研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

タグ:ビジネスデザイン

あっという間の4月でした。
各科目も、何とか2〜3回目まで終えようやく先が見通せる状況になり、GW突入です。(とは言え、カレンダー通りなので5月2日は授業がありますがw)

今年度は「ビジネスデザイン論」と「ビジネスプランニング論」の完全新規開講科目を担当することになり、これの設計に4月は追われていました。

シラバスの中から30回の講義計画を公開しておきたいと思います。
まずは、本エントリーでは「ビジネスデザイン論」から。

講義計画

1

オリエンテーション/本講義の内容と進め方について 

2

ビジネスデザインとは?

3

ソーシャル・ビジネス/社会課題を解決するビジネス

4

ソーシャル・ビジネス/社会起業事例研究

5

ソーシャル・ビジネス/社会起業事例研究

6

ソーシャル・ビジネス/地域の課題を解決する(ゲスト講師による講義:予定)

7

ビジネスデザイン基礎 _歛蠅糧見と解決

8

ビジネスデザイン基礎◆‐ι福Ε機璽咼垢紡个垢觜佑方

9

ビジネスデザイン基礎 対価に対する考え方

10

ビジネスデザイン基礎ぁ.咼献優好皀妊觜獣

11

ビジネスデザイン基礎ァ〇餠眥潅

12

ビジネスデザインの実践/課題発表

13

ビジネスデザインの実践/課題発表

14

ビジネスデザインの実践/ゲスト講師による講義(予定)

15

前期のまとめ

16

前期の振り返り・前期試験確認・後期について確認

17

ソーシャル・ビジネス/社会起業事例研究

18

ソーシャル・ビジネス/社会起業事例研究

19

ソーシャル・ビジネス/社会起業事例研究ァ淵殴好塙峙舛砲茲觜峙繊予定)

20

ビジネスデザインの実践/課題中間発表

21

ビジネスデザインの実践/課題中間発表

22

ビジネスデザイン基礎Α〜反イ鼎り・人材育成

23

ビジネスデザイン基礎А.沺璽吋謄ング戦略

24

ビジネスデザイン基礎─.泪優献瓮鵐抜霑

25

ソーシャル・ビジネス/社会起業事例研究

26

ソーシャル・ビジネス/社会起業事例研究

27

ビジネスデザインの実践/課題報告会

28

ビジネスデザインの実践/課題報告会

29

ビジネスデザインの実践/ゲスト講師による講義(予定)

30

ビジネスデザイン論まとめ

 
と、こんな30回。
御覧いただきお分かりかと思いますが、主テーマを「ソーシャル・ビジネス」としまし、いかようにも内容は柔軟にに変えていけるような、決め打ちしない講義計画。

知識を詰め込むような科目ではないので、履修学生には30回を通じて

「答えの無い社会問題に対して答えを創造する」

という課題に取り組んでもらう予定です。
そのために、沢山のソーシャル・ビジネス事例を学び、実際の社会起業家の話を聴く機会を準備し、支援する側(自治体等)の話も聴いてもらう機会も作りたいと準備を進めている次第です。

そして、課題は前期に「解決したい社会問題を定める」ところまで、後期に「定めた社会問題を解決する方策(アイディア)をデザインする」ところまで実施する予定です。

教科書は定めず、一応の参考書は以下の3冊としました。









希望をつくる仕事 ソーシャルデザイン
ソーシャルデザイン会議実行委員会
宣伝会議
2013-03-22


折りに触れ今後も講義内容をブログにて公開していきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

春ですね。東京は桜が満開ですが、花曇り。お花見には相当寒いお天気です。
そんな2016年春、大学教員2年目がスタートしました。

今年度の担当科目ですが、

・マーケティング基礎機Ν供1年生・専門必修)→継続
・マーケティング機Ν供2年生・専門選択)→継続
・ビジネスデザイン論(通年)(1年生・専門選択)→NEW!
・ビジネスプランニング論(通年)(2年生以上・専門選択)→NEW!

これに、2年生・3年生のゼミで、週6コマとなりました。

諸事情あったようで、大学からの正式連絡が3月末と、「うっひょー」って感じですが、まぁ、内々には分かっていたので良しとします。

ゼミについては、また別の機会とし、今回は各科目の方針を少しだけ。

・マーケティング基礎機Ν供1年生・専門必修)
 これは初年度の内容をブラッシュアップで。テレビ番組や新聞記事などを活用し、世の中の企業活動を身近に感じてもらい、マーケティングに興味を持ってもらうことに主眼をおきたいと思います。
 
・マーケティング機Ν供2年生・専門選択)→継続
 初年度は、マーケティング基礎とほぼ同一内容でも問題なかったのですが、2年目は、中谷のマーケティング基礎を履修した学生ばかり。こちらは大幅な内容変更をしなければと考えています。履修人数が150人を超えることが想定されますが、講義形式は半分以下にして、ケーススタディを中心に取り組んでみたいなぁと。実際に企業から課題をもらってグループ発表でもいいかな。そして、後期は企業へのインタビューも実施したいなぁと。

評価は基本は試験のみ。出席点などはありませんが、出席していないとわからない試験問題を幾つか入れるべきだなと。それと、授業への貢献度を計る何かを良うしようかと。そして、マーケティング基礎/マーケティングは共通して、関連図書の読書レポートは必須課題にしようと思ってます。

・ビジネスデザイン論(通年)(1年生・専門選択)→NEW!
・ビジネスプランニング論(通年)(2年生以上・専門選択)→NEW!

 新設された地域経済デザインコースのために準備した科目らしく、全くの新規科目。ゼロから考えないとなりません。シラバス参考にしたくネットで同様の科目をもつ大学がないか探してみたのですが、これといった情報もなく。実務経験があるので、内容はイメージつくのですが、どのようなアカデミック要素を取り込むのかが懸案。

 ビジネスデザインは、社会起業という視点を入れ、社会の課題を解決しているビジネスの事例を多めに。そして、実際に社会課題を解決するビジネスアイディアをプレゼンしてもらおうと思ってます。
 ビジネスプランニングは、実際に事業計画を作成してもらうことを課題にしたいと思っています。水準としては、国民生活金融公庫創業融資の審査に耐えうるレベルですね。

 外部からゲスト講師も積極的に招いていきたいと思います。

 と、こんなイメージです。さ、イメージを元に細かく計画を詰めていかないと!
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ