研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

カテゴリ:マンガ・アニメ・サブカル系 > 2013冬アニメ

2013年冬アニメんついて、完走できた作品の感想まとめを2回に渡り書いてみましたが、完走したアニメがある一方で初回で即切りや途中脱落した作品、つまり完走出来なかったアニメも当然あるということです。

理由は1つではないので整理を兼ねて、完走できなかったアニメとその理由をまとめておきたいと思います。 

ジョジョの奇妙な冒険 Vol.5  (柱の男レリーフマウスパッド、全巻購入特典フィギュア応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray]ジョジョの奇妙な冒険
 完全に観なくなったわけではなく積極的に観なくなったのがジョジョ。ジョジョは大好きでありマンガは数え切れないほど繰り返し読んできてます。満足度の高いアニメで出来栄えであることは間違いありません。なのに何故観る動機が低下したか?それはあまりに原作に忠実に作られている為だと思うわけです。途中途中、尺の都合上省略された部分はありましたが、基本原作通り。と言うことは観なくても原作通りの内容になるわけで、「ま、観なくてもいいか」となってしまったわけです。(真なるジョジョファンの域ではないということですかね・・・)

「新世界より」 六 [Blu-ray]新世界より
 これは内容的には面白くて観るつもりはあったのですが、放映時間が遅すぎ(火曜日深夜、27時頃から)という理由。内容もアニメの完成度もかなり高いので、そのうち観なくなった回から観るつもりで、原作の小説をいつか読もうと思います。

AMNESIA 第2巻(ファンイベント先行抽選券封入 初回限定版) [DVD]AMNESIA 
 女子向けゲームを元にしたアニメで、そもそも自分は対象外。いわゆる腐女子向けってことですね。でも、この手のアニメの良さを理解するために5話くらいまでは頑張ったのですが、ダメでした。キャラデザインもストーリーも。ただ、オープニング曲はかなり秀逸で、それは手に入れ聴いています。
 
D.C.III ~ダ・カーポIII~ [ブルーレイ初回限定特別版] (2) [Blu-ray]D.C.III ~ダ・カーポIII~ 
 学園ハーレムモノ。キャラクターデザインもモロその領域の方々向けで、それメインでストーリーは二の次という印象。(前半で脱落したのでトータルではわかりませんけど)ただ、こういう作品の方が深夜アニメ的なビジネスは成功しやすいという事実を知り、アニメビジネスの奥深さを知りました。




ちはやふる2 Blu-ray BOX 上巻ちはやふる2
 百人一首をテーマにして話題になった作品の2期目。面白いのはわかっていたのですが、放送時間が他のアニメにかぶっていたので時々時間タイミングが合えば観た程度。これ何で深夜枠で放送してるんですかね?勿体無い気がしますけど。

ラブライブ! (Love Live! School Idol Project) 1 (初回限定版) [Blu-ray]ラブライブ! 
 これもモロその領域の方々向けです。ストーリー設定は面白いように思い3話くらいまで頑張ってみましたがダメでした。モロな人たちをカモに商売してやるぜ!という製作側の意気込みはビシバシ感じましたが、一応、自分はまだその領域に入っているわけではないということです。

AKB0048 next stage VOL.01 [Blu-ray]AKB0048 next stage
 AKBのメンバーが声優を務めているSFアニメの第2期。マーケティング的には確実に視聴者を確保できるので間違っていないと思います。そしてAKBファンをアニメの世界に引きずり込むという点でも良いとおもいますが、既存のアニメ好きは観ていたのでしょうかね?そもそもアニオタとAKBヲタは共存できるのでしょうか?シリーズ構成は注目している岡田麿里ということで一定の水準以上だったのでしょうが、残念ながら自分は全く興味が湧きませんでした。





イクシオン サーガ DT 1 (初回限定仕様) [Blu-ray]イクシオン サーガ DT
 監督、シリーズ構成のコンビが「銀魂」を手がけている2人ということで、銀魂的な面白さがあるのは感じていたのですが、2〜3話観て脱落。

八犬伝 ―東方八犬異聞― 1 [DVD]八犬伝 ―東方八犬異聞― 
 これはこれで見続ければある程度面白かったとは思うのですが、腐女子向け要素が強すぎたせいか何となく惹き込まれることなく、3話で脱落。分割2クール前提だったのかもしれませんが、早くも夏から2期がスタートするらしいです。

THE UNLIMITED 兵部京介 01(初回限定版) [DVD]THE UNLIMITED 兵部京介
 これも八犬伝同様。相応に面白いのでしょうが、3話で脱落。放映時間も関係しているとは思います。サンデー原作なんだからこれ夕方枠にすれば良いのにとも思ったり。

幕末義人伝 浪漫 BGM & SONGS幕末義人伝 浪漫 
 モンキー・パンチが原作に名を連ねていることもあってか、どことなくルパン三世。月曜日のどっぷり深夜だったこともあり1話で観続けたい要素を見いだせなく、脱落。第1話の「つかみ」は極めて重要ですね。






 他にも変則的に最終回が3月になったガルパンや再放送していたBLACK LAGOONやグレンラガンや5分アニメとかありますが、割愛。おそらく、2013年冬アニメ(深夜枠のみ)は全て1度は観たことになると思います。その結果、自分の趣向性はさておき、深夜アニメの商業的な傾向、マーケティングのポイントもぼんやり理解出来てきました。とは言えまだまだアニメを研究テーマにするには遠く及ばず、2013年春アニメも同じペースで精進する所存です。


考えてみると、毎日24時半から26時はほぼ毎日アニメを観ていたような・・・。完全に廃人ですね。
と、そんなことはお構いなく、完走できた作品まとめ、その2です。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 1(通常版) [DVD]俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (評価:☆☆☆☆★)
 最初は「微妙か?」と思ったのですが、ヒロインが出揃った5話くらいからはかなり面白くなりました。脚本力がアニメの評価を左右しますね。印象的だったのが10話で、この回、原作者本人による脚本だったのですが、明らかに他の回よりも各キャラクターの個性がよく現れていて「原作者が脚本を書くとこんなに違うのか!」と感じた次第です。原作連載中であり、1期最終回をどう着地させるのか予想がつきにくかったところですが、次につなげつつ、ちゃんと最終回的だったのも評価◯なポイントでした。


僕は友達が少ないNEXT 第2巻 [Blu-ray]僕は友達が少ないNEXT (評価:☆☆☆☆★)
 学園ハーレムモノです。この手のアニメに手を出していると何となく自分はオタクの域に入ってしまったのでは?と怖くなるのですが、これは意外と観続けられました。この手のアニメは毎期複数本あるのですが、これは単にキャラ依存ではなくストーリーがしっかりしていたからだと思います。原作継続中で、最終回で話は終わらず3期へ続くことを前提とした終わり方でしたが、最低限まとまっていた思います。

さくら荘のペットな彼女 Vol.5 [Blu-ray]さくら荘のペットな彼女(評価:☆☆★★★)
 昨年秋からの2クールもの。原作では「普通のおかゆ」なのに、何故かそれが「参鶏湯」になっていて物議を醸し、内容とは別の所で話題になったりしました。一歩引いて観ればまぁ解らなくもないところですが、まったく精神的に成長しない主人公の愚かさぶりにイラッとさせられたり、「それってどうなの?」という演出も数多く、結局、何を伝えたかったのかが解りにくく、他の完走できた作品と比較するとトータルではイマイチでしたね。シリーズ構成がテンペストと同じ岡田麿里なので、構成意図は理解出来ましたがハズレでした。

たまこまーけっと (1) (イベントチケット先行購入申し込み券付き) [Blu-ray]たまこまーけっと (評価:☆☆☆☆★)
 京都アニメーションのオリジナル作品。既視感満載のキャラクターデザインは京アニゆえのご愛嬌というところ。内容的には「NHKで再放送しても良いんじゃね?」と思わせるような極めて健全なお話ばかり。ある程度一般受けはすると思いますが、その分マニア向けのエッジが削がれてしまってしまっていて、深夜アニメとしてセールス的なところは期待できなそうです。こういう作品がちゃんと商業的に成功できる環境ができてくればアニメビジネスもさらに広がると思うのですけどね。

ささみさん@がんばらない 2(完全生産限定版) [Blu-ray]ささみさん@がんばらない(評価:☆☆☆☆★)
 まどか☆マギカの監督新房昭之&制作シャフトというコンビであり事前の期待値はかなり高めでした。アニメーションそのもの斬新な表現手法が多くありな作品。特にEDの演出は際立ってました。内容的には1クールでは勿体無い内容。もうちょっと丁寧に設定等に時間を割ければもっと面白くなったはず。日本神話がベースにあり、その知識があると一層楽しめるかと。放送時間がフジテレビのnoitamina枠と被っていた分、視聴率的には損をしていたように思います。


GJ 部 Vol.1 [DVD]GJ 部 (評価:☆☆★★★)
 学園ハーレム日常モノですね。水曜深夜に「たまこまーけっと」を観た流れで惰性で見ていた感じです。物語性は皆無で可愛いキャラクターを楽しむためのアニメという位置づけ。OPにある「2軍のファンタジスタ」という言葉だけが妙に記憶に残っているのみで、取り立てて感想はありません。

 
問題児たちが異世界から来るそうですよ? Blu-ray 第5巻問題児たちが異世界から来るそうですよ? (評価:☆☆★★★)
 金曜夜に、見続けたアニメの間に放送されていたので観続けたというのが正直なところ。世界観設定は面白いけど、ゲーム部分をもっと掘り下げたら、もっと面白く出来たんじゃないかなぁと思うところ。描写不足。




 

以上、2013年冬アニメで完走した作品は、計15作品。30分×15作品といことで週7.5時間、1〜3月の12週で90時間をアニメに費やした計算になります。時間の浪費にしないために、これ絶対に2013年にマーケティング研究のネタにしないと。

2013年が始まったかと思ったらもう4月がスタートしてますね・・・。
アニメにハマろうキャンペーン、活動報告です。

 昨年の後半から始まった本キャンペーン、2013年冬アニメ(1月スタート)がある意味最初の本格的な活動期間となりました。何事も初めての際には自らのセンスを信じてとりあえず片っ端から手をつけてみて全体像を把握し、自分自身のタイプを理解し、その後集中する、絞り込む領域を決めるているのですが、今回のキャンペーンもその手法にならい取り組んだ次第です。

ということで、スタート時は片っ端から観始め、まずは完走(最終回まで見続ける)出来た作品の感想その1です。(その2もあるということです)

 PSYCHO-PASS サイコパス VOL.1【DVD】 (初回生産限定版)PSYCHO-PASS(サイコパス) (評価:☆☆☆☆★)
 『踊る大捜査線』の監督、本広克行が製作に参加した「社会の善悪は誰が決めるのか?」という哲学的なテーマを持った大人向けの近未来SF刑事ドラマ。実写では難しい設定・世界観もアニメゆえ実現できましたというお手本的な作品でした。次作、スピンオフ作、劇場版等につなげる気満々な終わり方でした。今後のDVD/Blu-rayの売れ行き次第ではありますが、フジテレビはこれでオシマイとはしないで何かしら動いてくるでしょうね。



ROBOTICS;NOTES 1(完全生産限定版) [Blu-ray]ROBOTICS;NOTES(ロボティクス・ノーツ) (評価:☆☆☆★★)
 カオスヘッド、シュタインズ・ゲートの流れを組んだ3作目。種子島にある高校のロボ部の青春活劇。前半はイマイチで中盤から盛り上がってきたのはシュタゲと同じ流れ。シュタゲレベルで期待をしていたので若干期待はずれ。最終回に向け無理のある尺で一気に話を進めてしまった感があり勿体無かったかと。前半設定描写や主人公たち以外にもっとフォーカスした内容を盛り込みつつ、後半もっと丁寧に話を進めていれば、全体の完成度が高くなったように思いますが、まずまずの完成度でした。

みなみけ ただいま 1 [Blu-ray]みなみけ ただいま (評価:☆☆☆☆☆)
 日常系アニメ。何も難しいこと考えずボケーと観る系のアニメです。何が面白くて観続けたのかわかりませんが、毎回見終わると「ほのぼの」した気分になるのです。サザエさんやちびまる子ちゃんを観るとの同じような感じですね。今回が4期目、つまり評価されているから続編が作られ続けてきているわけですが、何となくそれも分かる気がします。登場人物が多いのですが、それぞれにキャラが立っていて、その掛け合い、バランスが絶妙なのがこのアニメの良さなのかもしれません。

TVアニメーション「琴浦さん」その1【特装版】 [Blu-ray]琴浦さん (評価:☆☆☆☆★)
 かなり衝撃的な第1話の内容に驚き、その後しばらくは次が最終回か?と思うような展開や、予想外の落とし方をしたEDがあったりと完全に大穴作品でした。中盤以降はストーリー的にも落ち着いてきて一般レベルになりましたが、前半のつかみは類を見ない完成度でした。深夜アニメには珍しい意思をしっかりもった男子主人公にも好感が持てたりしました。

まおゆう魔王勇者 (1) (初回生産限定特典:朗読劇「昼の部」優先購入応募券/橙乃ままれ先生書き下ろし短編小説付き) [Blu-ray]まおゆう魔王勇者 (評価:☆☆☆★★)
 ウェブサイトに個人が書きだした物語が話題となり、その後出版までされたという原作を元にしたアニメ。中世架空世界を舞台における戦争をテーマに経済要素を取り入れた内容です。戦争と経済、為替、先物取り引きなど現実世界での経済知識や歴史知識があると相当に楽しめるのですが、残念なことにそれをキッチリ理解させるには時間が足りなすぎでしたね。結果、経済知識がない人には面白さが全く伝わらないアニメになってしまいました。もっと面白く出来たはずなのに勿体無いなぁというのが素直な感想。

絶園のテンペスト 1【イベントチケット優先販売申込券付】(完全生産限定版) [Blu-ray]絶園のテンペスト(評価:☆☆☆☆★)
 昨年秋からの継続2クール作品。前半はあまり魅力を感じなかったのですが、後半は相当に楽しめました。最後の締め方もかなり綺麗です。最終回が最終回らしくあり観終わったあとの満足度は他の原作連載継続中モノとはレベルが違います。つまり構成が秀逸ということなのでしょうね。シリーズ構成が岡田麿里という脚本家なのですが、この人の構成は当たりが多いような感じがします。(さくら荘除く)

ビビッドレッド・オペレーション 3(完全生産限定版) [Blu-ray]ビビッドレッド・オペレーション(評価:☆☆☆☆☆)
 アニメオリジナル作品。「まどか☆マギカ」と「プリキュア」と「エヴァンゲリオン」をミックスして、細かいことはいいから売れる要素をてんこ盛りして作りました!というような究極的コテコテ王道アニメでした。マーケティング視点から逆算して作るとこうなりますという感じです。この手のスタンスだと狙いすぎてコケることも多くありますが、完成度は一定レベル以上。そういう意味で評価できます。観る際には「細かいことに突っ込まず、全てを受け入れ楽しむ」という基本姿勢として求められます。日曜朝あたりで再放送してもいいんじゃないですかね。

生徒会の一存Lv.2 DVD限定版 第3巻生徒会の一存Lv.2 (評価:☆★★★★)
 学園ハーレム日常モノ。これは惰性で観ていた感じ。2期続いているということは、この分野は一定の需要があるというのは間違いないところですね。




ということで、まずは完走できた8作品。その2に続くということで。(どんだけ観てるんだよ・・・)

↑このページのトップヘ