研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

タグ:比較


 友人がブログを始めるにあたり「どこのサービスが良い?」と相談されたので少し検討した結果、自分が長らく使っているので使い慣れているということもあるのですがlivedoorが一番良いかなぁという結論に至った次第。

 これまでに何度か乗り換えを検討し、個人としてはほぼ全てのブログサービスにアカウントを持っており少しだけ使ってみた経験を元に、極めて私的な各サービスに対する評価・感想。

◆ Amebaブログ : Ameba縛りがあって面倒。ピグとか必要ないし。なにより、なんとなく、チャラいから嫌だ。
◆ Yahoo!ブログ : 自由度が低い感じ。アメブロ同様、自社サービスで囲い込もうという意図が強すぎて嫌だ。
◆ Blogger(Googleのブログサービス) : Googleアカウントで管理できるし、シンプルで使いやすい。今後、使うつもりでいる。
◆ gooブログ : 日々の日記ブログでかれこれ3年以上使っているけど、Amazon等のアフィリエイトリンクを貼ることを考えると、最悪。
◆ FC2ブログ : 拡張性も自由度も高くて良いとは思うけど、若干マニア向けな感じ。
◆ Exciteブログ : デフォルトで使えるデザインテンプレートのセンスが良いっていう印象。
◆ はてなダイアリー : はてブとの互換性抜群という点はGOODかな。
◆ 楽天ブログ : 楽天という会社にロイヤリティを感じ無いから嫌い。

 何の統一的な比較基準も無い個人的な印象です。はい。

 サクサク使えて、ユーザー数も多くて、アフィリエイトも貼りやすく、テンプレートの数も多くて、カスタマイズの自由度も高くて、無料でアクセス解析も付いているという視点で自分はlivedoorがオススメ。 

 唯一、Amazonのリンクを貼る際に自由度が若干低く、それが如何なものかと懸案だったのですが、その懸念もアップデートされた投稿画面からであれば解消されています。

 自由度というのは、以前は、Amazonアフィリエイトを貼ろうとすると、

 文字だけか、

 詳細表示(自分は主にこれを使用)に、

企業戦略論【中】事業戦略編 競争優位の構築と持続企業戦略論【中】事業戦略編 競争優位の構築と持続
著者:ジェイ・B・バーニー
販売元:ダイヤモンド社
(2003-12-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
  

 小さい画像だったのですが、

 新しくなり、中くらいの画像パターンに、

 大きい画像パターンも選べるようになりました。

 どのブログサービスも使い慣れてしまえば大差は無いかもしれませんけれど、
 本を紹介することを中心にするブログなら、このAmazonリンクの自由度と簡便性が重要かと。

 そういう意味ではlivedoorブログが良いですよ。

 ただ、Amazonアフィリエイトアカウントを自分のIDで自動的に貼るには有料版を使う必要がありますのでご留意を。

以前、無料版で貼る方法はブログに書いてました。

livedoorブログ(無料版)でAmazonアフィリエイトリンクを貼る方法


 ということで、以上であります。

自分も、仕事用、プライベート、日記、研究用でブログ再構成しようかな。


このエントリーをはてなブックマークに追加

6月10日、財布を無くす。
トイレでポケットから出したら置き忘れ、すぐに戻ったけれど見つからず。

現金5万円弱と、すべてのキャッシュカード、クレジットカード、免許証、保険証、ヨドバシのポイントカードが財布の中に。
分散管理していないと、大変なことになりますね・・・

悔んだところで、見つかるものでもないので、案外サバサバと
各社にカードの停止・再発行の連絡をして、大体処理が済んで元に戻りつつありますので、これまでの流れや各社の対応をザクっと比較・レビューすることにします。

比較は、

キャッシュカード:三井住友、三菱東京UFJ、ジャパンネットバンク
クレジットカード:JCB、三井住友VISA、エポス(丸井)
免許証・保険証 の8枚のカード。
※ヨドバシポイントカードは諦めました。


<比較 
まずは、各社ホームページ上の連絡先の見つけやすさ。

 これは圧倒的に、東京三菱UFJのサイトがわかり難い。どこに掛ければよいのかさっぱりわかりませんでした。

 各社、紛失盗難連絡先が明記されているのに、東京三菱UFJは結局お客様サポートセンター宛に連絡することに。

<比較◆
電話窓口の対応

 クレジットカード各社は、謀ったように対応ステップが一緒。電話窓口の方の心遣いが一番良かったのはJCBでした。
 銀行各社は、違いが鮮明でした。
「あれ?」と感じたのは、三井住友銀行。コールセンター女性が事務的にというのではなく、おじさんが対応(定年後再雇用?)。ジャパンネットバンクは、再発行をWEBから自分で行ってくださいとのこと。

<比較>
再発行カード到着スピード。
 
 10日に手続きして、最も早く再発行カードが届いたのが、三菱東京UFJ。10日(火)に連絡して、13日(金)に届きました。予想に反して最速でした。
 
 そして、16日(月)に、JCBと三井住友VISAが同時に到着。1日遅れて17日(火)にエポスが到着。

 電話で約1週間と伝えられていた通りです。

 で、メインバンクにしている三井住友銀行なのですが・・・
未だ再発行カードを手にすることができずの状態。
最悪です。

 13日に届いたのが、再発行手続き用紙。必要事項記入、捺印、そして、個人を確認できる書類を同封して郵送しなければなりませんでした。免許証、保険証も無くしているので、とりあえずパスポートコピーして郵送しました。

 メインバンクからお金がおろせず、未だ金欠状態。
すべて電話で再発行してくれたのに、どういうことなんでしょうか?


 と、以上は、クレジットとキャッシュカードの結果。

免許証と保険証の対応状況もレビューしておきます。

免許証。

 最寄りの交番に行きまして、自分的には紛失というより、盗難にあった心づもりなのですが、頑なに、紛失届を出すよう迫られ、いたしかたなく紛失届を記入。もちろん、今日(18日)まで、何の連絡も無し。

 再発行は、免許センターに行く必要ありとのこと。しかも平日。
無理だっちゅーの。

 ということで、未だ免許再発行できず。

保険証。

 勤め先の労務に電話。紛失・再発行届けを提出して、再発行待ち。未だ届かず。


今回の紛失を通じて

・クレジットカード各社の紛失対応は万全。
・銀行は、まだ改善の余地あり。
・国関係は、問題外。

という結果でした。

 実害は、現金のみですが、カードを失くしたことによる対応の時間がきわめて無駄でした。でも、こうして比較できたからトントンですかね。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ