研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

タグ:2018春アニメ

すっかりブログを放置したまま気がつけば7月。2018年も後半戦に突入しておりました。

続けてきたので辞めるわけにもいかない気分なので、とりあえず2018春アニメ完走作品の感想まとめです。

ひそねとまそたん Blu-ray BOX 接触篇 (特装版)
 岡田麿里作品最高!そんな作品。最後の決着が若干雑な感じもしましたが、各話の脚本、全体のシリーズ構成、物語として完成度、申し分なしです。中毒性あるEDも最高でした。

総合)☆☆☆☆☆
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆☆
中の人)☆☆☆☆★

 制作発表から何年も経過していてすっかり忘れていました。そして元々の銀英伝も記憶があいまいで、新鮮な気持ちで見ることが出来ました。それはそれなのですが、中途半端なところで終わりすぎです。続きは2019年に劇場版と、なんとも製作側の都合で展開されていることに、なんだかなぁという気持ちになっております。面白かったのですが、一旦忘れます。
総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

ヒナまつり 1 (HARTA COMIX)
 人情物日常バカアニメというジャンル(勝手にカテゴリー作っています)の傑作ではないかと。この手のアニメは何も難しいこと考えずぼけーっと見るのがお作法です。原作販促アニメとして大成功なのではないでしょうか。原作ストックも十分なのでしょうから、2期期待です。

総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆☆☆★

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
 面白かったという感想は持てたのですが、深み皆無な物語展開にはがっかりでした。中の人の技量もイマイチ。特に絶叫するところなどは、技量不足が露骨に出ていたように思います。ま、正統続編ではないので、別にどうでも良いですけど。




総合)☆☆☆★★
内容)☆☆☆★★
作画)☆☆☆★★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆★★
中の人)☆☆★★★

「鬼灯の冷徹」第弐期その弐 Blu-ray BOX 上巻(期間限定版)
 分割2クールの2クール目。視聴者の人気に思いっきり振り切った構成・内容であったかと。具体的には、シロは準主役級の扱い、人気のある芥子さん回を作ったり、座敷わらしの2人を常に登場させたり、お香さんをとりあえず出したりと。個人的にはもっとマニアックな原作をアニメ化してほしかったなと。とりあえず3期も楽しみんしておきます。

総合)☆☆☆☆★
内容)☆☆☆☆★
作画)☆☆☆☆★
キャラデザ)☆☆☆☆★
構成・演出)☆☆☆☆★
中の人)☆☆☆☆★

と、結局完走は以上5作品。

オタクに恋は難しい、こみっくがーるず、デビルズライン、魔法少女俺は、途中脱落。

他に、2クールものは、シュタインズ・ゲートゼロ、ルパン三世、ゲゲゲの鬼太郎は継続視聴しております。

といったところで、こちらからの報告は以上です。

新年度となり大学教員4年目突入です。今年もまだ大学にいられることになりました。

大学教員生活の徒然や研究のことをブログに書き綴っていくつもりだったのですが、気づけば案の定アニオタブログになっております。全く気にしておりませんけど。

あ、そういえばアニメをテーマに研究したいという方と知り合いまして、今年はちゃんとアニメ研究するかもしれません。

ということはさておきで、初回何を観るか検討会議です。
情報は、まいどの「うずらインフォ」さんから。(いつもありがとー)

18spv3

いつもにまして、作品数が多いような気がするのですが。。。

Sランク:これは有無も言わさず観ますよね!

0)シュタインズ・ゲート ゼロ
 → とぅっとるー!ってことで観ます。

1)ルパン三世パート5
 → 新作待ってましたよ!パチンコマネー万歳!

2)グラゼミ
 → 原作読んでいるので。どこからどこまでやるんでしょ?構成が気になるところ。

3)鬼灯の冷徹第二期その2
 → 有無も言わず観るべき作品。

4)銀河英雄伝説
 → 名作中の名作のリメイク。そのまま作るのか、アレンジがされるのか。演出が気になるところ。

5)ソードアート・オンライン オルタナティブガンゲイル・オンライン
 → 観ないわけにはいかないシリーズですから。

6)信長の忍び 姉川・石山編
 → これも好きなシリーズなので、5分枠ですがしっかり観ます。

と、ここまでは間違いなく観るもの。

以下、一応初回みてから

7)ピアノの森
 → GAINAX制作なんですね。3月のライオンの後釜ってことで。

8)ヲタクに恋は難しい
 → ノイタミナ枠ですよね、これ?まぁ観ときます。

9)こみっくがーるず
 → 芳文社枠なので。前期のスロースタートは脱落してますが一応。

10)されど罪人は龍と踊る
 → なんとなく

11)ゴールデンカムイ
 → なんとなく

12)奴隷区 The Animation
 → なんとなく

13)魔法少女 俺
 → バカアニメとして期待できるのでしょうか?中途半端なのでしょうか?期待です。

14)鹿楓堂よついろ日和
 → なんとなく

15)ウマ娘プリティーダービー
 → P.A.WORKSでなければ0話切りしてます。

16)多田くんは恋をしない
 → オリジナルなので一応

17)重神機パンドーラ
 → なんとなく名作の予感

18)デビルズライン
 → なんとなく

19)ゲゲゲの鬼太郎
 → 猫娘を観るためだけに観ます。

20)ひそねとまそたん
 → なんとなく名作の予感

21)若おかみは小学生
 → 横手美智子作品にハズレ無しと信じて

ということで、なんとなくが多いですが、スタートラインは22本。
ネトフリは契約していないので観れません。そろそろ契約しようかな。

それにしても作品数が多い。。。

造り手側は、0話ぎりさせない事前プロモーションと、1話ぎりさせない為の1話全力投球がなお一層求められることになりますね。シビアな世界。それでも今はお金が集まるのでしょう。今のうちに、業界の先々のことを見据えて動いておく必要があると思うのですが、そうした人はいるのですかね。

粗製濫造だけは勘弁ですよ。。。

ということで、今シーズンもアニメライフ楽しんでいきましょう!








↑このページのトップヘ