研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

カテゴリ:マンガ・アニメ・サブカル系 > 2013秋アニメ

あっという間に年末となりました。12月29日の夜桜四重奏の最終回を観終え、2013秋も無事全て終わりました。
ということで、一言感想を残しておきたいと思います。(2クールものは除いています)。


俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 6 (角川スニーカー文庫)
 今季のダークホースでした。完璧にハマりました。アニメ見ながらテレビの前で笑ったりニヤニヤしている自分もどうかと思いましたが、気持ち良いほどのバカアニメ。キャラも、話の展開スピードも、演出も構成も今シーズンでトップクラスの評価。継続原作としては、終わり方もグッドでした。遊王子謳歌、久しぶりにヒットしました。織田信奈以来です。2期に期待です。

 
 世界観、テンポ、構成、演出、まとめ方どれも、さすがの京アニクオリティでした。欲をいえば、最終回を2話に分けて溜めを作って欲しかったのと、それぞれのキャラの背景を詳細に踏み込んでもらえたら、良かったかなぁと思いますが、1クールでは致し方なしですかね。中盤に挟んだギャグ回のキャラソンが強烈に印象に残ってしまいました。2期の可能性、十分にありそうです。




京騒戯画 (電撃コミックス)
 以前、ネット放送していた内容を見ていたので違和感はなかったのですが、初見の人にとっては内容を理解し楽しむにはハードルが高かったかなという印象。描写不足で内容に本当は深みがあるはずなのに、とっちらかりのまま一気に終わらせてしまい「で、いったいこのアニメはなんだったの?」と感じてしまうような結果で、若干雰囲気アニメになってしまったのが残念。釘宮理恵の実力は遺憾なく発揮されていました。
 

 
アウトブレイク・カンパニー 1 初回特典:ゆーげん描き下ろしダブルコスチューム仕様ジャケット (劇中+アラビアンタイプ)&榊一郎書き下ろし/ゆーげん表紙描き下ろし短編小説1『あ うとぶれいく学園』(50ページ)付き [Blu-ray]
 世界観は面白かったのですが、話よりも結局「キャラ」 を全面に出してしまった感じでもったいなかった。人種間の軋轢や、醜さや、文化を通じた融和の可能性を丁寧に伝えられれば単なる萌えアニメの域から脱却して違う次元に入れた可能性があったと思う次第。ラノベ原作アニメ全てに、深みを求める事自体が間違ってるのですかね。




IS<インフィニット・ストラトス>2 イグニッション・ハーツ (初回限定版) (【数量限定特典】シャル ネコミミパジャマSDフィギュア、ゲームオリジナルサウンドトラック 同梱)
 内容は全く無い2期モノアニメ。無理やり2期を作るとこうなるんですかね?キャラデザインは嫌いではなく、キャラの可愛さのみで観たアニメ。(こういうカテゴリーも一定程度必要なことは理解してます。) 楯無と箒が可愛かったので、後悔はしていません。3期に少しだけ期待しておきます。


勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 第1巻 限定版 [Blu-ray]
 内容は面白いか面白く無いかといえば、面白くない。目指していた道を閉ざされ挫折を経験した人間が新たな価値観に気づき成長していく物語を目指していたようですが、結局のところ、いわゆる「単なるおっぱいアニメ」になってしまいました。アニメ化するにあたり致し方なかったのかな。中の人の力があればもっと違ったかもしれないという気もします。原作者が静岡出身ということで、随所に静岡ネタが散りばめられていたところが面白かったくらい。


ガリレイドンナ 3(完全生産限定版) [Blu-ray]
 可もなく不可もなく。各回ごとは安易な展開、薄っぺらな内容で、色々と投げっぱなしジャーマンスープレックスなまま終わらせていたけど、トータルでみれば一定の品質にまとめてくる。さすがnoitaminA枠の安定感といったところでしょうか。駄作ではないけど名作にもならない、フジテレビのやる気の無さを感じずにはいられません。OPのnegoto「シンクロマニカ」は大変良かったですけどね。


傾物語 第一巻/まよいキョンシー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]
 実は、1期の化物語はちゃんと観ていないのです。(なんとなくあらすじは知っている程度) そんな状態で観始めたため、最初の猫物語(白)は、若干背景がわからずでしたが、物語の間に総集編を挟んでいただけたおかげで、追いつけました。まよいキョンシーの最終回はウルウルきましたし、恋物語の最終回は震えました。完成度の高い原作に、新房昭之監督+シャフトは最高ですね。演出方法も大好きですよ。年末年始に化物語を観ないとね。


革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
 分割2クールの2クール目。なんとかまとめたけど、非常に惜しい、惜しすぎる。もっと良くなったはず。尺が足りず、後半はかなり駆け足なまとめ方になってしまった感が否めない。1クール目にもう少し進めておくべきだった。(3期もあることを見据えてた?)残り数話となった段階でもしかして、完結は劇場版?という嫌な予感もしたのですが、それもなく、続きの可能性も限りなくシャットアウトさせた終わらせ方をしたことは評価できるかな。名作になれる可能性があった。数年後、もうリメイクして作りなおせば良いと思う。


てーきゅう 3期(Blu-ray Disc)
 2分アニメなので何のストレスもなく観ました。バカアニメ、ギャグアニメとして確立していますね。何気に毎週楽しみにしていました。4期来ますかね?


てさぐれ! 部活もの Vol.1 [Blu-ray]
 年明けまで続くのかと思ったら、予想外の11、12話連続放送。中の人のアドリブ雑談パートまぁまぁ、それより、脚本のあるパートのナンセンス具合が良かった。 最終回の「さぁ感動してください」というベタベタかつ意図的な脚本に、まんまとヤラれてしまいました。「てさぐれ!」は自分内流行語になりそうです。これも2期に期待したいですね。 


夜桜四重奏-ハナノウタ- (1) (初回特典:「夜桜四重奏×デュラララ!!」スペシャルコミック1巻&イベントチケット優先購入申込み券) [Blu-ray]
 この作品ほど最後まで内容が入ってこなかった作品はありませんでした。最後まで見ましたが、結局このアニメのお話は何だったんだろう?ってなってます。キャラデザだけで見続けた感じです。先々作品タイトルを観ても「ジュリさんが綺麗だった」以外、思い出せないことには自信が持ててます。でも、OPEDは良かった。


機巧少女は傷つかない: 1 (MF文庫J)
 やっぱり物語としては話は何も終わらず終わりましたね。構成は悪くないと思いますが、物語的には序章程度で終わった感じ。2期を予定していると信じたいところですが、こういう中途半端なアニメが増えることは業界全体のことを思うとよろしくないと思うのですよ。原作と円盤が売れれば良いというビジネスモデルが原因なのでしょうけどね。と言いつつOPEDは非常に良かったし、夜々は可愛かったので良しとします。


のんのんびより 第2巻 [Blu-ray]
 「田舎」という設定、そして分校の複式学級で学ぶ小1から中2までの4人が主要キャラという差別化を施した日常系アニメ。日常系のお作法は「何も難しいこと考えずボケーッと観ること」であると考えていますが、まさにそれにうってつけの傑作でした。ほのぼのするっていう体験は普段の生活ではなかなか味わえないものです。乾いた心を潤してくれました。個人的な神回は、初日の出回でのれんちゃんと駄菓子屋の物語ですかね。日常系アニメ万歳です。




ということで、自己満足目的の2013秋アニメ、完走した14本のアニメ作品の感想でした。

2013年も計200本以上のアニメが放映されたようですね。昔はアニメといえば2クール(24回)が多かったように思うのですが、大人の事情で最近は1クール(12回前後)が多くなっています。それはそれで仕方ないのですが、1クールアニメは2クールに比べ当然リスクが少ないわけで、そうであるがゆえに、塑造乱造の状況が続くようなことになれば、業界が衰退してしまいます。そのことは心配をしています。国内出版社の都合に振り回されるような状態が続くことは決して良くないと思うのです。

そんなアニメ業界、2013秋スタートの作品は、2クールものが多くありました。観ていない分もありますので、普段を思うと大杉ですね。12月末でちょうど折り返し地点。2013秋アニメの感想とは別立てで、中間地点での感想をノコとしておきたいと思います。

それでは早速に。

東京レイヴンズ 第1巻 (初回限定版)(書き下ろし文庫小説(東京レイヴンズ lost-girl with cat)+イベント応募券付き) [Blu-ray]
 当初は、あまり期待をしていなかったのですが、大蓮寺鈴鹿が再登場したあたりから、徐々に面白くなってきました。2クールであると、登場人物それぞれと、相互関係性を丁寧に描写できるので良いですね。


ストライク・ザ・ブラッド第2巻(初回生産限定版) [Blu-ray]
 世界観はざっくりと理解できているのですが、序盤は複数登場する組織の位置づけと他の組織との関係性がイマイチ飲み込めないままでした。(折り返しくらいでようやく飲み込めるようになりましたが) 内容で勝負してくれても良いように思うのですが、なんかキャラ推しのハーレムものに成り下がってきた感が否めません。そうした内容のほうがウケが良いのはわかりますけどね。古城くんの正妻獲得競争、後半にも期待です。

 
凪のあすから 第1巻 (イベント応募券付き初回限定版) [Blu-ray]
 中学生くらいに経験する不完全な自我意識、淡い恋愛感情を通じた登場人物の成長が非常によく描かれています。さすがは岡田麿里脚本ですね。丁寧に描きすぎて若干スピード感に欠けるように感じるのは、1クールものに慣れすぎたせいかもしれません。





ゴールデンタイム vol.1(初回限定生産版) [Blu-ray]
 大学生活をアニメ作品の舞台とするのは難しいと言われていますよね。ヲタや非リア充にとって高校のリア充生活を描いたアニメなら、遠い昔のこと、妄想のようなものとして受け入れられても、リア充大学生活は、リアルに実体験が思い出され受け入れがたいのではないでしょうかね。自分はもっと大学生活を描いたアニメが増えても良いように思います。とらドラ!超えを期待しています。

 
キルラキル 2(完全生産限定版) [Blu-ray]
 グレンラガンのスタッフ再集結という触れ込みでしたが、まさにその通りですね。演出、スピード感、通じるものがあります。好き嫌いがはっきりしそうですが、他のアニメとは一線を画しています。80年代アニメの雰囲気もあります。(EDなんかはモロに狙ってますよね)
 




ログ・ホライズン1 異世界のはじまり
 土曜日の17時半からNHK教育テレビで放送しているアニメ。「まおゆう〜魔王勇者」の原作者と同じということで見始めましたが、「まおゆう」と違い、物語をきっちり丁寧に進められていて良いです。作画もさすがのNHKエンタープライズ作品という感じで安定感抜群。予算があるっていうのは良いですね。(国民からの徴収した受信料でアニメを作っていますが何か?)
 子どもにとってはオンラインRPGの世界なんでしょうが、政治的な話、経済的な話をもっと全面に出した今後の展開に期待したいところです。



弱虫ペダル Vol.1 初回生産限定版 【イベントチケット優先販売申込券・渡辺航描き下ろし漫画ブックレット他付き】 [DVD]
 少年漫画の王道をいくような内容、これ深夜枠で放映しなくても良いと思うのですよね。一昔前ならば、夕方や日曜朝の枠で放映できる内容。観ているとロードバイクに乗りたくなります。作品途中で、ポカリスエットがそのまま映されていました。コラボすることになったんでしょうね。そのうち、海外自転車メーカーなどものってくるのではと期待してます。マーケティング観点からも興味深い作品です。



ということで、年明け以降も継続してみることになる7作品の中間地点での感想でした。後からまとめて観るには2クールは多すぎてシンドイところですが、オンタイムで見続けるには2クールは良いですね。安心して観ていられます。


 ビジネススクールで学び、印象に残っている格言のような言葉が多々あるのでうが、その中でも「戦略とは捨てることなり」は深く心に刻まれている言葉の1つです。すぐ抱え込む、あっちこっちに手をだす、まったく全く捨てることができない自分にとっては、仕事の戒め指針となっているU教授から頂いた教えであります。

 簡単に説明するなら「アレもコレもという状態では成功しない」ってことです。 これは企業戦略に限った話ではありません。何事もそうですよね…。自分は、そうわかっていても「アレもコレも欲しいものは全部追いかける」状態なんですけどね。

 しかし、そうは言っても資源は無限にないのです。特に「時間」という資源は誰もが平等に1日24時間。全てを追い求めるには絶対的に時間が足りないことも当然生じるわけで、そうなって初めて選ばなければならないのです。選ぶといより「捨てる」ことをしないとイケない。資源とのバランスを考慮して捨てるものを決めなければならないのです。

 何の話かって?表題の通り、2013秋アニメの総括のお話です。初回放送が一通り終わり「捨てる」ものを選ばなければと思っているのです。

 なんたって、現状32本あるのですから。ということで、選びたいと思います。今の生活で仕事と睡眠時間を考慮すると、20本(週約10時間)程度と考えているので、10本程度切らないとイケません。いや、もちろん33本観ることもできますが、それはもう、手段が目的化しているような状態。思考停止で単にアニメを消化する作業になってしまうのです。それはイカンと思うのです。

 ということで、初回を見終わっての方向性を整理しておきたいと思います。

初回で「これは観ておかねば!」という確固たる決意で継続を決めているのは、

1) 京騒戯画
2) キルラキル
3) 凪のあすから
4) 革命機ヴァルヴレイヴ
5) ゴールデンタイム
6) 境界の彼方
7) ガリレイドンナ
8) COPPELION
9) のんのんびより
10) 夜桜四重奏

この10本は確実に自分的には満足すると思うと期待してます。

これに加えて、

11) アウトブレイク・カンパニー
12) 機巧少女は傷つかない
13) 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している
14) インフィニット・ストラトス2
15) 東京レイヴンズ

この辺りは、最後まで観る可能性が高いと予想されます。

そして、

16) 世界でいちばん強くなりたい!
17) 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
18) WHITE ALBUM2
19) サムライフラメンコ
20) メガネブ
21) ストライク・ザ・ブラッド
22) ログ・ホライズン

上記は、様子を観ながら判断というか、気の赴くまま。優先順位は低めに初期は設定しておきます。

23) てーきゅう
24) てさぐれ!部活もの

これは2分と15分枠なんで、観る観ないの判断対象ではありませんね。観ます。

それと、前期からの継続である

27)物語シリーズセカンドシーズン

がありました。
そして、再放送の

28) 魔法少女まどか☆マギカ
29) ガールズアンドパンツァー

これは、まぁ流す程度で観ておくくらい。
これで、30分アニメは23本。過去の傾向から11)〜22)の中から脱落が2〜3本出てくることが予想されるので、これでいつもどおり20本程度ですね。

ということは、初回ギリとなったのは、

30) BLAZBLUE ALTER MEMORY
31) リトルバスターズ!Refrain
32) ワルキューレロマンツェ[少女騎士物語] 
33) フリージング ヴァイブレーション
34) ぎんぎつね

たった5本ですか。今後、積極的に当落線上を判断していかないと…。
やれやれです。
 

ということで、(その2)です。

積極的に初回切りを目指しています。

リトルバスターズ! End of Refrain(1) (電撃コミックス)
 2期なんですよね?1期見ていないので内容知りませんが、この手の設定には食傷気味なのもあるのですが、最初で掴まれなかったのでAパートで観るのやめました。 (切ることができるアニメが出来て一安心)


ゴールデンタイム 1 (電撃コミックス)
 とらドラ!に涙した経験のある自分としましては無条件で見続ける必要があるのです。そうなはずなのですが、先が見通せる分かりやすさは良さなのですが、分かりやすすぎて、ちと引きこまれ度合いが低かったかな。高橋留美子風のラブコメに期待をはせつつ、今後に期待ということで。 


WHITE ALBUM2 -幸せの向こう側-(通常版) (特典なし)
 エロゲ原作?エロゲじゃない?さておき、Aパートで脱落してしまいました。すみません。
<追記>
 もう一度観直してみましたが、意外とイケました。イケメンで成績超優秀、性格もよく人気者という完璧な主人公、妄想設定全開ですね。少し継続してみます。 


世界でいちばん強くなりたい!(1)【ドラマCD付】(アース・スターコミックス)
 わかりやすい入り方だったけれど…。面白い設定なので今後の内容次第ってところですかね。一応、3話までは見続けてみます。


夜桜四重奏-ハナノウタ- (1) [Blu-ray]
 好きなタイプ。世界観のアウトラインに今後の方向性をなんとなく理解させるということで、初回の入り方は良かったと思う。まぁ、これは見続ける。


ぎんぎつね 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
 えっと、録画をしたのですが観てません。初回を観ずして初回切りですか。


ワルキューレロマンツェ[少女騎士物語] (1) (電撃コミックス)
 途中で寝てしまいました。まぁ、こういう系はとりあえずもう良いですかね。


機巧少女は傷つかない Vol.1 [Blu-ray]
 世界観は嫌いじゃないです。描写を丁寧にしてくれれば、面白くなりそう。神さまのいない日曜日のような匂いをすこし感じましたよ。とりあえず夜々は可愛いけど、悲惨エンドがあるのではという一抹の不安が。


 




のんのんびより 1 (MFコミックス)
 今期の和らぎ枠として継続確定。これは日常アニメの歴史に名を刻む予感がします。 

 


コウブツヤ メガネブ! マルチクロス 01.相馬鏡
 腐女子向け?と思いきや初回はそうでもなかった。今後どうなるのかさっぱりわからない初回でした。アニメっていうのは新たな設定が次々出てきますね。まさか、スケスケメガネを作ることを目的とする部活がアニメになるとは。






弱虫ペダル 2014カレンダー
 一見それと縁遠い主人公が、実は凄い資質・才能を持っていた… という王道の少年漫画という設定ですね。とりあえず継続。
 





東京レイヴンズ (1) (角川コミックス・エース 309-1)
 観たんですが既に記憶が曖昧。初回切り有力候補、まったく期待していなかったけど、少し面白そうな雰囲気もしなくもない。3話まではとりあえず。



 その1からの通しカウント、ここまでで23本。まだnoitaminaやらVVVが始まっていないのに。

10月になりました。2013秋アニメも始まりました。始まってしまいました。とりあえず気になる作品をリストアップしてみたら既に34本。いつも通り、とりあえず気になる作品の初回は全て観てから継続するものを決めることしましますが、廃人とならないよう積極的に「初回切り」を決め、最終的にはいつも通り20本程度に着地させねばなりません。

ということで、とりあえず(その1)ということで。『入り方』に注目して簡単に感想をまとめておきます。

境界の彼方 (1) [Blu-ray]
 中二病設定の世界ですかね。興味を持たせる入り方ですが、ちょっと世界観を推測させるには雑かな。初回としては及第点だと思いますが、京アニなのでもっと頑張って欲しかったかな。とりあえず継続です。






京騒戯画 零巻(VOL.0) [Blu-ray]
 2年前(?)くらいにネット配信していたアニメのテレビ版。東映アニメの本気作品ッて感じです。ネット配信を観ていた人は理解できるのですが、初見の人には「???」な入り方。でも、そういうのもアリだと思います。物語とは最初で全てが理解できすぎず、徐々に理解できて来る程度が面白いのです。これは、自分の好きなタイプなので継続。




凪のあすから 第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]
 私の好きな制作会社の1社でありますP.A.Worksのオリジナル作品。主人公が若干鬱陶しい感じが気になりますが、テーマは良さそう。とりあえず、無条件で継続です。






アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1 (講談社ラノベ文庫)
 日本と地続きになってしまった異世界に日本政府の特命として派遣されたオタクがオタク文化を輸出するっていう設定。その世界観説明は十二分でした。今後、萌えキャラに依存せず内容に広がりと深みがあることを期待するばかり。とりあえず、しばらく継続してみます。


IS<インフィニット・ストラトス>2 ロング・バケーションEDITION [Blu-ray]
 2期なのですが、まぁ1期観てなくても入れる初回でした。食傷気味な設定で内容には期待しないで観る系ですね。観ていてデート・ア・ライブを思い出しました。一応録画しておきますが、見続ける自信はありません。デート・ア・ライブも同じようなことを思いながら見続けましたが…。


COPPELION(1) (ヤンマガKCスペシャル)
 震災の直前にアニメ化の話があったらしいのですが、震災により内容があまりにアレで延期になったという作品。東京が原発事故により人が住めない廃墟になっているという設定。そりゃ、放送できませんわな。今回も地上波なし。BS11のみ。背景作画とキャラの作画のギャップに違和感ありでしたが、内容に興味ありなので見続けてみます。

 
ストライク・ザ・ブラッド1 聖者の右腕 (電撃文庫)
 初回放送では評価不能。面白くもなりそうだし、駄作にもなりそうな雰囲気。初回で「これは面白そう!」とは思えなかったということは確か。しばらく見続けてみます。


フリージング ヴァイブレーション Vol.1 [Blu-ray]
 途中で寝てしまいました。つまりそういうことです。サヨナラ。

 
 ベタなラノベ原作で、安易にアニメ化した雰囲気がプンプンしました。全く初回で惹かれませんでした。原作知りませんけどキャラとエロ要素で引っ張るんですかね。「はたらく魔王さま!」レベルになれば良いのですが。しばらく観ますが、多分、これは脱落するような気がします。
 



シリウス(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
 グレンラガンのスタッフが再集結して作っているらしく、雰囲気はまんまグレンラガンでした。初回で世界観とストーリー方向性は十二分に理解出来ました。期待して見続けます。




ログ・ホライズン1 異世界のはじまり
 土曜夕方のNHK教育で放映。オンラインRPGの世界に閉じ込められた系の世界観設定は興味が無いのですが、「魔王勇者(まおゆう)」の原作者、橙乃 ままれの作品ということで期待してみます。



ここまでで11本。あれ?積極的に初回切りするはずだったんだけど…。駄作には駄作となる理由があり、その要因を研究するという大義名分で3話までは観ますかね。


↑このページのトップヘ