研究ノート(大学教員の徒然)

なかたにじゅんいちの個人ブログです。

タグ:BLEACH

亀田興毅(元3階級王者)がabemaTVの企画で素人と戦うらしいですね。その挑戦者が決定したというニュースがネットで話題になっておりました。

元暴走族の総長、喧嘩負けたことないらしいホストクラブオーナー、高校教師、YouTuberとバラエティ豊かな4人が挑戦者。亀田興毅に勝ったら1000万円らしいです。

「亀田興毅氏に勝ったら1000万円」 ホスト支配人ら対戦相手4人が決定


ホストクラブオーナーさんが盛大に亀田興毅を煽っている様子を伝えるニュースを観ていてふと頭をよぎったBLEACHの名言がこちら。

「あまり強い言葉を使うなよ」
「弱く見えるぞ」
 
NoSTRONGWORD
 
ま、ボクシングの調印会見なんてのは、相手を挑発すること、強がるのがお作法みたいなもんなのですけどね。

ま、ショービズの世界はさておき、日常のおいても「あまり強い言葉を使うなよ」「弱く見えるぞ」って言いたくなるような人、いますよね。

あまりお友達にはなりたくないですね。面倒くさいので。

謙虚に生きたいものです。

素直な心になるために
松下 幸之助
PHP研究所
2010-06-04

 

BLEACH、遂に完結しましたね。
BLEACH


15年の連載、お疲れ様でした。ユーバッハとの結末から完結までの、駆け足具合に涙が出そうでした。

何ですか、最後のカットは。わかりますよ、わかります。黒崎一護と朽木ルキアとの出会いをリフレインさせる一コマなんでしょう。それはそれで大切なんでしょうけれど、15年間読み続けた人の、このモヤモヤした読後感をどうしてくれるのでしょうか...。

惰性で読み続けていたことは否めません。過去に本当に面白いと思いハマっていましたからね。毎週本当に楽しみにしていたころもありました。

思えば、このBLEACHも、サブカル師匠から教えてもらったのがきっかけでした。もう15年前のことになるのかと、驚愕しています。

おかげさまでアニメも観ました。ゲームもハマりました。

久保帯人先生、次回作大丈夫でしょうか...。なんとなくですが、BLEACHのみの漫画家さんになってしまいそうな気がします。むしろ、変に違う作品にチャレンジせず、BLEACHに今後もどっぷりでいてほしいと思う次第です。

それぞれのキャラクターを主人公に3〜4週で完結する、スピンオフ作品を作り続けて行けばよいと思うのです。

そして、死神たちの日常を描く作品としていけば良いと思うのです。キャラクターが十分に育っていますから間違いなく出来ますよね。

下手に新境地開拓するより、15年という年月を積み上げて作り上げた経営資源をもちいた展開をすることが、漫画家ビジネスとしては正解だと思う次第です。(まぁ、ファンだった人間として、ただ読みたいだけですけど)

と、BLEACH完結に祝意謝意を込めてブログネタにしてみました。

ちなみに、朽木ルキア推しす。





73巻まで出ているのか...。無料で読めるアプリは狙い所いいですね。無料と言いながら、急ぎ先を読みたくなったら課金させるのですから。

↑このページのトップヘ