研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

カテゴリ:マンガ・アニメ・サブカル系 > 過去作品・劇場版・その他

観ました。DCもCadenzaも。

Arpeggio2

劇場版も完成度が非常に高くありました。

ここでの完成の視点は、「ちゃんと物語を完結させる」という視点です。

完結させることは、もし原作が完結していればある程度可能でしょうが、本作の原作は連載継続中。

どう完結したか?劇場版は原作とは全く別のシナリオで物語を完結させてしまっているのです。
それを了承した原作者と、世界観を維持して完結させた監督の力量に感服しました。

そして、この完成度を支えているのは、ラスボス声優の釘宮理恵。そこらの声優とは感情表現の深みが段違いです。

ホント天才。この人以外が演じていたら、ここまでの完成度を感じなかったと思います。アイドル声優全盛の時代ではありますが、釘宮理恵のような実力のある声優さんが増えてくれると良いですね。

ということで、観ましたよ!という報告まで。


 

 

「あお」と言えば「蒼」であり、「蒼」といえば「蒼き鋼のアルペジオ」ですよね。

実は本放送のとき(2013年秋アニメ)は、時々、流し観する程度でちゃんと観てなかったのですよ。「あ、これは面白いな」と思ってはいて、いつかちゃんと観ようと思ってはいたのですが、ずるずると2年以上ときが経っていて、先日イッキ観しました。

Arpeggio
画像はネットから無断拝借しております
 
最高に良かったですよ、これ。自身のアニヲタ歴で評価するなかで、相当な完成度と評することのできる作品でした。

内容についての詳細は割愛し、どういう点を評価できるかについて書き残しておきたいと思います。

まずもって、何が素晴らしいって、シリーズ構成です。

本作、原作継続中の1クールもの(12話)なのですが、12話できっちり物語を完成させています。原作継続中のアニメ作品において、ここまで完成度高くまとめ上げている作品は初めてです。

ちなみに、集英社ヤングジャンプ原作なんかは総じて最低ですよ。ブリュンヒルデとかブリュンヒルデとかブリュンヒルデとかです。

かなり原作から内容を改変しているようですが、アニメ作品としては極めて正しい判断だと思います。大幅改変を了承した原作者、そして12話できっちりまとめ上げた監督、シリーズ構成、あっぱれです。

岸誠二監督&上江洲誠シリーズ構成のコンビ作品における最高傑作ではないかと。

ちなみに私的評価では岸誠二&上江洲誠作品、全てが最高!ってわけじゃないんですよね。
乱歩奇譚はゴミだったし、(これは脚本が糞なのです)

disったエントリーはこちら

「結城友奈は勇者である」は傑作になりかけましたが、撃沈。オリジナルは難しいですよね。

上江洲誠シリーズ構成作品だけで、言えば、神様ドォルズ、アカメが斬る!、ディーふらぐ!、この素晴らしい世界に祝福を!など、私的評価の高い作品のシリーズ構成しているのです。精査はしていませんが、上江洲誠さんは、継続モノ原作のシリーズ構成をアニメ1クルールにまとめ上げる能力に長けているという位置づけで今後の観る観ない基準の1つにしておきたいと思います。

シリーズ構成につづいて、蒼き鋼のアルペジオの魅力は、精密なメカと、それによる戦闘シーン×美少女の黄金比です。

これは、ガールズ&パンツァーで立証された成功パターン。ただ、メカに美少女をかけ合わせれば必ず成功するわけではなく、そのバランスがポイントになるのですが、本作品、メカ描写や戦闘シーンとの美少女のバランスが絶妙。メインヒロインの声優に、ガルパンの西住みほCVの渕上舞を持ってくるあたりは完全に狙ってますよね。


と、まぁこんなところにしておきます。

なお、私はタカオ推しです。
テレビ放映版をようやくちゃんと観たので、ようやく年内に劇場版を観たいと思います。



 

Amazonプライムの見放題作品にあって事前情報無しに観てみたんですけど、サッパリ面白くありませんでした、劇場アニメ「鬼神伝」。

onikamiden

作画や演出は悪くないのですが、内容が薄っぺらい。キャラクター個々の感情がイマイチ伝わってこない。元々中世モノは好みじゃないというのもありますけど。

声優本業の人ではない人たちがメインを張っているってのが理由の1つかもしれません。ヒロインが特に酷かった。

途中から一生懸命観る気が失せていたのですが、一応最後まで再生はしたって感じです。

一応、観た作品の記録ってことで。

鬼神伝 鬼の巻 (講談社文庫)
高田 崇史
講談社
2015-05-15




続きを読む

観ようと思っていながら観ないままだった作品。

Official_logo_for_RWBY

アメリカでWEB無料公開された3DCGアニメ。期待値あげられる予告編でした。


で、期待して観ました。

作品はアメコミな雰囲気は残っているけれど、日本のアニメを意識した作り。キャラデザは悪くなく、比較的よく動くけど、キャラ以外の制作レベルは決して高くないというか、ハッキリ言って酷い。※アメリカの映画と思って観れば違和感はありませんけど。 

吹替版は、早見沙織、日笠陽子、小清水亜美といった実力のある声優さんが当てているので、日本アニメ観ている感覚にはなりましたが、下手な声優、ましてや字幕だったら観るに堪えなかったかも。

アメリカのアニメといえばDisney、PIXAR。そのレベルは世界レベルですが、それ以外はまだまだ日本に遠く及ばないって感じでしょうか。内容はまぁまぁですが、構成やら演出のレベル低いっすね。

日本のアニメ制作会社の裾野の広さを実感した次第です。

Amazonビデオで399円で観られるってことで、アニメ好きで、アニメを幅広く知っておきたいなら、アメリカ発の日本っぽいアニメってことで一度観ておいても良いかも。


  

久しぶりのアニメネタ。

気分転換?現実逃避?に久しぶりに劇場版アニメを観ました。大ヒットになっている「君の名は。」ではなく、2015年公開の劇場版ガールズ&パンツァー 。

それにしても、「君の名は。」、予想以上の大ヒットですね。自分はまだ観ていません。

過去の新海誠作品は観てきていますし、大好きなんですが、どうもこう話題になりすぎてると、観る意欲をそがれるんですよね...。その昔、社会現象にもなったタイタニックという映画のときも同じでした。

君の名は。はおそらくというか間違いなく素晴らしい作品であると思いますので、現在の大ヒットは作品の力であると思いたいのですが、メディアが必要以上に煽った結果という気もしなくもないのです。(アニメは観ないけど、ジブリ作品は毎度観ていた層が、メディアの力で流れた結果では?ということです。ま、それはそれで良いことかとは思いますがw)

ちなみに、現在、ジブリ作品が劇場公開されているのですが、こちらの話題はメディアから聞こえてこないのです。(海外モノかつ、かなり前衛的な映画みたいなので万人受けはしそうもないですがw)

スタジオジブリ最新作の『レッドタートル ある島の物語』が興行成績ランクインせず −niftyニュース
https://news.nifty.com/article/entame/etc/12219-16902/ 


ま、メディア側に新海誠を宮駿の後継者と持ち上げたい理由はいくらでもありますからね...。

と、いつもながらの長い前置きはさておきで、劇場版ガールズ&パンツァーについて。

girpan

映画作品として観れば駄作レベルです。しかし、ガルパン好きにとっては、盆暮れが一度に来た!夏冬のボーナスを一度に貰った!みたいな作品。要はガルパン好きにのみに喜んでもらえればそれでいい!という清々しい割り切りを感じる作品でした。

そういう作品なので、いきなり廃校持ってくるか??強引すぎるだろ?とか、助っ人で結局オールスターにするにしても、もう少し話の流れは何とかならなかったの?とか、大学選抜の掘り下げがない!などなど、内容そのものにアレヤコレヤ文句を言うのは無粋ってもんです。

オールスターによる戦車道を存分に楽しめれば、それで良いのです。

いい気分転換?現実逃避?になりました。

ガルパン2期は世界大会ですかね。 水島努監督次第のところでしょうが。


 

最近毎年作られている「アニメまとめ動画」、2015年版も完成度が高いですね。

昨年も同じようなこと書いてますね...。

そして2015年版がこちら。あいも変わらず神がかった完成度です。とりあえず観てください。



2015年放映された200作品を素材にしているようですが、7割程度は作品が瞬時に分かりました。ということはやはり2015年完走した作品は少なくはありましたが、各期30作品程度は少なからず観ていたということでしょうか...。(廃人)

それにしても、本当に毎年このまとめ動画の完成度には感服させられます。

素材の選択、そして編集品質、選曲した音楽のMVではないかと思ってしまうほど。途中途中に入る作中のセリフの絶妙具合、プロの犯行ですね。

それにしても素材収集どうしているのでしょうか。テレビ放映の録画ではななさそうなのですよね。(局のマークが入っていないところからの推測)。となると、すべてBD?全てBDで保有していたとして、テーマにあわせ、ほんの数秒の素材を選択するということは、作った人(チーム)は全て見ている?ということですよね。

本当にスゴイ。才能の無駄遣い、バンザイですよ。来年も期待しています。

過去版は2012年からあるようです。あわせて貼っておきますね。個人的には2013年版が最高です。

2014年版


2013年版

2012年版


一応、これも毎年なので総括しておこうかと。

2015年は仕事・生活リズムが変わり、あまりアニメを観ることが...、怪しいのでまずは数えてみます。


以上、毎期20本近くでスタートしたのですが、完走して感想を残したのは36作品でした。毎期9作品平均。まぁ妥当なところですが、2014年は78本完走しているので大幅に減りました、減らせました。(その要因が仕事・生活リズムの変化ではなく、相当数の再放送再視聴、劇場版アニメやら過去作品を一気観しているからというのは内緒です)

母数が少ない所ですが、2015年のアニメを振り返ってみまして私的ベスト5を決めておきたいと思います。
決めるにあたり、まずはその候補となる作品をピックアップ。




のんのんびより りぴーと 第1巻 [Blu-ray]
小岩井ことり
KADOKAWA メディアファクトリー
2015-09-18


アニメ「ワカコ酒」 [Blu-ray]
沢城みゆき
エスピーオー
2015-10-02



SHIROBAKO 第1巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]
木村珠莉
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-12-24









ワンパンマン 1 (特装限定版) [Blu-ray]
古川 慎
バンダイビジュアル
2015-12-24



と、こんなところでしょうか。

独断と偏見に基づきベスト5を決めておきたいと思います。

1位: のんのんびよりりぴーと
 → やっぱりこれですかね。心が疲れた時に見ると涙が出ます。
2位: 監獄学園
 → 流石の水島努監督、流石の横手美智子脚本。面白いアニメとはこういうのを言うのです。
3位: 干物妹!うまるちゃん
 → ヤンジャン原作は観ない!の禁を犯すことになりました。
4位: 冴えない彼女の育て方
 → 内容は若干の消化不良ですが、キャラや設定がストライクだったので。(2期来るらしい噂もちらほら)
5位: ワカコ酒
 → 3分アニメですが、食道楽にとっては最高のアニメでした。原作も買っちゃいました。

次点: 山田くんと7人の魔女
 → 原作継続中のアニメとしては「これ以上ない」レベルでのまとめ方でした。流石は横手美智子脚本!
次点: ワンパンマン
 → 作画のレベルは近年随一かと。
※アルドノア・ゼロとSHIROBAKOは2クール目なのであえて除きました。

ということで、以上を2015年私的ベスト5ということで。
「織田信奈の野望」をうっかり観てしまったのが2012年の夏...。アホみたいにアニメをみるようになり3年の月日が経過しました...。そろそろこの経験を元にして論文の1本でも書かねばなりませんね。
 

NHKでの「ラブライブ!」再放送の発表を受けて、

なる戯言を書いてみまして、最後に他にもNHKで再放送しても良さそうな深夜アニメを挙げてみようおもいながら止めていましたが、ネット界隈でも同じことが話題になってました。

NHKで再放送しても大丈夫そうな深夜アニメ : ヲタク速報


ならば、やはり自分も、とうことで自身が過去に観た作品の中からの私的10選、書いてみたいと思います。

選ぶにあたり、何をもって「NHKで再放送しても大丈夫」とするのか、選択の視点を少し整理しておきたいと思います。

視点1:子どもが観ても問題ないか?
 NHKの夕方枠となれば、対象は主として小学生、中学生そしてその保護者様も観ることが大前提。「親が子どもに見せても良いと思う作品」という視点です。となれば、当然ながら「エロ」はNG。この時点で、ラノベ系の大半はアウトとなります。そして、行き過ぎた残虐なシーンもNG。青年誌系(ヤンジャン、ヤンマガ等)原作も相当数がNGですね。

視点2:内容がわかりやすいか?
 小学生でも理由抜きに「面白い!」と思える内容である必要があると思います。原作をカットしまくりで作ってしまい、話がイマイチ入ってこないような作品はアウトです。世界観、設定、演出の解りやすさも必要です。

視点3:内容に教育的要素があるか?
 面白いのは当然としてNHKですから、何かしらの「教育要素」がある方が良いですよね。内容でそれがあるのか、設定にそれがあるのか、いずれにせよ「教育的要素」は視点の1つとして選定します。(なお、「ラブライブ!」に教育的要素があるかここでは議論はしません)

全ての視点を条件にすると厳しくなるので、少なくとも2つの視点に合致することを条件に選んでみました結果が、以下の10作品です。






「新世界より」 一 [Blu-ray]
種田梨沙
ポニーキャニオン
2012-11-30



ヤマノススメ 新特装版 [Blu-ray]
井口裕香
アース・スター エンターテイメント
2014-08-22









銀の匙 Silver Spoon ブルーレイ特盛版 [Blu-ray]
中島健人
ポニーキャニオン
2014-10-15





弱虫ペダル Vol.1 初回生産限定版 【渡辺航描き下ろし漫画ブックレット他付き】 [DVD]
鳥海 浩輔, 福島 潤, 安元 洋貴, 森久保 祥太郎 山下 大輝
東宝
2013-12-20

 
のんのんびより 第1巻 [Blu-ray]
小岩井ことり
KADOKAWA メディアファクトリー
2013-12-25

 
信長協奏曲(アニメーション) DVD BOX
宮野真守
ポニーキャニオン
2015-01-21


と、とりあえず10作品あげてみましたが、以下の作品もNHK向きだと思うのです。
小学生が観ることを考えると、内容がちと難しいものもありますが…。

「氷菓」BD-BOX [Blu-ray]
中村悠一
KADOKAWA / 角川書店
2015-02-27


京騒戯画 一巻(VOL.1) [Blu-ray]
釘宮理恵
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2014-01-10



 
四畳半神話大系 Blu-ray BOX
浅沼晋太郎
東宝
2014-06-18

 

 

 

 
キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
小清水亜美
アニプレックス
2014-01-08

 
 








設定した各要素に照らしあわせた考察はいつか気が向いたら書きます。

haijin

観ようと思っていた作品を一気観しよう強化月間、活動報告です。

今回の作品は「それでも町は廻っている」

news_header_soremachi_bluray


本作品、広義の日常系です。ただしこれはボケーっと観るのではなく、ちゃんと観て楽しむ日常系。ちなみに、この定義における類似作品は「日常」です。

制作はシャフト。シャフトと知って、相応にシャフト臭が出ているかと思いきや、シャフト臭はほぼ無し。脚本のバランス感がなんとも秀逸。高山カツヒコ、有能ですな!脇を固める声優陣もなかなか豪華。 

これはかなりの名作ですよ。個人的には、弟くんと夜中外にこっそり遊びに行く回が神回。

原作ストックも相当にありますので、2期こないのですかね?と思いGoogle先生に問い合わせてみたのですが、どうやら円盤のセールスはイマイチだったようで。そうですよね、この類のアニメは売れそうもないですよね。アニメとしての作品完成度は高いのに、そうした作品にちゃんとお金がまわるようなビジネスモデルを...。何とかしないとね...。

時々、BGVとしてランダムに流し観したいと思います。

あれ?12月にコンパクト・コレクション発売するじゃないですか!これは何かのフラグでしょうか?


えっと、紀要論文を書かなくてはならないのですが... アニメばかり観てますね。

この度、一気観しましたは「恋と選挙とチョコレート」。1クール作品はサクッと観ることが出来て良いですね。(感覚が麻痺していることは自覚しています)

koichoco_anime_detail

これまで数多くの1クール作品を観てきましたが、シリーズ構成の完成度はトップクラスと言って良いかと。非常にバランスがとれた作品でした。

観終わってからwiki先生を参照したのですが、これエロゲ原作なのですね。シリーズ構成の良さの理由が判った気がします。

ラノベ原作などをアニメ化する場合、力量のない監督、演出、シリーズ構成担当が扱うと「詰め込みすぎ」になったり「カットしすぎ」になったり、決められた尺で「物語としてグダグダ」になったりしがちです。一方、ゲーム原作であると、物語として決まった原作が無い分、脚本の自由度があがりますから、尺に合わせた構成から落とし込めるわけです。


本作品も、作品全体としてのテーマ、そして1話ごとのテーマが明確に作られていました。エロゲ(恋愛アドベンチャーゲーム)ゆえに、ゲームとしては様々なルートがあるのでしょうが、アニメ作品にて、そこにフォーカスせず選挙物語に焦点をあてた構成にしたことも成功要因かと。

最近だと、「グリザイアの果実」がそれにあたりますね。(楽園、迷宮は蛇足感がありましたが...)

ということで、「恋と選挙とチョコレート」は、「もっと他の物語(サイドストーリー、後日談等)を観たい!」と思わせるそんな完成度の高い作品であり、久しぶりに大変満足です。

続編を期待したいところですが、現状の深夜アニメビジネスモデルではナカナカ難しいかもしれませんね...。良い作品が正当に評価され、お金が集まり続編が作られるという好ましいビジネスの循環にするにはどうしたら良いのでしょうか...。

ちなみに、私は千里は生理的に受け付けませんでした。断然、東雲皐月派です。

と、いうことで報告は以上です。




 

劇場に観に行こうと思っていながら結局観ずじまいだった作品を観ようシリーズです。

今回は「花咲くいろはHOME SWEET HOME」。テレビ版も最高でしたが、映画版も大変満足な作品でした。

poster2

「花咲くいろは」を観たのはもう2年以上前のことなのですね...。光陰矢の如し...。

本作品は、実際にテレビ版では無かった話。後日談でもスピンオフでもない。パラレルワールドというわけでもない難しい位置づけ。おそらくテレビの評判が良くあとから劇場版制作が決まり無理やり設定したのではないかと。

まぁ、そんなことはどうでもよいです。面白かったから。テレビ版で語られなかった松前緒花の母親の話が語られ、その内容が緒花の今とシンクロする。そんな話。

久しぶりに、伊藤かな恵緒花ちゃんを始め喜翆荘の愉快な仲間たちに触れることになり幸福な気持ちに浸ることができました。

テレビ版花咲くいろは第二期、来ないかなぁ。アニメ作品が地域活性化につながっている貴重な事例なので
継続的に作品が出来ることは経済的にもプラスだと思うのですよね。喜翆荘復興の話であり、もう当地に喜翆荘を復元してしまうくらいのことをしても充分にプラスに出来ると思うのです。

ついでに、実写版も。朝の連ドラで。





日本はアメリカに次ぐ世界第2位の音楽市場規模があるそうです。しかも、国外市場が完全に楽曲ダウンロード販売やら定額制サービスに以降しているにもかかわらず、根強くCDが売れるという特異な市場。

まぁ、握手券つけたりしたCDが売れてますからね。

それでも、やっぱりCDは売れなくなってきています。小生が大学生時代は、ミリオン作品が当たり前に出ていました。B'zやらミスチル、ラルク、GLAY、サザン、安室ちゃん、浜崎あゆみなどなどが全盛期だったころです。

そんな市場環境の中で、毎年成長しているセグメントがあります。それがアニソン。広義で定義するとアニメのオープニングやらエンディングやらで使用されている楽曲のことですね。

アニソンについての分類は過去にまとめているのでそちらを。


名曲カバーも意外とありますよ。

と、そんなアニソンに、時折、「決して曲単体として素晴らしいと言える訳じゃないけど、妙に中毒性のある曲」というのがあります。映像とあわせて中毒になるのですが。

この1年くらいであると、これ。


これなんかも。



そして、2015秋アニメでは、これですね。


「俺がお事情様学校に『庶民サンプル』としてゲッツされた件」という「いかにも」なタイトルのアニメOP。原作は、ゲッツ部分が「拉致」なのですが、テレビ放映するにあたり大人の事情で「ゲッツ」に変更したようです。

そして、「ゲッツ」といえば「あの人」ということで、OPを歌うアイドルカレッジのMVには「あの人」が登場しています。この日と、一発屋のプロですね。



中毒性とは関係ありませんが、OPEDがらみのトピックスとして、

現在放送しているルパン三世のEDは、石川さゆり女史の楽曲です。アニソンとしらなければ、そうは感じられない良い曲です。

そして、こっちはイマイチ良い曲とは言いがたいのですが、かつてガンダムF91などでアニソンを歌った森口博子女史が、現在放送している「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のエンディングテーマを歌っています。

音楽市場は「アニソンなんて」と言ってられない状況であり、市場が伸びている(=CDが売れる)という事実があるわけなので、今後、メジャーで売っていくための入り口としてや、再度ブレイクさせたいアーティストなどがこぞってアニソンに楽曲を提供していくるでしょうね。

と、そんなところで。

GUNDAM SINGLES HISTORY
アニメ主題歌
キングレコード
1987-02-21


「ルパン三世」〜テーマ・ヒストリー
アニメ・サントラ
日本コロムビア
1997-11-21


 


 たまこラブストーリー、これも映画館に観に行こうと思いながら結局行かなかった作品。

tamakolovestory

 とても良かったです。テレビ版を観たうえでという前提とはなりますが。

 テレビ放映の「たまこまーけっと」よりもこの劇場版の方が良く出来ているのではないかと思うくらいに、よく出来た劇場版アニメでした。

 テレビ放映版を観ていなくても、まぁ楽しめます。でも、これはテレビ版を観ておかないと楽しみ半減の作品です。(12話程度ですので一気観することをおすすめします)

 アニメ版は亜種日常系アニメですが、劇場版は日常系とは一線を画します。でも、小難しい話ではありません。幼なじみ同士が高校3年生となり、お互いを意識するようになり、その変化に戸惑いながら一歩を踏み出していく、そんな青春ドラマです。

 細かいことにツッコミをいれるような人、ひねくれ者、何事に対しても斜に構えるような人は楽しめません。

 年代が近い人は「自分もこんな恋愛がしてー!!!!」と壁を叩くくらいに、思春期が遠い昔になった世代は、そんな恋愛に無縁だった自身の記憶を封印し純粋な気持ちで観ることがお作法でしょう。

 本作は、京アニ作品であり、監督は「けいおん!」シリーズでも監督を務めている山田尚子さん。この人の作品、バランスが絶妙ですね。軽すぎず浅すぎずの線を走りながらのアニメとしての爽快感を保ちつつ、物語に深みをちゃんと与えてる。登場人物の心境を織り込んでいながら、それを「あからさま」に描写することなく伝えてくるのです。時間を置いてから二度三度みると、また違ったみえ方してくるかもしれません。

 いやぁ〜映画って、ホントに良いもんですね。

映画「たまこラブストーリー」 [Blu-ray]
洲崎綾
ポニーキャニオン
2014-10-10




 観よう観ようと思っていながら、長らく観ていなかった作品シリーズ!

 ようやく観ましたよ、四畳半神話大系。これぞノイタミナ作品!という作品ですね。極力ネタバレ無しで感想などを徒然なるままに残しておきたいと思います。

四畳半神話大系
 本作の詳細内容を知りたいという方は、Wikipedia先生をご参照くださいませ。
 
 四畳半神話大系、ネットなどで「おすすめアニメ」「これは観ておけ!」系での登場率が非常に高い作品です。それだけ多くの人に支持されている作品ということでしょうね。

 実際、良いアニメ作品でした。自分にとってみては。

 当然、アニメに限らず創作物に対し、面白かったか、面白くなかったかは人それぞれです。ゆえに、本感想をもって、全ての人に「おすすめ」ということを申し上げるつもりは毛頭ございません。

 ではこの四畳半神話大系はどんな人におすすめか?

 展開はシンプルですが、深く楽しむためには哲学的な考察が必要となる作品なので、表面的な解釈しか出来ない人にとっては、「イマイチ」という感想になる恐れがあります。普段ラノベやマンガ原作のアニメを多く観て解りやすい物語に慣れてしまっている人、物語性や萌え性を求める人には、ちとキツイかもしれません。

 あと、大学生活を経験していないと楽しみ半減かもしれません。

 四畳半神話大系は、森見登美彦の同名の小説が原作です。森見登美彦作品のアニメ化第一弾作品です。ちなみに第二弾は2013年に放映された有頂天家族。自分は、この有頂天家族は大好きな作品の1つです。

 面白かったのですが、四畳半神話大系、若干増長な感は否めません。作画、演出に秀でたものがあり、その増長感が嫌になるほどということもありませんが、同じパターンの話が続きすぎて途中若干飽きました。
 
 元々の原作小説は4つの話しかないのです。それをアニメにおいては話を組み直し11話にしている。これが増長に感じる理由だと思います。

 本作、noitaminA枠での放映であったわけですが、noitaminAの主旨にあった良い作品だと思います。ゆえに、アニメを普段観ない人でも楽しめるはず。ノイタミナはこういう路線を堅持すべきですよね。1枠になってだいぶ戻りましたが、一時期迷走気味でした。(龍ヶ嬢七々々の埋蔵金とか、冴えない彼女の育て方とか、ガリレイドンナとかね)

 ということで、四畳半神話大系、原作も手に入れたので読みたいと思います。

四畳半神話大系 Blu-ray BOX
浅沼晋太郎
東宝
2014-06-18

 
四畳半神話大系 (角川文庫)
森見 登美彦
角川書店
2008-03-25

 


 ここ最近、劇場版アニメを観ていますが、これまで選んだ作品にはハズレはなく、劇場版アニメ最高!な気分で調子にのっておりました。スミマセン。

 まだまだ修行が足りませんでした。ハズレも引いてしまいました。

colorful
 

 何が要因で面白くなく感じたのか。

 設定やテーマは決して悪く無いのですが、脚本がイマイチ。展開が安っぽいのです。何でしょう、哲学的な内容を目指して頑張ってる感はあるのですが、さっぱりです。無理やり感動させようとさせてる感にもドン引き。

 脚本は百歩譲って受け入れるとしても、致命的なのは「声優」。本作、いわゆる職業声優ではなく、俳優をキャスティングしているのです。いやはや皆さん揃いも揃って「棒」なのですよ。「棒」というのは失礼ですかね。アニメに合わないのです。

 宮崎あおいは決してアニメの声優をさせても下手ではないはずなのですが、今回のキャラクターは最悪でしたね。キャラに合っていのか、力を発揮できていませんでした。
 
 宮崎あおい以外の声優もがっかりでした。実写であれば良いのでしょうが、実写を前提にした演技と、アニメの演技は同じ「声」でありながら、全く違うのですよね。
 
 途中で観るのを辞めようかと思ったのですが、これも修行と思い最後まで観ました。

 アニメなのにアニメじゃない、そんな作品です。ネット上には評価する方もいるようですが、自分はサッパリでした。

↑このページのトップヘ