台東区(上野、御徒町、浅草)中心だったのが嬉しくて見続けちゃいました。総合評価は、辛めの星2つで。 
総合)☆☆★★★
内容)☆☆★★★ 
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆★★★
中の人)☆☆★★★
 
バディ・コンプレックス 3 (限定版) [Blu-ray]
 1話でタイムリープモノで始まった本作、その後、ロボデザインはイマイチでしたが、ロボットアニメとしてのテンプレ的な展開、話が進むにつれ「タイムリープ」をどう決着させてくるのか?が気になり、それを考えつつ展開のシンプルさにハマりました。最終話は絶妙かつ必要十分な完成度。あのラストで評価レベルは爆上げです。サンライズの息抜き、中継ぎ的作品かと思っていたのですが、どうも分割2クールっぽいですね。タイムパラドックスをどのように整合性つけてくるのか?を予想しながら2期を楽しみにしたいと思います。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★ 
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★ 

スペース☆ダンディ 3 [Blu-ray]
 年始に「カウボーイ・ビバップ」を一気観した小生のためにあったような作品。スタッフたちが作りたいアニメを自由に作っているというオーラが作品から溢れでていました。高い完成度だと思います。カウボーイ・ビバップ同様、年月が経っても楽しめる内容ですし、海外でも大いにウケると思われます。普段アニメを観ない大人でもイケるのではないでしょうか。唯一注文をつけるならば、カウボーイ・ビバップにおけるフェイの立ち位置になるキャラが出て欲しかったかな。もしかすると夏からの2期に出てくるかもしれませんが。ブービーズに行ってみたい!ということで総合評価は星4つ。
 総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★ 
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★
 
ゴールデンタイム vol.1(初回限定生産版) [Blu-ray]
 「とらドラ!」の再来を過度に期待しすぎました。一定の作品レベルでしたが、作品を通じてずっと何かが足りない感が拭えませんでした。とても残念でした。主人公の多田万里の境遇に全く共感出来なかったし、設定をゴリ押しに嫌悪感すら感じました。変な設定なしに、純粋なるリア充大学生活における王道ラブコメ展開にした方が良かったのではと思います。香子ちゃんに免じて総合評価は星3つにしておきます。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆★★★ 
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆★★★
中の人)☆☆★★★

生徒会役員共* 1【初回生産限定版】 [Blu-ray]
 1期未視聴で2期からでしたが、すんなり入れました。(原作をちら読みしていたので、どんな作品であるかは知っていたというのもありますかね) エロギャグ日常系のカテゴリーキラーとして今後も育っていくのでしょうね。あからさまに年次をループさせる終わらせ方も潔くて好感が持てました。確実に3期あるでしょうね。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★ 
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★
  今期のダークホースとなりえたと思うのですけど、お上からのクレームが入ってしまい継続すら危ぶまれたのか、明らかにトーンダウンしてしまった感じです。序盤の「なんかイロイロやべぇ!!!」という期待値は中盤以降サッパリ無くなり、全く面白いと思えませんでした。スタッフ側のやる気の無さが露骨にでていました。(それでも最後まで観てしまったわけですが…) ラストのオチで2期への布石を一応打ってはいましたが、もうないでしょうね。糞アニメの殿堂にてランクインして欲しいと期待して、総合評価は星2つ。

総合)☆☆★★★
内容)☆☆★★★ 
作画)☆☆★★★
キャラデザ)☆☆★★★
構成・演出)☆☆★★★
中の人)☆★★★★
 
(初回限定版) そにアニ (2) [Blu-ray]
 そに子を愛でるだけのブヒアニメ、第一宇宙速度のCDを売るための作品かと思いきや、内容は意外としっかりしてました。EDへ入るところの演出への強いこだわりが各所にでていました。作り手側、一生懸命作っているなぁと好感を持ちましたよ。ボケーッと観るにはちょうど良い良作です。すーぱーそに子の中の人が、そのまんま「すーぱーそに子」と表示されていました。回を重ねるごとに上手くなっていきましたが、新人かな?いずれ特定されているんですかね?期待を込めて総合評価は星3つで。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★ 
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆★★

となりの関くん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
 ドラえもん、クレヨンしんちゃんを手がけるシンエイ動画の初深夜枠アニメ作品。原作の良さを忠実に再現しつつ、アニメの良さを加え原作の魅力を高め、非常に満足度の高い作品だったかと。出演は横井さんと関くんのほぼ2名のみ。んで、しゃべるのは横井さんのみですので、ハナザーさんの一人芝居アニメでした。声優としての実力を遺憾なく発揮されていました。原作ストックもあり、2クールかと思いきや1クールで終了、でも、ネット配信は今後も続くみたいです。観続けるしかないですね。総合評価は実質最高評価の星4つです。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★ 
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

ということで、あとは、「凪のあすから」「鬼灯の冷徹」「てさぐれ!部活もの あんこーる」を残すのみですね。
同時に、2014春アニメの準備しないと。


あっという間に4月になってしまいました。毎期恒例となってきました、完走できた2014冬アニメの感想を書き残しておきます。

ちなみに、(その2)もあります。

ログ・ホライズン1 異世界のはじまり
 土曜日の夕方放映ではありましたが、ラノベ原作で完全にコッチ側人向けのアニメでした。受信料を徴収している公共放送がコッチ向けのアニメを作って良いのですかね?という一抹の疑問はさておき、潤沢な資金があるのがよく分かる作品でした。
 同じ作者原作の「まおゆう魔王勇者」が前々期民放でアニメ化されましたが、1クールで完全に描写不足、消化不良に終わったことに比べると、比較にならない丁寧さでアニメ化されました。原作未読ですが、2クール使って序章物語てな内容で「本当の戦いはこれからだ!」エンドではありましたが、想定通り秋から第二期スタートが告知されました。NHK制作で良かったのではないかと思います。アカツキちゃんが可愛かったので総合評価は星4つで。
総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★ 
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★
 
ウィッチクラフトワークス 1 [Blu-ray]
 ガルパンの水島努監督作品、今期注目していた作品の1つ。毎回、ストーリ展開とギャグ折込具合、テンポ、演出は流石のレベルでしたが、最後の最後に尺の足りなさが露骨に出てしまったのが唯一残念だったかなと。それもあり、、若干消化不良気味ではありましたが、そのあたりはOVAなりで補完してくれればOKということにしておきます。主人公の有り様も好感がもてたし、サブキャラも魅力が立っていた。この辺りのバランス感覚は監督のちからではないかと。あと、中の人が強烈に豪華でしたね。沢城みゆきに、釘宮理恵、平野綾が出たことも満足アップの要因ですが、火々里さんが素敵だったので、総合は星5つ。
総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆☆ 
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆☆
 
ディーふらぐ! 第2巻 [Blu-ray]
 広義の日常系ですね。総じて楽しめましたが、回ごとに若干バラつきがありましたね。脚本家、演出家の色とも言うべきでしょうけど。サブキャラ、モブキャラの使い方が特徴的だったかな。あと、最終回らしくない最終回という演出もアリでした。何も考えずボケーッと観れます。これは2期、期待です。芦花と高尾部長、船堀、迷うところですが、高尾部長ってことで、総合は星4つ。



総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★ 
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆★★

ノラガミ 3 初回限定版[Blu-ray+CD]
 1月下旬、イマイチ入り込めずでいたところに友人が原作漫画を貸してくれたのです。原作はGOODで、原作を読み、アニメを観る、そしてまた原作を読むというパティーンで楽しめたのです。毘沙門天さんのところまでヤるのかと思ったら、まさかのアニメオリジナルエンド。がっかりでした。沢城みゆきの毘沙門天だけが楽しみだったのに…。
 原作を比較的丁寧にアニメにしているようには思いましたが、原作漫画の方が面白いですね。原作漫画は原作漫画、アニメはアニメと区別すべきなのは分かりますが、原作を高く評価してしまうと、やっぱりアニメに対する評価は辛くなってしまいますよね。ってことではありますが、毘沙門天さんに申し訳ないので、総合評価は星2つ。 
総合)☆☆★★★
内容)☆☆☆★★ 
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆★★★★
中の人)☆☆☆★★

東京レイヴンズ 第1巻 (初回限定版)(書き下ろし文庫小説(東京レイヴンズ lost-girl with cat)+イベント応募券付き) [Blu-ray]
 2013秋からの2クール作品。これは原作の方が面白い系ですね。原作は読んでいませんが、複雑に絡み合う組織や人物の因果関係の上に成り立つ物語が、アニメでは描写しきれていませんでした。なんか話が薄っぺらく感じてしまうわけです。特に中盤は集中してみていなかったこともありますが、イマイチこの上なし。それでも、1クール見てしまったからというサンクコスト的な継続をしていました。まぁ、それでもラスト3回くらいは相応に盛り上がったかな。神回は最終回と最終回2話前の話だと思います。可もなく不可もなくというところですが、北斗に免じて総合評価は星3つ。
総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★ 
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆★★

中二病でも恋がしたい! 戀 (3) [Blu-ray]
 楽しみにしていた2期。1期よりもタイトル通りの内容だったかと。手堅い2期でした。流石の京アニクオリティといったところですが、1期ほどの楽しさがありませんでした。まぁ、それは、期待値が高かった裏返しでもあるのですけどね。
 1期の反響を元に2期演出が検討されたのであろう努力跡が随所にみられました。富樫くんの鈍感力にイラッとさせられることもありましたが、ギリギリ許容範囲。総合評価は、七宮、最高ということで星4つ。
総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★ 
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆★★

未確認で進行形 vol.1 初回生産限定版【イベントチケット優先販売申込券付き】 [Blu-ray]
 2014冬アニメにおけるダークホースでした。物語性がありそうな、なさそうな日常系。こういう設定は展開オプションが広がり良いですね。1クールとしての深度、進度のバランス、終わらせ方、2期への期待喚起、全てにおいて高いレベルであったと思います。おそらく、原作も相当に売れているのではないかと。(CMまで12回全て異なるモノを準備してました、やるな、一迅社!)
 これは確実に2期来るのではないかと思われます。小紅ちゃんを応援ってことで、総合評価は星4つで。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆★★ 
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆★★

銀の匙 Silver Spoon 秋の巻 Special BOX(完全生産限定版) [Blu-ray]
 「面白かった」と素直に言える、そんな2期でした。1期はプロローグであり、2期からが物語の本番っていう感じでしょうか。八軒くんの成長、御影さんとの恋愛、仲間たちとの友情、どれも程よくバランスをとり、ちゃんと物語が進んでいく。バランスの良さが際立っていた感じです。特に、終盤の自分の夢に向っていくプロセスは秀逸でした。原作を相当に端折っているらしいですが、それでもあの完成度。スタッフの力もさることながら、原作に力を感じずにはいられませんでした。  総合評価は星4つですね。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★ 
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆★★

ストライク・ザ・ブラッド第5巻(初回生産限定版) [Blu-ray]
 2クールで1クール見てしまったので見続けた部分がありました。結局は古城くんのハーレムアニメで、内容はかなり安っぽいのですが、章ごと3〜4話ごとに区切りを入れた構成が功を奏した感じですね。OPEDは前後半ともに秀逸でした。
 内容さておきですが、キャラは相応に良かったうえに、浅葱さん頑張れ!ってことで総合評価は星3つで。



総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★ 
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆★★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆★★

のうりん Vol.4 [Blu-ray]
 バカ、パロディギャグアニメ要素が強くありましたが、部分的にちゃんと農業のこともあり、成長物語ありとナカナカ良い作品でした。終わり方も、「俺たちの戦いはこれからだ」エンドをギャグとして持ってくるあたり、ブレが無くて良かったと思います。毎週楽しみというほどではないまでも、巡航速度で完走することが出来たということは完成度は高いということでしょう。ハナザーさんの新たな側面も観れて良かったところですが、ベッキーが最高だったので総合評価、星4つです。 


総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★ 
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★ 

と、その1としては以上ですね。その2に続くってことでよろしくお願いいたします。

 

余裕があると「優先順位」ってなかなかつけられないですよね。ところが制約があると途端に「優先順位」がつけるようになる。まぁ、つけざるを得ないですよね。 まぁ、何の話かってアニメの話なんですけどね。

2014冬アニメも中間地点折り返しております。時間が限られてくると、アニメ専用ハードディスクレコーダーに週32本録画していても、おのずと優先順位を付けて観るようになり、徐々に未視聴で溜まっていくものも出てくるのです。

1月終了段階での優先順位はこんな感じでした。
January 25, 2014
【2014冬アニメ】 優先順位がだいたいついてきた。【現実逃避】
http://marketing.myjournal.jp/archives/50779863.html 

んで、現在はというと、って書き出すと面倒なんで、3本選べと言われれば確実にランクインさせる1本である、「ウィッチクラフトワークス」のこと。

Witch

 これ、ガルパンの水島努監督作品なんですよね。期待はしていましたが、期待通りでした。内容自体はよくあるラノベ原作モノなのですが、なんでこんなに面白いと思えるんですかね。違う監督だったらここまで面白いと思えていないのではないかと思えるのです。

 んで、改めてwiki先生で水島監督の直近2年位の作品を確認してみると、
・侵略!イカ娘(2010年) 監督・脚本・絵コンテ・演出・ED絵コンテ/演出
・よんでますよ、アザゼルさん。(2011年) 監督・絵コンテ・演出・OP絵コンテ/演出・挿入歌作詞
・BLOOD-C(2011年) 監督・絵コンテ・演出・ED絵コンテ/演出
・侵略!?イカ娘(2011年) 総監督・脚本・レディオ体操作詞/振り付け
・Another(2012年) 監督・絵コンテ・演出・OP絵コンテ
・じょしらく(2012年) 監督・脚本・絵コンテ・演出・ED絵コンテ/演出
・ガールズ&パンツァー(2012年) 監督・絵コンテ・演出・ED絵コンテ/演出・あんこう音頭作曲/振り付け
・キューティクル探偵因幡(2013年) ED絵コンテ/演出
・よんでますよ、アザゼルさん。Z(2013年) 監督・絵コンテ・演出・挿入歌作詞
・げんしけん 二代目(2013年) 監督・音響監督・絵コンテ・演出
・ウィッチクラフトワークス(2014年) 監督・シリーズ構成・脚本・絵コンテ・演出・ED絵コンテ/演出
 こんな感じでした。イカ娘、BLOOD-C、Another、キューティクル探偵因幡は未視聴ですが、観たものについては、いずれも大変満足度が高かったわけです。

 岡田麿里シリーズ構成作品が好きなように、どうやら水島監督が好きなようです。こういう傾向はある程度の蓄積があって初めて気づけるものなのですね。

 そして、まぁあまり中の人で云々はまだ強いこだわりはなく素人レベルではありますが、その素人が観ても「豪華やねぇ」と思えるキャスティング、主役級の実力ある声優が惜しみなく出ているわけです。


ウィッチクラフトワークス
 - Wikipedia


 ついでに制作はJ.C.STAFF。こうした豪華布陣で展開できるということは、製作に力があるってこなのでしょうかね。アニメビジネスにますます関心を持つわけです。

 ただ、残念なのが、原作継続中作品であること。アニメで物語は完結しないんですよね。でも、水島監督がどう締めてくるか今から楽しみであったりもします。

 要は、ウィッチクラフトワークスは面白いよ!っていう相変わらずのアニメネタなんで、この辺りで終わり。 

ウィッチクラフトワークス 1 [Blu-ray]
小林裕介
バンダイビジュアル
2014-03-26

 

仕上げなけきゃいけない資料があるんだけど、現実逃避で2014冬アニメネタでも書こうかと。

2014冬は、自宅のHDDレコーダー録画予約件数MAXの32件。しかし仕事のギアを一段あげてみれば、当然時間が必要となりアニメばかり観ていられないわけです。仕事をしながらBGM的に見流しながらをいれても、録画未視聴がたまる一方。

となると自ずと優先順位がついてきます。見ることが目的化しているようじゃダメなんですけどね、優先順位がつくということは、「これは観たい」という順位であります。そんなことで、自分の趣味趣向の確認を込めて、2014冬アニメの優先順位を書き連ねておきたいと思います。

【ちゃんと観る=毎週楽しみ・優先順位高】
1) ストライク・ザ・ブラッド
2) 凪のあすから
3) 中二病でも恋がしたい!戀
4) となりの関くん(15分モノ)
5) ログ・ホライズン
6) 未確認で進行形
7) ウィッチクラフトワークス
8) 
世界征服〜調略のズヴィズダー〜

【まぁ観る=ながら観してる・優先順位中】
9) 東京レイヴンズ
10)キルラキル
11)ゴールデンタイム
12)
弱虫ペダル
13)銀の匙(2期)
14)生徒会役員共*
15)バディ・コンプレックス
16)のうりん
17)ニセコイ
18)てさぐれ!部活もの あんこーる(15分モノ)
19)ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル
20)スペース・ダンディ
21)ソードアート・オンライン(再放送)
22)鬼灯の冷徹
23)ディーふらぐ!

【BGM的に観る=一応観てる・優先順位下】

24) ノブナガン
25) そにアニ
26) 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが
27) 桜trick
28) ノラガミ

【既に録画未視聴=いつか観るかも?】
29) とある飛空士への恋歌

30) ノラガミ
31) ハマトラ
31) 魔法戦争
32) 咲〜全国編〜

【初回ぎり=既に録画予約から消去】
 
33) いなりこんこん恋いろは
34) ノブナガ・ザ・フール
 
35) マケン姫っ!通 


まぁ、結局「アホか!」ってほど観ていることには間違いないですが、最近は他にやりたいこと、やるべきことが増えてしまい、優先順位中は、一応観ている状況なので、徐々に優先順位が下がっていきそうです。


 

あらかた2014冬アニメの初回も終わったということで、今季の視聴作品を一旦決めておこうかと。

2014Winteranime

 目標は、週15本に収め、減らした分は旧作を観ることです。(廃人)

【継続確定枠】
 1) キルラキル
 2) ゴールデンタイム
 3) 弱虫ペダル
 4) ストライク・ザ・ブラッド
 5) 凪のあすから
 6) 東京レイヴンズ
 7) ログ・ホライズン

【確定】
 8) 銀の匙(2期)
 9) 中二病でも恋がしたい!戀 
10) ウィッチクラフトワークス
11) 生徒会役員共*
12) 世界征服〜調略のズヴィズダー〜
13) 未確認で進行形
14) バディ・コンプレックス
15) のうりん
16) ニセコイ
17) となりの関くん(15分モノ)
18) てさぐれ!部活もの あんこーる(15分モノ)
19) うーさーのその日暮らし(5分モノ)
20) ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル
21) スペース・ダンディ

22) ノブナガン
23) そにアニ
24) 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが
25) 桜trick
26) 鬼灯の冷徹

27) ソードアート・オンライン(再放送)

と、再放送含めて26本にて一旦確定。でも、他のことに時間を割り振る必要があるので、優先順位つけて徐々に本数減らす可能性ありです。

【録画はしておくけど多分観ない】
28) とある飛空士への恋歌
29) ノラガミ
30) ハマトラ
31) 魔法戦争
32) ノブナガ・ザ・フール 
33) 咲〜全国編〜

【キリ】
34) Wake up, Girls!
35) Z/X IGNITION
36) いなりこんこん恋いろは
37) ロボットガールズZ → 観たいけどネット放送なんで観ない。
38) pupa

と、まぁ以上ですよ。

中盤戦となり、実はいい加減、初回視聴にも疲れてしまったのですが、なんとか一巡観ました。ということで、2014冬アニメ初回感想、その2です。

その1はこちら。→  【2014冬アニメ】 初回感想 【継続検討・その1】

うーさーのその日暮らし
 なんでミス・モノクロームがいたのですか?5分枠。つまり、てーきゅう枠という認識で予約録画件数に余裕があれば録画し続けようと思います。

 
ハマトラ クリアファイル
 作画キレイ。作画、キャラデザ好きな系統。物語の設定と方向性だけは理解してもらおうという主旨の初回。今後どうなっていくのか、本題は何であるかは分からずにして、今後に興味を持ってもらえればOKという狙いですかね。オリジナルゆえ期待しいところ。ダンガンロンパ、デビルサバイバー2の流れにある作品なんですね。となると、満足度レベルも大体予想はつくところ。どうしようかな。悩ましいところなので保留。

中二病でも恋がしたい! 戀 (1) [Blu-ray]
 作画のシャープさが若干落ちているような気がしましたが、全くの無問題です。1期未視聴の人にはどういう初回に見えたのでしょうかね?とりあえず主要キャラ全出しの設定も判りやすく良かったのではないかと。これは数少ない開始前で確定枠。全力で継続します。


 
いなり、こんこん、恋いろは。 (1) (角川コミックス・エース 326-1)
 初回まだなのですが、もう疲れたので、勇気をもって、観る前に切ってしまうことにしました。








お姉ちゃんが来た (1) (バンブーコミックス 4コマセレクション)
 これは、録画予約の都合で、観る前に切ることになりました。


 「幼なじみ」「許嫁」「突然同居」というベタな設定に、これまでに無い付加要素がいい感じ。初回で設定と方向性理解できた。第1回の「よろしくお願いします」というタイトルに偽りなしの内容でした。キャラデザも悪くないし、継続ということで。中の人が知らない名前ばかりってのも良いね。

銀の匙 Silver Spoon 6(完全生産限定版) [DVD]
 安定感抜群。分割2クールというやつですよね?初回ですが、特に登場人物紹介や世界観、設定説明などはほとんどなし。主要登場人物は全て出したという点以外で初回らしくない初回。1期見ていれば、2期がどんな展開になりそうなのかは、なんとなく感じられる程度。原作が爆発的に売れている、noitaminA枠ですからねぇ。普段あまりアニメを観ない層も既に取り込んでいるからこそできる初回ですね。



魔法戦争 (MF文庫J)
 初回にも関わらず作画イマイチでしたね。内容的にも、もうコレ系はお腹いっぱいです。見続ければそれ相応に楽しめるのは判っていますが、積極的に数を減らす必要があるので、これは切ります。(録画はしておきますけど)


桜Trick (1) (まんがタイムKRコミックス)
 百合系日常アニメということですか。女子高生同士がキスするアニメということで理解しました。もう少し見続けてみますかね。 


pupa(1) (アース・スターコミックス)
 これも、録画予約の都合上、観ないことになりました。 


ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル クリアファイル
 自宅近く(上野、浅草界隈)が舞台となっていて親近感を感じまくりです。だいたい世界観は理解できる初回内容でした。オリジナルアニメということで、今後に期待です。







のうりん (GA文庫)
 感想はそのうち。観ます。


鬼灯の冷徹 壱 (モーニング KC)
 まぁ、観ます。感想は追って。


ニセコイ 1 (ジャンプコミックス)
 観ます。さすがシャフトワールド全開でした。





 

世界征服~謀略のズヴィズダー~ クリアファイル
 初回で世界観などをハッキリさせないけど、なんとなく方向はわかるように作った初回。意味判らない系の面白さがあったので、しばらく見続けます。

てさぐれ! 部活もの Vol.1 [Blu-ray]
 有無も言わさず観ることにします。



※初回観終わったものを随時更新していきます。(1月4日更新)
※1月5日分追加しました。日曜日大杉。無理無理無理。(1月5日更新)

正月気分も吹き飛びまして、通常モード。2014冬アニメも始まりました。事前情報では絞りきれず、今期もとりあえず気になる作品の初回は全て観ることにしました。その作品の数、23本くらい。

【2014冬アニメ】 なに観ようかな。 【スタートライン検討】


SAOの再放送もあったりするので、継続分を含めると30本以上。全て見てたら生活崩壊するので、積極的に初回ぎりをしていかねばなりません。

まぁ、毎期これだけの新作アニメが放映される昨今です、そういう感じで「初回だけ観てみるか」という人も多いことでしょう。となると、作る側も初回に切られないよう全力を投下するわけですよね。今回は、そんな作り手の「初回で切られない」ための努力に注視して感想を書き残しておきたいと思います。

最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 6 (ドラゴンコミックスエイジ)
 アバンをおもいっきり長くとって、中盤にオープニングを持ってくるパターンですか。「義妹モノ」に「憑依」「レズ」「エロ」要素を盛り込んできた感じですか。ついでに王道の親が同居しない二人暮らし。とりあえず設定をはっきりさせ、今後どういう展開になるのか気になるような初回。ただ強烈に引きつけられる要素は特に無く、可もなく不可もなく。主人公(兄)が鈍感系っぽいのが気がかり。そうでなければ見続けても良いかなぁ。(録画はしておくけど、観るかは怪しいという位置づけで)

 
生徒会役員共(9) (少年マガジンコミックス)
 2期ですよね。1期観ていた人は継続で取り込めますが、そうではない人を初回でどのように取り込むかが作る側としてはポイントだったでしょうね。ということで初回はこちらも思いっきり長いアバンで、とりあえずキャラ紹介と作品のテンションを紹介してからオープニング。(このパターン流行ってるんですかね?) そして、Bパートから本編。予想はしてましたが、酷いアニメですね(褒め言葉)。まぁ気楽に見続ける日常系バカ下ネタギャグアニメ枠ということで、録画は継続。優先順位は低め設定で見続ける感じにします。


ノブナガン(1) (アース・スターコミックス)
 バトルSF物に歴史上の有名人物を要素として追加した内容。これもアバンで半分。(流行ってるのか?) 一気に話を進めてくれたおかげで、だいたい世界観は理解出来ました。初回で「だいたいどんな作品なのか」というのを理解させる必要があるのはわかりますけど、ひねりがないのも考えものですね。まぁ嫌いじゃない内容っぽいので、継続はしてみる。信長といえば、「織田信奈の野望」の2期はいつになるのですかね。


みんな集まれ! ファルコム学園 (ファルコムBOOKS)
 2分アニメ。初回だけ一応観たけど、録画予約枠がいっぱいなので、これはサヨナラで。ていきゅう帰ってこーい。


ウィッチクラフトワークス(1) (アフタヌーンKC)
 ようやく、アバンがアバンらしく、ちゃんとオープニングで始まりました。内容で勝負できる自信の表れでしょうか?解りやすく初回で世界観やら方向性やらをはっきりさせる方法もあれば、本作品のように徐々に明らかにしていく方法もあるということで。自分は後者の方が好みですけどね。ガルパンの水島監督、制作はJ.C.Staffってことなので、これは観ます。




ビバナミダ(スペース☆ダンディ盤)(DVD付)
 監督、脚本スタッフに連なる名前をみただけで、これは間違いなく面白いし、完成度の高い作品になると思わざるをえないわけです。作品から作り手の想いというか、哲学を感じました。採算度外視というわけではないと思いますが、これ金かかってますよね。時代を問わない世界観、アニメテイスト、カウボーイビバップのように10年経っても面白く観れそう。これは継続確定です。


ノラガミ(1) (月刊マガジンコミックス)
 面白いとサブカル師匠からの聞いているので、これは継続前提。大体の世界観と設定は理解させてくれる初回でした。キャラデザインも好みだし、内田真礼の声も好きだし、オッケーですね。


【バディ・コンプレックス】
さすがの戦闘シーン作画。あえてロボのデザインをCGっぽくしていない古い感じを出しているのは良いですね。タイムリープモノっぽいですが、最終的にタイムパラドックスをちゃんと整合性つけてくれるか気になるところ。とりあえず、サンライズロボット物、そろそろガンダムシリーズを超える作品が生まれてくれても良い頃ではないですかね。そんな期待をもって継続。

 かなり腐臭しますね。中の人的には魅力があるのですが、今期は候補が多いし、切らざるをえないから、これは切ります。(一応録画はしておくけど)

「咲-Saki- 全国編」 一 (初回特典:新規描き下ろしコミック付き) [Blu-ray]
 1期はところどころ観た程度。とりあえず2期初回ということで、初見の人向けのキャラ紹介パターンでしたね。麻雀好きだし、観たい気もするのですけどね、選んでいかないといけないので、これも、 一応録画はしておきますが、積極的に観ないことにします。


となりの関くん (MFコミックス フラッパーシリーズ)
 15分モノだし、物語性も無いし、何も考えず観れそうなんで、これは継続。はなざーさんの一人芝居に注目ですね。


とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)
 淡々と物語が始まり、進んでいく感じの初回パターン。ガツッと惹き込まれることはなかたのですが、原作の評判が良いようなので、しばらく継続してみようと思います。


そにアニオープニングテーマ
 大学生設定だったのですね。これは、そに子をカワイイと思えなければ見る必要はありませんね。難しいことを考えずにそに子を愛でる気持ちで観ないといけないアニメだということはわかりました。内容的な面白さが加わってきたら化ける可能性はありますね。とりあえず、録画は継続します。中の人誰なんだろう?


ディーふらぐ! (1) (MFコミックス アライブシリーズ)
 なんとなく惹き込まれた。テンポも良かったし、演出も良かった。今後どうなるんだろ?っていう興味も引かれた。これは、ハーレム要素ありの日常系ギャグアニメ? 今期ここまででで初回を観終えて、一番「面白かった」と思えたかも。継続にしておきます。 


「一年の計は元旦にあり」と申します。

と、あらば、まずは2014年冬アニメの計画をしっかり立てておかねばということで、とりあえず放映曜日時間を確認し、自宅の1チューナーのアニメ専用HDDレコーダーでダブり無く録画予約ができるか整理をしてみた次第です。

昨年の夏アニメから、スタート時には作っていたものなのですが、もしかして同じように苦悩されている方がいるかと思い、晒しておきたいと思います。

2014冬アニメ、録画予約スケジュール(暫定版)


と、こうして整理してみると、前期からの継続となっている7本を加え、2014冬アニメとりあえず初回は観ようとしているものが、キレイに時間かぶらず録画出来てしまうことが判明いたしました。(数回は木曜日のnoitaminAとアニメイズムがかぶることは予想されますが)

3分ものなどの短い作品を加えて、トータル38本、大変恐ろしいことです…。

こう眺めてみると、TOKYO MX凄いですね。テレビ東京を遠く突き放しアニメ専門チャンネルかと思うほどの無双ぶりです。

ということで、とりあえず録画予約を入れておきたいと思います。2014冬アニメは、1月4日(土)17:30〜 ログ・ホライズンからスタート予定です。

外付けハードディスク対応&ダブルチューナーのHDDレコーダーか、XperiaやPSPで持ち出し簡単なソニーのBlu-rayが欲しいけど、買ってしまったら制約が無くなり廃人化することが怖いので、当面は1チューナー&250GBで頑張ります。← 





今年も残り約半月。ちょっと早いけれど年明け以降の2014冬アニメの選定を始めておこうかと。

2014Winteranime

 2013年は週20本前後を見続けてきました。来年からは少し絞り込み週10本前後にしようと「現段階では」思っております。あくまで「現段階では」ですが…。

 2014冬アニメを検討するにあたり、悩ましいのは今季は「継続(2クール)もの」が多いこと。継続で見続ける作品をあげてみると、

 1) キルラキル
 2) ゴールデンタイム
 3) 弱虫ペダル
 4) ストライク・ザ・ブラッド
 5) 凪のあすから
 6) 東京レイヴンズ
 7) ログ・ホライズン

 と、既に7本が確定している状況なわけです。既に週10本程度という目論見達成は危うい状況。ま、それはさておきで、2014冬アニメのファーストインプレッション(スタートライン)を列挙してみたいと思います。

【確定】
 8) 銀の匙(2期)
 9) 中二病でも恋がしたい!戀 

 まぁ、この2作品は現段階で確定です。有無も言わさず見ます。

【検討(有力)】
 10) とある飛空士への恋歌
 11) Wake up, Girls!
 12) ニセコイ

【検討(とりあえず初回観る候補)】
 13) 魔法戦争
 14) ノブナガ・ザ・フール 
 15) ノブナガン
 16) のうりん
 17) ロボットガールズZ
 18) Z/X IGNITION
 19) 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが
 20) ノラガミ
 21) ウィッチクラフトワークス
 22) 生徒会役員共*
 23) ハマトラ
 24) 鬼灯の冷徹
 25) 世界征服〜調略のズヴィズダー〜
 26) pupa
 27) そにアニ
 28) 未確認で進行形
 29) 桜trick
 30) バディ・コンプレックス

ダメだ、このペースでリストアップしてると、結局週20本ペースになってしまう。もっと現実的に絞りこまないと。年末までにもう少し前評判など集めつつ検討しないと。

悩ましいねぇ。 

↑このページのトップヘ