センター試験も無事終わりました。小規模大学は教職員総出で対応となり結構大変なんですよ。

でも、毎年受験生の真剣な様子に触れられるのは、受験生だった当時のことが懐かしく思い出され、心洗われる感じで悪くないです。

ということで、2018年冬アニメもほぼ初回出そろいましたので、簡単に方針記載しておこうかと。


<確実に観るでしょ!ランク>
1) だがしかし2
 2期、待っておりましたよ!キープコンセプトで展開されることを期待しております。
 → まさかの15分アニメ。駄菓子紹介アニメに振ってきてのかな?という初回。サヤ氏の恋に焦点当てたお話も期待しております。

2) ポプテピピック
 キャスト2人のみ!小松未可子と上坂すみれ、これは観るしか無いでしょ。
 → 斜め上いく演出。2話までは、15分×2。これはもう愛すべき糞アニメですね。

3)銀魂
 まぁ、これは「サザエさん」と同種。観る観ないを考える対象外。観る。
 → サザエさんのようなものなので。

4)ダーリン・イン・ザ・フランキス
 ん?これはキルラキルチーム再集結作品?
 → エヴァンゲリオン要素が多分に入っていました。非常に良い初回だったと思います。僕っ娘もいい感じ。期待して見続けます。

5)ヴァイオレット・エヴァーガーデン
 京アニですからね。そりゃ観ますよ。
 → まだ

<まずは観ておこうランク>
6)恋は雨上がりのように
 スピリッツ原作モノ、ノイタミナ枠、ということで一応期待。
 → 女子高生が45歳のおっさんに恋するお話なの?ノイタミナなのでまぁしばらく観ます。

7)刀使ノ巫女
 昨今の刀剣ブームにのっかった作品?爆死しそうな臭いが…
 → 結局0話切り。

8)ゆるキャン△
 ヤマノススメのようなアウトドア系。期待しときます。
 → 初回からキャンプ。なんとなく方向性は理解できました。ゆるく観続けます。

9)スロウスタート
 安心の芳文社枠。
 → 芳文社、アニメに耐えうる原作が枯渇しているのでしょうか。初回はさっぱり面白くありませんでした。

10)三ツ星カラーズ
 なんとなく名作臭がするので。
 → なんとなく名作になりそうな。舞台が地元上野ってのが良いですね。上野公園にあんな基地は作れませんよ!ってなツッコミは無しで。

11)からかい上手の高木さん
 「となりの関くん」系ですね。多分。
 → 「となりの関くん」系ですね。高木さんに惚れてしまいそうです。観続けます。

12)ラーメン大好き小泉さん
 ラーメンに対する愛が作品からどの程度出るかが成否を決めそう。
 → 2話まではメジャーなお店ばかり。全て行ったことのあるお店。今後はどうなるのでしょう。楽しみです。

13)博多豚骨ラーメンズ
 これは試されそうな作品ですね。
 → 面白いアニメ作ったる!と意気こんでコケる感じがとてもします。3話くらいまでは観ましょうかという程度。

14)デスマーチからはじまる異世界狂想曲
 大沼心監督ということで、一応。
 → 大沼監督リスペクトで1話は観ましたが、もうこの手のお話は限界でしょ。1話まったく引き込まれず。

15)BEATLESS
 水沼精二監督ということで、一応
 → 展開が唐突過ぎる感がありますが、意図的にそうしているのでしょうね。OP?ED?がClariSなので、もう少し見続けてみようと思います。


16)citrus
 一迅社枠ってことで、一応
 → Aパートで脱落。これ百合ですよね?多分。趣味ではないので。

17)伊藤潤二「コレクション」
 原作は間違いないと思われるのですが、アニメでどこまで表現出来るか期待
 → 内容的には面白いのですが、気持ち悪い。

18)宇宙よりも遠い場所
 CVの名前で一応
 → 通っている高校が桐生商業ってのに驚きました。舞台も群馬、館林駅が利用駅ということで身近感がありまくり。みます。

19)メルヘン・メドヘン
 一応
 → なんか、2000年代の雰囲気を感じる作画でありました。ちょっと妄想主人公キャラが面倒な感じで消化に悪るそう。OPがfhanaってのもあるので、観るのは辞めとく。

20)りゅうおうのおじごと!
 一応
 → ヤンデレ、ツンデレ、幼女、将棋モノ。タイミングとしては素晴らしいと思います。1話も大変リズムよく秀逸でした。観ます。


ん?あまり減ってない。。。このままの継続率だと、週20本近く観ることになるぞ。。。

ということで、こちらからは以上です。