研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

カテゴリ:マンガ・アニメ・サブカル系 > 2016夏アニメ

気がつけば9月も最終週。大学の夏休みも今週までです。
講義があるときより多忙だったような、そんな教員2年目の夏休みでした。 

もう、アニメ大ブームも過ぎ去っており、形式的ではありますが、一応2016夏アニメの感想を書いておこうかと。

JOJO以外に一応、観る候補を5本あげ、初回〜3回目くらいまでそれぞれ観ましたが、

完走できたのは、「この美術部には問題がある!」だけでした...。



いつもの、評価指標で星付けすると、

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆☆

とこんな感じで高レベルの評価で良いかと。ま、好みのタイプの作品というだけですが。

小澤亜季は、月刊少女野崎くんでの佐倉千代役で主役デビューして以来、ブレイクしている声優さん。
 今回のこの美術部には問題がある!でも主役の宇佐美みずき役。キャラクター的には、佐倉千代と同じ片思いを頑張るも空回りするタイプ。

彼女は、この手のキャラクターに天性の才能を持っているのでしょうか?(笑)ドハマリしていました。

亜種の日常系ということで、難しいこと考えず楽しめました。 

そして、もう1本は、JOJOですね。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない Vol.5<初回仕様版>Blu-ray
小野友樹
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-10-26


本クールはは、いよいよ吉良吉影登場。個人的に好きなしげちー回に、じゃんけん回もあり満足でした。

ということで、2016年夏アニメの感想ってことで。
このあと、一応、2016年秋アニメの観るもの候補も作っておきたいと思います。 

2016年春にて、3年半というアニメドハマリ期間を抜け出し、今後は義務感に駆られず、適度な距離感でアニメと付き合っていくこととしました。 

ではありますが、毎期のお決まりの作業ってことで、「一応」観る候補の検討作業をしておこうかと。

参考資料はいつもの「うずらインフォ」さんより拝借。

16smv3
 
と、上記2016夏アニメ一覧を眺めてみたのですが... 

「今季はこれ!」という作品を感じ取れない...。おかしいですぞ!(笑)
ドハマリ期間は「アレも、コレも」となっていたはずなのですが...。

さておき、冷静に作品一覧から「これは第一話は観てみよう!」と思えるものを選んでみました。

1) はんだくん
 → 横手美智子シリーズ構成にハズレ無し!ですよね。
2) この美術部には問題がある!
 → 小澤亜李、上坂すみれ、東山奈央が登場するなら観てみるしかないですよね。
3) バッテリー
 → 信長協奏曲の「あさのあつこ」原作に、キャラデザ志村貴子。なんとなくこれは匂います。
4) Rewrite
 → ゲーム原作、天衡監督とあれば多少期待
5) ダンガンロンパ3 絶望編&未来編
 → 1期を見たので一応。声優欄に大山のぶ代さんの名前が無いのが気になるところです。

と、Orange、魔装学園、クオリディア・コードあたりも気になるところですが、まぁ無理に観なくともってことで、こんなところでしょうか。

挙げておきながら、初回から観ない可能性も否定出来ないところなのですが...。

気がつけば、結局今季もジョジョのみという結果になりかねませんが、ま、気の赴くままにということです。  

↑このページのトップヘ